2018年01月24日

デリラの秘密。

2階の出入口から裏庭へ。
ちょうど、裏庭全体が一望できるバルコニーに出た。
2018012401.png
ここでスグに【現在】へ戻ると、虫の餌食になるので注意。
※扉の外側にもデカイ虫の巣があった(´;ω;`)
2018012402.png
庭は荒れ放題で、犬が数匹うろついているだけ。
特に何も出来なそうなので、ここはやはり【過去】へ。

バルコニーの端っこで、衛兵がソファの下を物色(?)してるので後ろから〆。
これで2階は無人になった。ので、今度は庭を観察。

真正面の奥、東屋にいるのがアラミス・スティルトンだ。
2018012403.png
その前に最上級衛兵が1人。
庭の左右の端にも最上級衛兵が1人ずつ。
そして一番手前、バルコニーのすぐ下に衛兵が1人。
この衛兵がいる場所が、いちばん高い位置にあるので
他の最上級衛兵たちに先に手を出すと、この衛兵に見られる可能性がある。

よって、まずはこの衛兵から。

いちおう、他の最上級衛兵たちに気づかれないように
衛兵が真ん中あたりに来たときを狙って、麻酔矢を一発。
2018012404.png
次はサイドの最上級衛兵。
バルコニーの端から、それぞれ麻酔矢を一発ずつ。
2018012405.png
東屋に向かって左側にある足場をつたって、スティルトンの近くまで移動。
2018012406.png
手前の最上級衛兵が、スティルトンに背中を向けているすきに
スティルトンへ麻酔矢→すかさず最上級衛兵にも麻酔矢をお見舞いする。

これで、裏庭にいる全員が片付いた。
東屋に降りて、スティルトンの横に置いてある日記から暗証番号をGET。

スティルトンは気絶したので、公爵たちの降霊会には参加できないだろう。
降霊会に参加して心が壊れてしまったのなら、これで彼は救われたハズ・・・

レンズを覗くと、【現在】では使用人の女性がホウキで掃除をしている姿が。
2018012407.png
さっきまで庭は荒れ放題で、犬がウロウロしていたのに。
これはスティルトンが無事だったので、歴史が変わったってコト?

2階のバルコニーには戻れないので、1階の出入口から邸宅内へ。

邸宅内へ入ったら、【現在】へ。

すると、あんだけ虫の巣だらけだったプールサイドが、キレイさっぱり!!
2018012408.png
プールの中で床を掃除している人がいるので、素早く移動して大広間へ。

大広間には、一般人が3人。使用人か?お客さんか?
2018012409.png
※エミリーが一般人に見つかっても、すぐに「発見状態」にはならないが
彼らが警告している間に、その場に居続けるとアウトっぽい。
大声で衛兵を呼びながら走り回るようになると、敵から発見された状態に。

ってコトで、ここからは足を止めるコトなく、一気に2階の書斎へ。

せっかく暗証番号を手に入れたのに、暗証番号を入れる装置が壊れてる。
扉に板が張ってあって封鎖されているので、板を壊して中へ。

なんだ・・・暗証番号イラナイのかぁ・・・

書斎に入ると、部屋の様子がオカシイ。
2018012410.png
いまは【現在】にいるハズなのに、【過去】が染み出してきている?

先に進むと、公爵やアシュワースたちの幻影が。
どうやらスティルトンが姿を現さないが、降霊会を始めるようだ。

さらに先の部屋には魔法陣があり、そこで祈るアシュワースたち。
すると、魔法陣の真ん中にデリラが現れた。
2018012411.png
そしてデリラは、自らの魂を魔法陣の傍らに置かれた骨の像(?)へ移し
その像を何処かへ仕舞っておくように、公爵に命令したのだ。
2018012412.png
つまり、デリラは魂を別の場所に仕舞ってるから、不死身ってコトか。
デリラを倒すには、あの骨の像を壊す必要がありそうだ。

これでデリラの秘密は分かった。すぐにミーガンの元へ戻ろう。

書斎の中は、相変わらず空間が歪んで?なんかオカシイ状態。
しかも扉が開かなくてプチパニック。ナニコレ閉じ込められた???

魔法陣の部屋に戻ったら、また降霊会の様子がエンドレスで流れてるし
なんじゃこりゃ、まさかこんなトコロでバグとか・・・

と思ったら、扉の横に赤いボタン発見。
ボタンを押すと、パカっと扉が開いた。自動ドアかよ!!
2018012413.png
しかも扉の先は【過去】だったようで、目の前に最上級衛兵がいたので
そっこうでタイムピースを握りしめて【現在】へw
せ、セーフ・・・か?

