2017年06月28日

怪物の正体。

クラウンキラーの正体は、いったい誰なのか。
何人かの怪しい人物が浮かび上がってきたワケだが。。。

とりあえず、ハミルトンが監禁されているという疾病処置棟へ行ってみる。

ハイペシア医師のオフィスを出て、階段で2階へ。もうエレベーターは使わないw

途中、階段の踊り場でサボってる衛兵が2人。
2017062801.png
1人はサイコロを振るのに夢中で、もう1人はソレをボケーっと眺めている。
ので、上の照明にファーリーチ→ドミノでリンク→麻酔矢を一発。便利だわー。

2階の疾病処置棟へ。

扉を開けると、最上級衛兵と衛兵がハミルトンについて話をしている。
はい、ドミノ→麻酔矢。

監禁されているハミルトンを発見。何かに酷く怯えている様子。
2017062803.png
話を聞くと、どうやらクラウンキラーを見たらしい。
しかし動揺しているのかパニックなのか、話がまとまらず意味が分からない。

近くの机に置いてあるハミルトンの自室の鍵を取って、ハミルトンの部屋へ。
2017062804.png

部屋はハイペシア医師のオフィスの上、5階にある。
扉の前の階段にトラップが仕掛けてあるので注意。

部屋の中は、銃弾や作成中のトラップだらけ。
2017062805.png
日記を読むと、フードをかぶった何者かが、死体を引きずっているのを見たらしい。
衛兵に言っても信じてもらえなかったようで、医師に診てもらえと言われる始末。
それで罠を自作して、その何者かを捕らえるつもりだったようだ。

ハミルトンは「どうもヴァスコ先生が怪しい」と日記に書いていた。
何週間も療養所に籠りっきりだし、その前は死体から腐った血液を集めていたとか。
ヴァスコってのも医師なのか。ハイペシア医師の部下?

ハイペシアのノートにも「さいきんヴァスコの姿を見ない」とあったし、怪しい。
つーか、いまハイペシア医師も、療養所に籠ってるんじゃなかったか?

というワケで、急いで3階の療養所へ。

扉の鍵を開けて入ると、中はブラッドフライの巣だらけ。
2017062806.png
落ちている酒瓶や焼夷弾を使って焼き払い、奥へ進む。

巣の中にルーン、小部屋にボーンチャームあり。

奥の扉を開けると、吹き抜けの広い空間。
下からグチャグチャと、ナニカを弄る音が聞こえてくる・・・

階段を降りると、そこは研究室?
ハイペシア医師がブツブツ言いながら、ブラッドフライを素手で解剖していた。
2017062807.png
話しかけると、受け答えはするものの、なんだか上の空なハイペシア医師。
しかも幻聴がするのか、度々「誰か私を呼んだ?」と振り返ってみたり・・・

とりあえず、ソコロフの居場所を聞いてみると、彼は少しだけこの場所にいたが
「彼女」が「キリン・ジンドッシュ」の所へ連れて行ったという。

「彼女」というのはクラウンキラーか。
しかしクラウンキラーについて聞いてみると、新聞で読んだ程度しか知らない、と。
2017062808.png
話をしている間も、何回も後ろを振り返ったりして、様子がオカシイ。
どうやらハイペシア医師は、酷い記憶障害に悩まされているようだ。
様子がオカシイのはそのせいか?それとも本人が天然なのか?

なかなか話が掴めないので、ちょっと離れて心臓で人物チェック。
心臓曰く、「オーディオグラフから公爵の声がすると彼女は眠ってしまう」らしい。
それ以外の話では、彼女はとても誠実な医師であることが分かるのだが・・・

ナンカよく分からないので、研究室(?)内を調べてみよう。

部屋の隅にある小部屋のようなスペース。

机の上に堕落のボーンチャームあり。壁にはソコロフの(?)絵。
2017062809.png
そして、手足や臓物(?)、耳や鼻などが飾られている。
クラウンキラーの犠牲者って、手足が切り取られていたような・・・

机の上のオーディオグラフを再生すると、公爵からのメッセージが。
内容は、捕まえたソコロフをキリン・ジンドッシュのもとへ連れて行ったとか
次の標的となる人物の名前を挙げていた。
(近くに置いてある新聞によると、すでにクラウンキラーの餌食となったようだ)

とかナントカ調べてる間も、ブツブツと独り言がたえないハイペシア医師。
しかし、公爵のオーディオグラフを再生したときから、明らかな変化が。
「舌をひっつかんで引っこ抜いてやる!」「足の爪に針を差し込んであげるわ!」
・・・なんて、声を荒げることも。

