2017年10月12日

砂塵地区。

いつものように、ドレッドフル・ウェールの船室で目が覚めたエミリー。
部屋を出ようと出口へ向かうと、扉の下に差し込んであるメモを発見した。
2017101201.png
エミリーが寝ている間に、ミーガンは砂塵地区へと探索に行ったようだ。
「起きたら探しに来て」と書いてあった。先に情報を収集してくれているらしい。

作戦会議をする部屋では、ソコロフが1人でブツブツ言いながら絵を描いていた。
2017101202.png
ミーガンを心配しているのね。

さて。次の作戦について打ち合わせ。

アシュワースのオーディオグラフから、デリラが不死となった理由が
3年前のアラミス・スティルトン失踪と関連しているらしいコトまでは分かった。
アラミス・スティルトンの屋敷で何があったのか、調べる必要がありそうだ。
しかし、スティルトンの屋敷は、ジンドッシュ特性の鍵がかかっているという。

スティルトンの屋敷へ行くには、砂塵地区を通らなければならない。
砂塵地区といえば、エミリーの父コルヴォが生まれ育った場所だ。

しかし最近の砂塵地区では、ハウラーと監督官が激しく争っているという。
ミーガンが考えた計画は、どちらかのリーダーの死体をもう一方に差し出せば
片方の組織を味方につけられるだろう、というモノだ。
2017101203.png
そうすれば、味方についた組織から攻撃されないだけでなく
スティルトンの屋敷に入る手助けも得られるかもしれない、という話だが・・・
そんなに上手くいくだろうか。

とりあえず、作戦会議は終了。

船の中を見回ってみると、ハイペシア先生がいなくなっていた。
部屋はキレイに片付けられ、ポツンと置かれたオーディオグラフ。
2017101204.png
再生すると、医師としての仕事に戻る、というハイペシアの言葉が流れた。
どうやら意識もしっかり戻ったようだ。
エミリーに「特別な贈り物を届ける」とも言っていたが、今のところ見当たらない。
もうちょっと後になるのかな。

というワケで、今回はソコロフの操縦で砂塵地区へ出発。

2017101205.png
ミッション6:砂塵地区

砂塵地区は、かつてはバティスタ地区と呼ばれ、銀鉱山のおかげで栄えていたが
スティルトン失踪後、公爵による無謀な採掘のせいで、常に砂埃が降るようになり
今や廃墟のようになってしまったという。
2017101206.png
ソコロフの操縦するボートで、バティスタ地区へと続く下水道に到着。

地上へ出ると、すごい景色。高台になっていて、時々酷い砂嵐が吹き荒れる。
2017101207.png
階段を上った先では、衛兵たちが話し込んでいるので
2017101208.png
話が終わる前に、横の建物の換気用ファン(?)の上へファーリーチ。
さらに上へ移動しようとしたが、建物の上から、また別の話し声が・・・
どうやら、この建物の屋上にも衛兵が数人いるようだ。
ダークビジョンで確認しつつ、衛兵の視線が外れたスキに、屋上の柵の陰へ。
そこから、屋上に設置してある風車へファーリーチ。
2017101209.png
屋上には衛兵が2人しかいない。
2017101210.png
リンク→メズマライズでサクっと〆。机の下に設計図あり。

そこから、下の衛兵たちと周りの様子を見てみる。

すぐ下の路地には、最上級衛兵1人とウロウロする衛兵が2人。
奥には光の壁。先の地区へ行くには、あの光の壁を通らなければならないようだ。
光の壁の前に衛兵が1人。

合計4人かー。リンクもメズマライズも、いま使えるのは3人まで。
アップグレードすれば、どちらも4人まで対応できるが・・・

いまルーン3つしか持ってないので、その3つを使ってメズマライズをUP。

衛兵たちのちょうど真ん中あたりにある街灯の上へ移動して、下の3人をリンク。
2017101211.png
光の壁の前にいる衛兵にも見えるように、位置を調整しつつメズマライズ。
衛兵4人が虚無に魅せられている間に、リンクした3人(のウチ1人)を〆。
すかさずリンク外の1人に麻酔矢。

これで、誰にも見られず始末できたハズ。。。

さて。さっきの屋上にあった風車を止めて、光の壁の電源をOFF。
奥にある扉を開いて・・・と思ったら、半分くらい砂に埋まって開かないじゃん!
2017101212.png
と、よく見たら、横の建物の窓が開いていて、なんとか通れそう。

