2013年02月28日

つえさんぼん。

どもー。ネコです。
13022801.jpg
今回は、軽ーくご報告のみ。

ソリチュードで、マッドゴッドに遭遇。
13022802.jpg
てきとーに相手してやったら、秘宝の杖くれたのね。
ありがとーシェオ爺!

※クエスト進行の様子はハラミ日記で↓
http://sha-ke.sblo.jp/article/54315935.html

で、酒場で怪しいオッサンと飲み比べしたら、酔っ払って気を失っちゃって
マルカルスで目が覚めたので、ついでにエオラっちとお別れ。

マルカルスの酒場。満席で座れないネコ。
13022803.jpg

で、いろいろあって、怪しいオッサンの正体が発覚!
13022804.jpg
あ、ちらっと写ってるのは、マルカルスの酒場で雇ったマッチョメンのヴォルさん。

正体を現したサングインから、秘宝の杖GET♪
13022805.jpg
ありがとーサムさん!

※クエスト進行の様子はハラミ日記で↓
1)http://sha-ke.sblo.jp/article/53077770.html
2)http://sha-ke.sblo.jp/article/53139952.html
3)http://sha-ke.sblo.jp/article/53155489.html

そして。

ヴァーミルナの聖堂に、元信者と討入りしたの。

で、ドクロの杖GET。
13022806.jpg
ありがとーヴァーミルナさま!

・・・案内ご苦労さん。
13022807.jpg
まぁアレだね、裏切者だからね、しゃーないよね。

※クエスト進行の様子はハラミ日記で↓(ドクロ破壊ルート)
1)http://sha-ke.sblo.jp/article/54195226.html
2)http://sha-ke.sblo.jp/article/54235783.html

てワケで、今回はサラっとこのへんで。
ネコの旅はまだまだ続くのです。
posted by 鮭 at 10:37 | Comment(0) | TESV:ネコ

2013年02月26日

守備崩壊。

イクラです。
13022601.jpg

皇帝暗殺のための次なる計画は、皇帝の守りを崩す作戦だ。

皇帝の警備を担当するペニトゥス・オクラトゥスのマロ指揮官の息子を暗殺し
その死体に、皇帝の暗殺を企てているという偽の手紙を握らせる。
13022602.jpg
指揮官の息子が、実は皇帝の暗殺計画に手を貸していた・・・となれば
マロ指揮官の面目は地に落ち、警備も崩れるだろう。

ペニトゥス・オクラトゥスの基地は、ドラゴン・ブリッジという小さな町にある。
指揮官の息子は、スカイリムの各街の安全性を調べるために
ドラゴン・ブリッジの基地を出発して、街を一つ一つ訪ね歩くそうだ。

騒ぎをより大きくするためには、街中で死んでもらう必要があるので
彼の予定表を手に入れることが出来れば、仕事が捗るというのだが・・・

ともかく、ドラゴン・ブリッジに到着した。
13022603.jpg
名の由来ともなっているドラゴンの橋は、かなり古くからあるらしい。

ちょうど、マロ指揮官の息子が出発するところのようだ。
息子の名はガイアス・マロ。一人で行くのか、単独行動は危ないぞ。
13022604.jpg
ガイアスの後をつけていき、暗殺のタイミングを計るのも良いが
彼の予定表を盗み、先回りして待ち伏せたほうがラクそうだ。

旅人のふりをして、ペニトゥス・オクラトゥス基地に入った。

テーブルの上に・・・あった、予定表だ。
13022605.jpg
だが、ペニトゥス・オクラトゥスの隊員が横に座っていて、手を出せないな。

ところが、しばらくすると隊員は立ち上がり、鍋をかき混ぜ始めた。
料理当番なのか?なんにせよ、テーブルから目が離れた今がチャンスだ。
13022606.jpg
素早く予定表を盗み、何事もなかったかのように外へ出た。

ガイアスの予定表を見てみると、曜日によって訪れる街が決まっていた。
月曜はソリチュード、火曜はウインドヘルム・・・と順に廻っているようだ。
街中で待機する場所や、夜間宿泊する場所も書かれていた。
だいたいは王宮や衛兵の詰所なのだが、ホワイトランでは宿屋を使うようだ。
ホワイトランが、いちばん暗殺しやすいかな。

というわけで、馬車でホワイトランに先回りして、宿屋で待つことにした。
13022607.jpg
木曜になれば、ガイアス・マロがここへやってくるはずだ。
問題は、到着が昼間だと、宿屋ではなく王宮へ向かうということ。
王宮に行かれたら、また手を考えるしかない。いちかばちか・・・
13022608.jpg
数日間、宿に泊まったり食事をしたり・・・で、やっと木曜になった。
幸運なことに、ガイアス・マロは夜明け前にホワイトランに到着したようだ。

予定通り、宿屋に入ってきたガイアス。
13022609.jpg
そのまま奥の部屋へと入っていった。

ガイアスが寝た頃を見計らい、部屋に侵入して殺害。
13022610.jpg
死体の懐に、偽の手紙をねじ込んでおいた。これでバッチリだ。
posted by 鮭 at 11:05 | Comment(0) | TESV:イクラ

2013年02月22日

いのけん・・・



ゲームクリエーター、飯野賢治氏が死去
http://sankei.jp.msn.com/life/news/130222/trd13022207020000-n1.htm

そんな・・・まだ若いのに(´・ω・`)

Dの食卓、エネミーゼロ、はまったなぁ。
13022202.jpg
特にE0は、深夜のひと気のない駅構内とか歩いていると
ピン・・・ピン・・・ピン・・・
って幻聴が聞こえてくるくらい、メチャメチャやり込んだ。
すごい怖くて、楽しかった。