心配になって研究を続けるハイペシア医師を見てみたが、特に変わりはない・・・

気を取り直して、研究室の奥の部屋へ。

簡素なベッドの上に置かれた死体・・・いや、生きている?
顔を包帯で巻かれ、胸には大きな切り傷、手や顔が黒く焼けただれてる?
2017062810.png
彼がヴァスコ医師だった。どうやらハイペシア医師にやられたらしい。
2017062811.png
ハイペシア医師は、炭鉱労働者のために血清を研究していて
開発した試作品のせいで、心に酷い変化が起こってしまったという。

つまり(心臓の情報も合わせると)、開発した薬を自分で試して、心に別人格が発生。
その凶悪な別人格を呼び起こすトリガーが、公爵の声(オーディオグラフ)で
クラウンキラーでいる間は、ハイペシア医師の人格は眠っている、というワケか。

ヴァスコ医師は、彼女を助けるための解毒剤を研究していたようだ。
その解毒剤の作り方が、疾病処置棟にある彼の金庫に保管してあるという。
「彼女は本当はいいヤツなんだ、助けてくれ」と、金庫の番号を教えてくれた。

と、そのとき。

研究室側の窓を突き破って、ロッカーが飛んできた!
そして、超人的な動きでハイペシア医師が飛び込んでくる。
これがクラウンキラーの正体か。
2017062812.png
ロッカーの下敷きになったオカゲで、クラウンキラーに見つかることはなかったが
逃げようとしたヴァスコ医師が標的となってしまった。
すぐに追いかけたが、すでにヴァスコ医師は息絶えていた。ナムナム。

クラウンキラーに見つからないように気を付けながら、なんとか研究室から脱出。
疾病処置棟の奥にある、ヴァスコ医師の部屋へ。
posted by 鮭 at 12:12 | Comment(1) | Dishonored2

2017年06月21日

新魔法。

2017062101.png
ミッション3:良き医師

アダマイア研究所に到着。
ここは昔、貴族たちが利用する保養施設だったらしい。

まずは心臓チェック。車両を降りた停留所の崖下にボーンチャームあり。

研究所の入口の上のヒサシ→横の小窓にファーリーチ。
2017062102.png
ここは保養所の受付かナンカかな?2人の衛兵がお喋り中。
2017062103.png
話が終わると片方が外に出ていくので、残った1人を〆。
ついでに外に出てったヤツも〆。ついでのついでに反対側の外にいるヤツも〆。

メインロビー方面、すぐ手前にある積み重なった荷物の中にボーンチャームあり。
とりあえずファーリーチ(プル)で骨GET。
2017062104.png
左の衛兵↑が見張ってるので物陰に隠れつつ、スキを見て照明の上にファーリーチ。

ロビーの奥には光の壁。
光の壁の手前に、ソコロフの絵っぽいのが見える。
2017062105.png
ロビーには、またシャ○が。どうやらあの赤い服は、最上級衛兵の制服らしい。
それと横の小部屋に、タイプライターをパチパチやってる衛兵が1人。
と、さっき出入口近くにいた、見張りの衛兵1人。

まずは小部屋にファーリーチ→タイプライターのヤツを〆。
衛兵隊長への手紙を書いている途中だったようです。
手紙には、ブラッドフライを駆除する部隊を派遣してほしいと書かれていました。
毎日ブラッドフライが増えていて困ってるらしい。ここもか・・・
つーか、アダマイア・ソリューションには、ブラッドフライが使われているらしい。
うぇぇ。その研究のせいでブラッドフライが増えているのか。。。

それはともかく、また照明の上にファーリーチ。

ここで。ルーンを消費して、新しい魔法「ドミノ」を解放してみる。

人間同士をリンクさせて、同時に暗殺or気絶させるコトが出来るっつー魔法。
初めは2人までリンク可能。アップグレードすれば最大で4人までリンク可能に!
ちょっと便利そうじゃないコレ?

ってコトで、見張りの衛兵と最上級衛兵をリンク→麻酔矢を1発。
2017062106.png
片方が麻酔で気絶すると、リンクしている衛兵も気絶した。良いわ〜コレ。
前作DLCで使いまくった「ベンドタイム+麻酔矢」みたいな便利さ。
エミリーはベンドタイムないし、いま麻酔矢5本しか持てないし、超使えるコレ。
4人までリンクするには、ルーンがあと6コ必要なのか。早めにUPしたいな。

これで、ロビーの衛兵は全て片付けた。

上に光の壁の電源があるので、鯨油タンクを引き抜いて光の壁を無効化。
2017062107.png
ついでに電源がある階を物色。先に進むと金庫あり(番号のメモは手前の机にある)
さらに先へ進むと、惨殺された衛兵の死体が・・・クラウンキラーの犠牲者か。
2017062108.png
近くに落ちていた手紙からすると、この衛兵はクラウンキラーの正体を見たのか?
ルカ・アベールと怪物との繋がりも知ってしまったようだ。それで消されたか。