廃墟となったアパートの中を進んでいると、奥の部屋から人の声が聞こえてきた。
2017101213.png
この声は・・・ミーガンだ。

先に砂塵地区を偵察していたミーガンと、ちょこっと会話。
ミーガンのいる部屋から見えるのが、アラミス・スティルトン邸の入口だ。
2017101214.png
この先の地区では、監督官とハウラーの抗争が続いている。
それぞれの本拠地を中心に、地区が分断されてしまっているようだ。
その間には中立地帯となっていて、そこなら安全だという。

ミーガンの考えた作戦は、事前にソコロフに聞いていた通り。
どちらかのリーダーを抹殺して、もう一方の勢力を味方につける、というモノ。
監督官のリーダーは副監督官のバーン、ハウラーのリーダーはパウロだ。

パウロは「太陽が沈む前に2度殺されない限り死なない」という噂があるという。
なんでも彼は「黒魔法のチャームのようなもの」を持っているというが・・・
パウロもアウトサイダーの印持ちなのか?それとも別の魔法??
何にしても、ちょっとメンドクさそう。

ミーガンからの情報はコレだけ。
さっそく部屋の窓から出て、スティルトン邸の前の広場へ。
2017101215.png
広場の真ん中には、サーコノスの前公爵(ルカ・アベールの父)の大きな像が。
コルヴォの腕を見込んで、ダンウォールに送り出した人ですね。

ちなみに、ミーガンがいた部屋の下の階にルーンあり。
外から板で封鎖されたドアを破って、部屋の中に入ってGET。

で。まずは、ジンドッシュ特性の錠前とやらを見てみるか・・・

スティルトン邸へ向かうと、扉の前に先客が2人。
2017101216.png
彼らの話によると、デュラントという人物が、この錠を開けられるらしい。
デュラントは、パオロの指示でスティルトンの食事の世話をしているという。
・・・というコトは、スティルトンは生きてる?
パウロとスティルトンの関係は・・・?

しかし、肝心なデュラントは監督官に捕まって、連れて行かれたらしい。

さて、これがウワサのジンドッシュの錠。
2017101217.png
横にヒントみたいな文章があって、謎かけになっているっぽい。
文章を読んで、鍵にある人名とシンボルを合わせると開く仕組みのようだが。。。
2017101218.png
さっぱりワカラン。これ自力で開けられるヤツいるのかw

とりあえずコレは置いといて、この先のバティスタ地区へ向かうとしよう。
posted by 鮭 at 21:06 | Comment(2) | Dishonored2

2017年09月27日

骨回収・・・

アシュワースの魔力が失われ、魔女たちは全員気絶。
博物館内は、完全にフリーになりました。

てコトで、まずは「ローズバロウの試作品」の回収。
2階(オラキュラムの反対側)にある小部屋に、厳重に展示されている。
2017092701.png
廊下側に入口。鍵がかかっているが、上の小窓が開いているのでファーリーチ。
2017092702.png
・・・点灯している赤いランプが気になるな。
ダークビジョンで確認すると、セキュリティシステムがあるのが見える。
2017092703.png
ので、セキュリティパネルを開け、リワイヤツールで操作。
2017092704.png
台のランプが青色に変わったら、ローズバロウの試作品GET。

あとは、骨と文書などを回収。

まずは4階。アシュワースのオフィス上階にある扉から、外(屋上?)へ。
2017092705.png
奥にある祭壇風なトコロにルーン。
2017092706.png
アシュワースのオフィスに戻って、工房のオーディオグラフを再生。
特に重要な情報はなし。
オフィス内の壁に絵。これはソコロフじゃなくて、デリラの絵だね。
2017092707.png
ついでにデリラ像に挨拶。
「ブリアナの魔力を消してやった」て言ったら「許さない、ガキめ」だって。
2017092708.png
効いてる効いてるw

2階のロビーの片隅にルーン。
1階の光の壁を作っている?メンテナンスしてる?部屋に設計図あり。

エレベーター横の階段に張られた板を剣で壊して地下へ。
2017092709.png
ブラッドフライの巣は、酒瓶で燃やすか、剣を振り回しながら突進して破壊w
2017092710.png
今作は回復薬の数に困ることがない(いっぱい拾える)ので、気軽に突進できます。
あの羽音さえ、ガマン出来れば・・・