すぐに出口方面へ向かうと、近くでボーンチャームの気配が。

横を見ると、廃墟だった時にはなかった、新オフィスが完成していた!
新オフィスのド真ん中には、セオダニス・アベール(前公爵)の像が。
スティルトンが、セオダニスを信頼していたことが分かる。
2018012414.png
机の上にボーンチャームあり。

いちおう他の部屋も見て回ったけど、特にコレといって何もナシ。
使用人に「出ていけ!」とか言われつつ、どんどん廊下を進んで出口へ。

そのまま庭を突っ切って、バティスタ地区へ・・・
出ようと思ったら、いきなり虚無に落とされてアウトサイダー登場。

この場所は虚無の端っこ。
4000年前、アウトサイダーが殺され、また再生した場所らしい。
2018012415.png
なんか宗教的な儀式?ここで自分は神になった、とか言って。
めずらしくアウトサイダーが自分のコトを話したけど、詳細は分からず。
話はデリラの件へ。

デリラは虚無に閉じ込められたハズだった。
が、この場所を見つけ、この場所の力を借りて虚無を脱出したという。
なんかよく分からんけど、デリラは今、アウトサイダーの一部だそうで
アウトサイダーは、それを好ましく思っていないみたい。

ってトコロで、虚無から帰還。

スティルトン邸を出ると、ちょっと景色が変わってる?
広場の前の建物(はじめにミーガンと落ち合った建物)が、廃虚じゃない!
スティルトンが無事だったから、街が廃れるコトもなくなったのか。
2018012416.png
しかも心臓がドキドキ。骨が近くにあるようだ。
ちなみに、ヴァリア通りの方には行けなくなっていた。
ハウラーとか、どうなったんだろう・・・

それはともかく。骨を拾いに、まずは広場の前の建物へ。

中に入ると、なにやらブツブツ言ってる女の人が。
ルシア・パスターさん。ここは彼女のオフィスだったのね。
2018012417.png
ルシア・パスターは、エミリーが何者か知っている様子。
彼女もまた、ルカ・アベールの独裁を終わらせるべく行動しているようで
公爵の宮殿「グランドパレス」にいる者の全員が敵ではナイと教えてくれた。
密偵やら何やらがいるってコトか?

ルシア・パスターとの会話を終えて、オフィスの奥へ。
ボーンチャームGET。

窓から出ると、下水道へ降りる階段のある通り。
2018012418.png
外壁に木製の塀がある建物の、塀の2階部分にルーン。
その向いの建物の屋上にボーンチャーム。
下水道の水路へと降りる途中に黒のボーンチャームあり。

で、水路に降りると、ミーガンとソコロフが待っていた。

って、ミーガンさん、なんか違くね!?
2018012419.png
目と腕がある!これもスティルトンを救ったから?
あれ、ミーガンがスティルトン邸へ行ったときに負った傷だったのか。

あのとき、スティルトンを気絶させないでいたら・・・
スティルトンが儀式に参加→心が崩壊して廃人に→邸宅と街が廃墟。
ミーガンがスティルトン邸へ侵入→衛兵とやり合って負傷。

という現在になっていたのね。

---
リザルト。
2018012420.png
数字は0だけど、グラフが微妙。
見つかってはナイけど、ハウリングボルトで撹乱させたりしたから
それでステルス度合いが下がってるとか?そーいうコト?
2018012421.png

2018012422.png

---
またしばらくゲームをする時間がなく、更新が止まります(´・ω・`)
あと少しなのに・・・
posted by 鮭 at 20:37 | Comment(2) | Dishonored2

2018年01月16日

再開。

大広間をスルーして、中庭へ。

なんてコトない小さな中庭。
2018011601.png
柱に、なにやらメモが貼ってあるのを発見した。
バルコニーは崩れかけなので柱に触るな、というコトだ。
でも、もう修復された後みたい?特に崩れてるようには見えないが。。。

レンズを覗くと、2階のバルコニーと中庭で会話をしている衛兵2人が見えた。
2018011602.png

さっそく物陰に隠れて【過去】へ移動。話を盗み聞き。

バルコニー壊れてるから気を付けてよ、なんて話をチョロっとして会話終了。
庭にいる方の最上級衛兵は、その辺をウロウロと歩き出すので
【現在】に戻ってレンズを覗きつつ、バルコニーから死角となる位置で〆。

バルコニーを見上げてみると、【現在】では見られなかったワイヤーがある。
あのワイヤーは、応急処置なのだろうか。バルコニーを固定しているようだ。
2018011603.png
ってコトで、ワイヤーの赤い部品を矢で破壊。
「バキッ」という音がして、バルコニーの真ん中に大きな亀裂がはいった。