ロビーに戻って。
ソコロフの絵GET。ルカ・アベールの肖像画ですな。
2017062109.png
光の壁の向こうに、アダマイア研究所の見取図あり。
ハイペシア医師のオフィスは4階にあるようだ(5)
2017062110.png
見取図を眺めていると、奥のエレベーターから衛兵が降りてきた。
が、すぐ隣の診察室(2)の方へ歩いて行ってしまった。
2017062111.png
ので、衛兵はスルーしてエレベーターへ。4階のボタンをポチっと。

エレベーターの中にあるフロア案内。−1階が消されてる?
2017062112.png
そしてエレベーターの天井に穴が開いてる。ゴンドラの上に出られるのかな?

・・・なんてキョロキョロしているウチに、4階に到着。
エレベーターの扉が開くと、目の前に衛兵が2人!

ヤベ!!っと、とっさに天井の穴へファーリーチ。
一瞬、衛兵に怪しまれた(頭の上に白い稲妻マーク)が、しばらくジっと待機。
すると、「気のせいか」とか言って、2人とも外に出て行ってしまった。
完全に気づかれてないのでセーフ!!!!(´Д`;;

よく考えれば、エレベーターなんて乗ったら、こーなるコトは予想できただろうに。
危なかった。天井の穴に気が付いていて良かった。。。

で、ふと見ると、ゴンドラの上に、怪しげな赤いボタンが。
2017062113.png
お、押すなよ、押すなよ、、、ってヤツですか?・・・ポチっと。

ボタンを押すと、さらにゴンドラが上昇して、屋根裏部屋(?)に到着。

ルーンがあった。
2017062114.png
さらに心臓がドキドキするのでチェックしてみると、真上にも骨の反応が。
丸い小窓から外に出て、ファーリーチで屋根の上へ。
2017062115.png
鳥の巣の中に、見慣れないボーンチャームが・・・
2017062116.png
黒のボーンチャーム?なんスかコレ??
堕落の〜みたいにデメリット的なモノはなく、フツウの骨との違いがワカラン。
よく分からないけど、とりあえずGET。

4階に戻って。

オフィスのドアに、ラミレス隊長からの命令書が貼ってありました。
2017062117.png
それによると、いまハイペシア医師は療養所にいるので邪魔をしないように、だと。
あと、用務員のハミルトンは、尋問を終えて疾病処置棟に監禁してあるらしい。
ナニカやらかしたのか?

とりあえず、ハイペシア医師のオフィスを調べてみるか。

机の上に鍵あり。これで鍵のかかった療養所にも入れるハズ。
2017062118.png
用務員ハミルトンのメモがあり、それを読むと、封鎖されている地下室には
いくつか貴重なモノが残されている的なコトが書いてあった。お宝か?
エレベーター内にあるフロア案内でも、地下は消されてたな・・・

あと、近くにハイペシア医師のノートが落ちていた。
・ラミレス隊長にグランドパレス宛の手紙を渡したか、自分の記憶が不確かである
・ヴァリエンテ副官が、奇妙な話をまくしたてていた
・ハミルトンが、夜になるとブツブツ呟きながら施設を徘徊しているらしい?
・さいきんヴァスコの姿を見てない
とかナントカ。

ヴァリエンテ副官ってのは、2階で見たクラウンキラーに惨殺された衛兵の名前。
(遺体の近くに落ちていた手紙に名前が書いてあった)
姿を消したヴァスコってのは知らないが、ハイペシア医師とは近い仲らしい?
用務員のハミルトンも、なんか怪しい。

このウチの誰かが、クラウンキラーなのか?



つーか、おそらく公爵の命令で動いているラミレス隊長に匿われている人物が
イチバン怪しいよ、ね。。。
posted by 鮭 at 21:54 | Comment(4) | Dishonored2

2017年06月13日

赤いアレ的な。

さて。気を取り直して(イロイロと)

アダマイア駅へ向かう前に、この辺りの骨を回収。

まずは、広場の真ん中を流れる水路の奥にルーン。
2017061301.png
監督官の基地から、水路を挟んだ向かいにある建物へ。
ちなみに。この部屋の住人は医師で、ブラッドフライの感染者を診ていたようだ。
自分も危ないと感じて、寒い国(?)へ旅立ってしまったみたい。。。