片隅にある、格子で仕切られた小部屋にルーンあり。が、鍵がかかっている。
でも扉の横に貼ってあるメモに鍵のありかが書いてあった。鍵かける意味あるのか。
まぁいい。メモによると、ここ(大書庫)の鍵は「備品室」にあるらしい。

備品室は、地下のさらに奥(搬入口近く)。
2017092711.png
扉は内側から板が打ち付けられていて開けられないが、天井近くに小窓を発見。
2017092712.png
部屋の前にも同じような小窓がある。そこからいったん外へ→隣の小窓からIN。
これで備品室に入れた。大書庫の鍵GET。
ついでに展示ケースに入ってるボーンチャームもGET。

大書庫に入り、まずはルーンGET。
横のオーディオグラフを再生。
2017092713.png
それによると、デリラはダウドに始末され魔力を失ったが
虚無からのデリラの囁きによって集まったブリアナやルカ・アベールらと共に
3年前、「アラミス・スティルトン邸から王国を変えた」らしい。
そしてデリラは不死となり、散り散りになっていた魔女たちも力が戻ったという。
つまり、アラミス・スティルトン邸で、何かがあった?何かをやった??

そういえば、アラミス・スティルトンは3年前に失踪しているんだっけ?
なにか関係がありそうですな。

オーディオグラフが置いてある机の後ろに、本棚で囲まれたスペースがある。
2017092714.png
ファーリーチで本棚を越え、中にあるデリラの絵をGET。
2017092715.png

これでだいたい物色したので、博物館を出てミーガンの元へ。
・・・の前に、闇取引の店へ行って、ローズバロウの試作品を渡しておこう。

探してくれと頼まれた「友人」はダメだったけど、例のモノは回収してきました。
2017092716.png
すると、店主は報酬として銀のインゴット2つと、設計図をくれました。
ローズバロウの試作品を元にして描いてくれた、特別な設計図らしい。
あと、店の商品が少し値引きされましたw

で、今度こそミーガンの元へ。
2017092717.png
ミーガンは、むかしデリラやアシュワースと関わりがあったコトを話してくれた。
あまり深くは話したくないが、知らせておくべきだと思ったらしい。
ミーガン、少しでも打ち明けてくれてアリガトウ。

---
で、リザルト↓
2017092718.png
よしよし、オール0・・・
2017092719.png
って、ボーンチャーム2つ取り逃した???
えぇぇーーーーーーーー(´Д`
ちゃんと最後に心臓チェックして、取り逃しナイか確認したのに。。。
2017092720.png
posted by 鮭 at 11:59 | Comment(2) | Dishonored2

2017年09月22日

さよなら館長。

博物館に侵入、オラキュラムらしき機械を発見した。
が、周辺には魔女がウジャウジャ・・・
2017092201.png
ザっと見たところ、1階に2人、2階に5人?(手すり等に座ってるのを含む)
3階にウロウロする1人とシャンデリアに座ってお喋りしている2人、計3人か。

まずは、3階のウロウロしてるアイツ。
いったん廊下に出て、奥にある扉の鍵穴を覗きつつ待機。
2017092202.png
扉の前あたりに来たとき、後ろを向いたスキに〆。
念のため、扉と扉の間にある小部屋に寝かせておく。

シャンデリアの上の2人は、リンクして麻酔矢。
向かい合ってないから、たぶんセーフ(【番外編】の記事参照)
それぞれ拾って、小部屋に寝かせておく。

これで3階はスッキリ。

1階の2人は、騒がなければ気づかないだろうから、あのまま放っておくとして
問題は、2階のヤツラだなぁ。。。

リンク+メズマライズを使うにしては、人数が多すぎる。
なんとかしてヤツラを分散させなくては。

試しに・・・近くにあったガラス瓶を、2階の床めがけて投げてみた。

ガシャンと派手に音を立てて割れるガラス。
すぐに1〜2階にいる魔女たちが「何事!?」と騒ぎ出し、周囲を探り始めた。
とりあえず自分は展示品ケースの上に隠れて、しばらく様子見。

殆どの魔女は、わりとアッサリ「気のせいか」とか言って、通常の位置に戻る中
ひとりだけ、しつこく警戒を解かない魔女がいた。
ソイツがエレベーター横の階段で3階まで上がってきたので、すぐさま〆。
2017092203.png
2階の様子を見ると、手すりに座っていた魔女が減っていた。コイツがそうか。
とりあえず、小部屋に寝かせておく。