もっと豪快に崩壊すると思ったのに、ちょっと期待ハズレw

まぁいっか。騒ぎになったら危ないので、ささっと【現在】へ。

すると、先ほどとは違う光景が目の前に。
バルコニーの柱がナナメになって、その周辺に木材が組まれていた。
応急処置を壊したので、修理屋さんが来る前に崩壊しちゃったのかな。
2018011604.png
組まれた木材を登って、2階のバルコニーへ。

邸宅の見取図によると、この2階の部屋は「蝶の部屋」というらしい。
2018011605.png
レンズを覗くと、たしかに蝶の標本みたいのが飾られているが。。。

まぁまずは、衛兵の様子を確認。

バルコニーに、中庭の方を向いて仁王立ちする最上級衛兵が1人。
(さっき下の最上級衛兵と会話していたヤツ)
部屋の片隅で、なにやら話し込んでいる最上級衛兵と衛兵が2人。
2018011606.png
よく見ると、2人の前にはソコロフの絵らしきモノが。これホシイなぁ。
しかし、こんな間近に2人もいられちゃあ、手が出せない。。。

とりあえず部屋の真ん中、パーティションで仕切られた場所で【過去】へ。
隠れながら、絵の前の2人の会話を盗み聞き。
会話が終わると、最上級衛兵は蝶の標本が並んでる通路の方へ移動。
もう一方の衛兵は、バルコニーそばの椅子に座ってくつろぎだした。

いちおう絵の前は無人になったが…バルコニーも近いので、安全ではないなぁ。
【現在】に戻って、レンズで衛兵を確認しつつ、絵の前へ。
2018011607.png
【過去】へ行き、サッと絵をGET。すかさず【現在】へ。
これでバレてないハズ…

バルコニーから中庭方面を見ると、向かいの窓が開いている。
2018011608.png
横の配管を渡って、窓から室内へ侵入。

レンズを覗くと、衛兵が3人。
ここは写真撮影用のスタジオだろうか?ここで衛兵たちがサボリ中のようだ。
そのウチの1人が、部屋の隅っこに置かれた箱をゴソゴソ物色していた。
2018011609.png
箱の中を覗くと、なんとルーン発見。
2018011610.png

とりあえず物陰に隠れてから【過去】へ。

しばらく衛兵の様子を見ていたが、誰も動かなそう…
ずっと見守っていても埒が明かないので、ここは撹乱作戦で。
完全なスニークじゃなくなるけど、ショウガナイ。

着弾すると大きな音を出すハウリングボルトを、部屋の壁へ向けて発射!
2018011611.png
そしてすぐに【現在】へ避難。

レンズを覗くと、衛兵たちが抜刀して部屋をグルグル歩き回っているのが見える。
2018011612.png
ふふふ、焦ってる焦ってるw

しばらくすると、二人の衛兵が部屋の外へ出て行ってしまった。
残った一人は、またセットの椅子に着席。

ルーンの入った箱のそばで【過去】へ移動、そーっとルーンGET。

【現在】に戻って。

撮影スタジオを出て、隣の部屋を物色していると、廊下に番人の気配が。
廊下側に扉はないので、物陰に隠れつつ、番人が来たら麻酔矢を一発。
2018011613.png
廊下に出ると、大きな虫の巣が通路を塞いでいる。
2018011614.png
その虫の巣の向こうにも番人がいる模様。これじゃ焼夷矢も使えないか。

ってコトで、撮影スタジオから中庭の配管をつたって、また蝶の部屋へ。

蝶の部屋の扉は、内側から掛け鍵がかかっているので、これを解錠。
鍵穴から覗いて見ると、ちょうど前の廊下に先ほどの番人がいるので
後ろを向いてるときに扉を開けて、麻酔矢を一発。
(〆てもイイんだけど、個人的に触りたくないのでw)

これで大広間には誰もいなくなった。ので、虫の巣を破壊。
焼夷矢でもイイけど、勿体ないし誰もいないので拳銃でバンバン壊す。

ひととおり駆除できたら、周辺を探索。

ここが公爵たちが籠ってるという書斎か。
最上級衛兵2人が、なにやら扉に張り付いて中の様子を探っている?
2018011615.png
まぁ暗証番号もまだ分からないし、ここはとりあえず置いといて。

書斎の前を通り過ぎた先に、なにやら手紙と見取図の貼られている壁が。
2018011616.png
この壁のあたりに、新しいオフィスを作る予定だったらしい。
2018011617.png
手紙には、スティルトンの許可がおりたらスグに工事を始めるとあるが
このままってコトは、許可がおりないまま廃墟になってしまったか。

さて。

裏庭へ行く前に、念のために麻酔矢を補充しておこう。
ボイラー室の隣にある机(ボイラー室に入るとき潜ったヤツ)や
食堂から金庫室へ向かう途中の通路に、麻酔矢が落ちているので回収。

