2013年01月18日

闇の兄弟。

イクラです。
13011801.jpg
あの恐ろしげな黒い扉が、闇の一党の聖域の入口か。
さっそく女が言っていた合言葉を使い、足を踏み入れる。

中は、ノルドの遺跡のようなつくり、というか、そのままか?
13011802.jpg
部屋の奥に、壁に寄りかかった人影があった。あの女、アストリッドだ。

あの時はマスクをしていて顔が見えなかったが、なかなかの美人だな。
13011803.jpg
私を、「家族の一員」として迎えてくれるという。
アストリッドは、スカイリムにおける闇の一党のリーダーで
一党のメンバーは皆、家族のような存在ということらしい。

いまはまだ、取り掛かれる仕事は準備中、とのことだ。
ナジルという男と話せば、小さな仕事くらいなら貰えるそうだ。

それともうすぐ、この聖域に「夜母」が到着するという。
夜母は、常闇の父シシスの妻で、5人の子どもを殺害したと言われている。
シロディールのブラヴィルにあった夜母の墓は、サルモールとの大戦で破壊され
現状で唯一機能している、スカイリムの聖域へ移転することになったという。

昔は、黒き聖餐を夜母が聞き入れ、それを基に闇の一党が動いていたが
先の大戦で、夜母の声を聞くことができる「聞こえし者」を失ってしまったという。
それ以来、夜母はただのミイラ扱いとなり、自分らで黒き聖餐を捜さなければならず
暗殺の依頼を受けるのに、なかなか面倒な事態となっているようだ。

アストリッドは、夜母に頼る古い方法や戒律は捨て、「家族」を尊重し
自分たちに合ったやり方で生き残っていくしかないと言った。

そして最後に、闇の一党の鎧一式を貰った。

13011804.jpg

・・・。

これを着て外を歩くには、勇気がいるというか、何というか。
まぁ、暗殺者が人前に出るということもないだろうが・・・絶望的に似合わない。

・・・気を取り直して。
一党の家族とやらに、挨拶でもしておこうか。

まずはスカイリム闇の一党のリーダー、アストリッド。
13011805.jpg
美人だが、残念ながら既婚者らしい。

奥へ進むと、広場にでる。

広場の灯りで暖をとっているのは、レッドガードのナジル。
13011806.jpg
彼からは、簡単な暗殺の仕事を受けられるという。
新人とはあまり話したがらないのか、そっけない態度だ。

鍛冶場の主は、アストリッドの夫アーンビョルン。
13011807.jpg
彼はウェアウルフ、つまり人狼なのだそうだ。
いまは人間の姿をしているが、口調も格好もワイルドで野生児といった感じだ。

広場の隅であぐらをかいているのは、アルゴニアンのヴィーザラ。
13011808.jpg
彼は、ブラック・マーシュの王に仕える暗殺者、シャドウスケイルだったらしい。
しかしそれも昔の話で、ヴィーザラがシャドウスケイルの最後の生残りだそうだ。
今ではアストリッドに仕えていることを、幸せに思っているという。

広場を抜けると、いくつかの小部屋からなる居住区へと続く。

彼女はダンマーの魔術師、ガブリエラ。
13011809.jpg
少々言いまわしが理解しづらいというか、不思議な雰囲気の女性だ。
月夜の浜辺を散歩するのと、編み物と一角獣が好き、らしい。
月夜の浜辺で、一角獣の喉にかぎ針を突き刺したくらい、好きらしい。

こちらの老人は、フェスタス・クレックス。
13011810.jpg
幼い頃から神童と呼ばれるほど、魔術の腕に長けているという。
偏屈そうで、少々とっつきにくい。

この少女は、バベット。
13011811.jpg
少女・・・に見えるが、実際には300歳を超えているらしい。
10歳のときに吸血鬼から噛まれ、それ以来この姿なのだという。
幼い見た目を利用して、相手を油断させてから殺すのが得意とのことだ。

そして最後に・・・ペットのクモ。
13011812.jpg
名前はリス。

足元に、白骨死体があった。えさ、か・・・

さて。一通り挨拶を済ませたところで、ナジルから仕事を貰うとするか。
posted by 鮭 at 14:52 | Comment(2) | TESV:イクラ