2階の魔女は、残り4人。

手前の本棚の影で、本を探している魔女がヒトリ。
2017092204.png
他の魔女に見られないように〆→抱えて3階へ→小部屋に寝かせ(ry

オラキュラム周辺の2人は、リンク→メズマライズで〆。3階へ(ry
2017092205.png
もうヒトリいた(手すりの外に座っていた)ハズだが、どっか行ったみたい?
さっきの騒ぎで、1階に移動したのかも。ま、いっか。

というワケで、みんな仲良くオヤスミナサイw
2017092206.png

2階もスッキリしたので、さっそくオラキュラムを調べてみましょう。
2017092207.png
数体のミイラが、中央の機械とコード&魔法陣で繋がれている。
2017092208.png
ミイラにある大修道院のマークと目隠しをしているコトから、修道女だと思われる。
アシュワースが神託修道会に潜入しているコトと、オラキュラムが関係している?

近くに、アシュワースからの注意が書かれたメモが貼ってあった。
それによると、まだオラキュラムは未完成なようで
最近も大きな失敗があり、そのせいでアシュワースの魔法が失われかけたらしい。
その失敗作のレンズは、工房で調べた後に破棄する、と書いてあった。

ふむふむ。その失敗作のレンズを使って、アシュワースを無力化できそうだ。

と、いうワケで。
工房があると思われる、アシュワースのオフィスへ。

3階の吹き抜けエリアの横に、アシュワースのオフィスの扉がある。
扉の鍵穴から、中の様子を覗くと・・・
2017092209.png
デリラの像とお喋り中だ。通信手段に像を使うの好きだね、デリラさん。
それはそうと、アシュワースは修道女の精神に入り込んだコトを報告していた。
やはりバーン副監督官が睨んだとおり、神託修道会の支配を目論んでいるようだ。

オフィスには、アシュワースと魔女の犬(幽霊犬みたいなヤツ)が2匹。
当然のことながら、真正面から扉を開けて侵入、というワケには行かなそうだ。

オフィスの奥に階段が見えるので、4階から侵入するルートを探してみよう。
博物館の見取図を見ると、4階はオフィスの上階のみで、階段もオフィス内だけ。
2017092211.png
吹き抜けエリアの通路は3階までしかなく、そこから上を見上げると・・・
2017092210.png
歩けそうな足場がある。しかも、オフィスの上階と思われる窓が開いてるわー。

ファーリーチでは届きそうにないが、エレベーターの上あたりにダクト発見。
エレベーターを3階に呼んで、ゴンドラの上へ(途中に黒のボーンチャームあり)
2017092212.png
ダクトを通って、吹き抜けエリア4階ぶぶんの足場を歩いてオフィス上階の窓へ。
2017092213.png
ダークビジョンで確認。人or犬の気配はナイので、窓から侵入。
入ってすぐ右にある小部屋に、黒のボーンチャームあり。

で、小部屋の向かいにあるのが工房のようだ。ど真ん中に死体とか。。。
2017092214.png
オーディオグラフもあるが、オフィスにいるアシュワースに気づかれてしまうので
いまはまだ再生しない方がイイだろう。まずはアシュワースを無力化してから。

隅にある机の上に、例のレンズがあった。
2017092215.png
また、日記のような研究記録(?)によると
オラキュラムにあるミイラは、神託修道会の墓地から掘り起こしてきたモノらしい。
それを使って修道女の精神に入り込み、神託修道会を操ろうという計画だそうだ。
相変わらず、回りくどいやり方をしているような・・・

まぁいい。とにかくレンズを手に入れたので、オラキュラムがある2階へ。
2017092216.png
機械にレンズをセットして、スイッチON!

すると、勝手にアシュワースが召喚されて、なんか苦しみだした。
2017092217.png
虚無との繋がりが断たれて、魔法の力を失ったアシュワース。
ガックリと項垂れて、話しかけても「もう放っておいて」とか言うだけ。
2017092218.png
あらあら。可哀想にねぇ。

アシュワースの魔法が消えたコトで、館内にいる全ての魔女が気絶したようだ。
これで、堂々と博物館内を物色できるようになった。
posted by 鮭 at 20:40 | Comment(2) | Dishonored2