で、2階にある裏庭への扉は、というと…

虫の巣の跡に埋もれてしまって、開かなさそう。
2018011618.png
レンズで覗いて見ると、扉の前には最上級衛兵が立っているが
扉と衛兵の間に、少しスペースがあるようだ。

ってコトで、巣の跡によじ登り、扉ギリギリで【過去】に移動。
すぐに扉を開けて、いざ裏庭へ。
posted by 鮭 at 19:36 | Comment(2) | Dishonored2

2018年01月03日

改めまして。

あけましておめでとうございます。

2017-2018年末年始は、いつになく大変な年越しでございました。
つーか年越し感、まったく無かったよね。クリスマスもそうだったけどさ。

とにかく、何が大変だったかというと、年賀状。

今回は、早めに絵描いて印刷屋に入稿して、12月15日には納品したの。
やったーことし超はやいじゃーん超よゆーじゃーーんヽ(´∀`)ノ
とか言って宛名印刷を後回しにしていたら、いつの間にやら20日過ぎていて。
こりゃいかん!と、急いで宛名印刷しようと思ったら、まさかのプリンタ故障。

そっこう新しいプリンタ購入。なんとか、ギリギリで25日までに投函できた。

ところが。

父から、事務所のPCを新しくしたらハガキに印刷が出来なくなったので(?)
年賀状を印刷してくれ、と頼まれ。
じゃあ住所録のデータを持って帰ってきて、と言った。あぁ言ったよ。言ったさ。

2017年の最終週は穏やかで、楽器も早めに洗った、店の掃除もバッチリ。
しかも大晦日がシフト休めたので、30日に挨拶がてら飲んでまわって。
さー、31日はガッツリ寝て、起きたら父の年賀状印刷して、年明けだーヽ(´∀`)ノ

なんて簡単に思っていたら。

31日の昼、父に手渡されたのがコレ↓
2018010301.jpg
年賀状(裏面も印刷なし)の束と、住所録一覧が印刷された書類(全12枚)

アホか!

はい、おもわず声に出しちゃいましたよ、リアルで。
裏面の印刷はともかく、宛名のデータを全部いまから手打ちしろ、と!?

とりあえず自分は裏面の作成&印刷、父にはデータを取りに事務所へ行かせて。
※事務所まで徒歩と電車2つ乗換で1時間くらいの距離

いっかいUSBメモリに入れてきたけど、よく分からんファイルが入ってるだけ。
「パソコンの最初の画面で、ここをクリックして、このフォルダの・・・」
なんて説明しても、父はあまり理解できない。PCオンチなのだ。

データをUSBメモリにコピーする過程を、こと細かく紙に書き出し(画像付き)
それを持たせて、こんどは父と母(機械オンチ)で事務所へ。

電話で指示しながら、なんとか住所録をコピー。データを持って帰ってきた。

ところが、ほんらい200件以上あるハズのデータが、何故か30件ほどしかナイ。
よくよく話を聞いてみると、仕事・友人・親戚、などグループ分けしているらしく
そのグループの1つぶんしかコピー出来ていないコトが判明。

で、年越し。

父と母は、元日の朝から事務所へ。

店の方は、チョロっとラッシュがあったくらいで、わりとヒマだった。
が、とにかく前日からあまり寝ていないし、夕方からまた出勤だし、で寝落ち。
父の年賀状に取り掛かれたのは、1日の夜から。

父の住所録データを、私の使ってる印刷ソフト用にインポートして手直しして
全データが完成したのが2日。
それを一覧印刷して、印刷する・しないを父にチェックさせて
本日夕方、やっと、やっと、全部の印刷が完了!!!!

父「いやーもう、この年末年始は、大変だったわぃ」て。
そりゃコッチのセリフだよ!!

全部でね、232件ですよ。もうね、バカかと。アホかと。
つーかね、年賀状作成はもっと早くに取り掛かれよ、と。
25日ギリギリだった私が言うのも何ですけどね。えぇ。
もう、ウィーフィルも殆ど聞けなかったよ・・・orz

私の新品プリンタ、大活躍。もう既に黒インクが残り1/4きった。
後から聞いた話では、父は事務所のPCと一緒にプリンタも買い換えたそうで
そのプリンタが、ハガキサイズの用紙をセット出来ないんだとか。
そんなのある?業務用なのかな?

まぁそんな、怒涛の4日間でありました。

あと。

2日、箱根駅伝往路、仕事から帰ってきてTV見たときは3位とかで
安心して寝たら、起きてTV見て15位とかになってて目を疑ったわ。
寝ていた2〜3時間の間に、いったい何が起こったんだよ・・・
復路終わって13位。また来年、がんばれー(´Д⊂ヽ

2018010302.png


で、いま。インク代+手間賃として、お年玉C万GETw
やったwのものも(*'ω'*)
posted by 鮭 at 20:00 | Comment(4) | 日記