医師の部屋から、水路へダイブ。

鉄柵の奥を覗くが、肝心のルーンが見えず。板で塞がれてる?
周辺を探しても、鉄柵の向こう側に入れそうにない。
2017061302.png
ので、クロスボウで、板を撃って破壊。
すると、ルーンが落ちてきました。よしよし。

次に、監督官の基地の前にある骨2つ。

基地の前では、監督官2人が一般市民に向かって説教をしている。
3階のテラスから観察。

まず2階のベランダにいる監督官を〆。向かいの建物のベランダへ。
2017061303.png
そこから説教をしている監督官を見ると
2017061304.png
あったあった。2人の間にルーンとボーンチャームが展示してある。

さすがに普通には手を出せないので、ここは魔法の力を借りましょう。
ルーンを2つ消費して、ファーリーチの能力をUP。プルの機能が付きます。

で、ラクラクGET。監督官も市民も気づいてないw

歯科医院の方へ移動して、アダマイア駅へと続く線路の上へ。
この線路は、鉱山から来ている貨物車両の線路のようだ。
ミンディの部下が送電を止めてくれたオカゲで、線路に乗ってもビリビリしない。

この辺は、鉱山からくる塵のせいで、呼吸器系の病気になる人が多いんだとか。
ハイペシア医師は、その患者たちからカナリ信頼されているようだが
いまアダマイア研究所は封鎖されていて、市民も入れなくて困ってるらしい。

線路の上を歩いて、アダマイア駅の方へ。

つーか駅前にいる女性の衛兵、真っ赤な制服でシャ○みたいw
2017061305.png
まぁシャ○は置いといて。
駅前の通り、奥にある建物にボーンチャームがあるので、ファーリーチで移動。
2017061306.png
3階のテラスの扉が開いているので、そこから部屋の中へ。

どうやらココは、ハイペシア医師の部屋らしい。
2017061307.png
さいきんの彼女は家に帰れないホド忙しく、研究室に籠っているようだ。
鉱山労働者のために、疫病の薬(ソコロフとピエロのエリクサー)を改良するとか。
そういえば今作で拾えるマナ回復薬って、よく見たら前作のと違うのね。
アダマイア・ソリューションとか。名前が長いから脳内で勝手にスルーしてたw
↑の名のとおり、アダマイア研究所で作られた、ハイペシアが改良した薬なのか?
ちなみにライフ回復薬の名前は「S&Jライフエリクサー」
疫病のときに、「ソコロフ」と「ジョプリン(ピエロ)」が共同で開発したヤツね。
ピエロは生きてるのかなぁ。。。

この階にソコロフの絵あり。
2017061308.png
ハイペシア医師の肖像画ですね。

部屋を出て、階段をおりて1階へ。

ここはウィンスローという金庫を販売している店のようだ。
ズラーっと金庫が並んでいて、そのウチの1つからボーンチャームの反応が。。。
2017061309.png
しかもこの金庫、鍵かかってるし。ナニナニ?コンテスト?開けてみろってか。

これは困った・・・店主に話しかけても、番号っぽい会話はナイし。
店の中やバックヤード、階段を上がってハイペシアの部屋まで探し回ったけど
本にもメモにも、壁にかかった絵にも、それらしき番号が見当たらない。

これ本当に、あてずっぽうで番号あわせないとダメなのか・・・

絶望しかけたその時、ふと店のカウンターにあるレジを開けてみたら
2017061310.png
あったw

念のため、店主が後ろ向いてるスキに拝借(衛兵呼ばれる可能性があるので)
メモに書いてある番号を入力して、金庫の中のボーンチャームGET。

てコトで。貨物の線路に戻って、アダマイア駅へ。
駅は前面がガラス張りになっていて、奥に大きな光の壁のゲートが見える。

いちおう横に小窓が開いていて、そこから駅の中に侵入するコトも可能だが
駅の中は衛兵の数が多いし、どうしても光の壁を通らないとイケナイようなので
ミンディの助言通り、線路を歩いて駅のホームへ。
2017061311.png
右上が駅のホーム。
2017061312.png
ダークビジョンで見ると衛兵がいるようなので、まずは左の崖の上へファーリーチ。
そこからホームの方を観察・・・衛兵が2人いるなぁ。

あの屋根の下に停まってるのが、アダマイア研究所へ行く軌道車両か。
2017061313.png
ってコトで、屋根へファーリーチ。
屋根から軌道車両の操縦席へ、ダイレクトにIN。そっこう発進!!
2017061314.png

---
というトコロで、リザルト。
2017061315.png
2017061316.png
2017061317.png
絵、1つのミッション中に、けっこう数あるのね。今回は全部とったど(´∀`)
posted by 鮭 at 20:16 | Comment(2) | Dishonored2