ご冥福をお祈りします。

D2をドリマガ付録の体験版だけやって満足して買わなかったコトが悔やまれる。
13022201.jpg
posted by 鮭 at 11:48 | Comment(3) | 日記

2013年02月21日

はなむけ。

イクラです。
13022101.jpg
久々に、リフテンの酒場で食事。
懐かしさもあって、少し長居をしてしまった。
たまには盗賊ギルドのアジトにも、顔を出さなくてはな。
まがりなりにもギルドマスターなのだし・・・

さて。

闇の一党の聖域では、アストリッドが大仕事の計画を練っていた。
暗殺のターゲットが皇帝ともなると、いくつもの下準備が必要だろう。
これはモティエールが用意した暗殺計画でもあるらしい。

まずは、皇帝を帝国からスカイリムに呼び寄せるための工作だ。

近日中に、とある結婚披露宴がソリチュードで行われる。
花婿はストームクロークのノルド、そして花嫁は皇帝の従姉妹だというのだ。
この結婚は、ストームクロークと帝国の和解への第一歩となるはずだが・・・
もし、披露宴で花嫁が殺されたとしたら?
人々は、ストームクロークと帝国の対立によっておきた殺人だと考え
和平交渉が行き詰るだけではなく、帝国には大きな衝撃が走ることだろう。

そうなれば、皇帝が自ら手を下さざるを得なくなり
後始末のために、スカイリムへと来ることになる筈だというのだ。
13022102.jpg

アストリッド「花嫁へ入刀よ」

上手いこと言った・・・のか?

というわけで、ソリチュードにやってきた。
13022103.jpg

まずは新郎新婦に挨拶。
13022104.jpg
花嫁のヴィットリア・ヴィキは、ソリチュードの東帝都社で監督をしている女性だ。
花婿は、リフテンのアスゲール・スノーショッドだな。
よく酒場で父親と食事をしている。姉妹が帝国に殺されたと言っていたが・・・

新郎新婦の親族同士が言い争っていて、少々ピリピリムードが漂う会場だが
当のご本人たちは、いたって幸せな様子だ。とりあえずおめでとう。

というわけで、さっそく仕事に取り掛かろうか。

今回の暗殺は、騒ぎを起こすことが目的なので
花嫁がバルコニーで挨拶しているときに、聴衆の面前で逝ってもらう。
13022105.jpg
しかし当然のことながら、私の姿を目撃されるわけにはいかない。

事前にガブリエラから聞いていた狙撃ポイントは、どうも人目に付きすぎる。
バベットからは、バルコニーの真上にある像が古くなっていると聞いた。
ちょいと押せば倒れ、花嫁の上に落ちる事故がおきる・・・かも知れない。
13022106.jpg
しかし像のある場所も客から丸見えで、なかなか細工がしづらいか。

うろうろと披露宴会場の周りを歩き回り、絶好の狙撃ポイントを見つけた。
バルコニー正面にある塔の壁の陰に身を潜め、弓で狙う。
13022107.jpg
誰にも目撃されずに、花嫁の暗殺に成功した。

花嫁が倒れ、悲鳴と怒号で大混乱になる会場を尻目に
さっさとソリチュードを後にする。

聖域に戻ると、アストリッドから報酬として呪文を教えてもらえた。
13022108.jpg
闇の一党の伝説的人物を召喚する、特別な呪文だそうだ。

さっそく召喚してみた。
13022109.jpg
いままで封印されていたのが退屈だったのか、独り言が止まらない。

随分おしゃべりな伝説的暗殺者だな・・・隠密の邪魔にならないだろうか。


ちなみに200年前の幹部の一人で、裏切者に嵌められて殺された人物らしい。
http://sha-ke.sblo.jp/article/5597851.html
posted by 鮭 at 11:32 | Comment(4) | TESV:イクラ

2013年02月19日

95!

演奏会に出演された皆様おつかれさまでした。
ご来場くださった方々ありがとうございました。

で、PAOさんから貰った差し入れ・・・

13021901.jpg ウオツカ。



13021902.jpg チョコ。

あ、バレンタインかーーー

って

13021903.jpg !!?

カカオ95ですとΣ(゚Д゚ )
カカオ分95%ですってよ奥様!

・・・これは「漬けろ」ってコトですよね?w

ってワケで、さっそく漬けました♪
13021904.jpg
どうなるかなーーーー(*´∀`*)
posted by 鮭 at 11:09 | Comment(8) | 日記

2013年02月14日

せんでん。

a26.jpg
今回は土曜日なんです。

多忙につき、ブログあまり更新できず。
最近また眠気も酷く・・・(´д`
演奏会おわったら、ゲーム進めたいです。
posted by 鮭 at 10:48 | Comment(10) | 日記

2013年02月09日

大計画。

イクラです。
13020901.jpg
アストリッドに「ナジルから仕事を貰え」と言われたが
前に与えられた仕事のうち、いくつかやり残していた案件があったため
「まずはそちらをやって来い」と怒られてしまった。
ごもっともだ。食事の邪魔をして悪かったな。

というわけで、今回のターゲットは、あいつ。
13020902.jpg
ウインドヘルム近くの街道沿いでテント暮らしをしている、エノディウスという男だ。

彼が何者か、なぜ暗殺されるのかも分からない。
話を聞こうにも、近づいただけで警戒されてしまう。
誰かに命を狙われていると自覚しているようで、かなり怯えている様子だ。

へたに騒がれても面倒なので、少し離れた場所の茂みに身を隠し
距離をとってから、さくっと弓で一撃。
13020903.jpg
簡単な仕事だった。

ナジルに報告をしようと聖域に戻ると、アストリッドが待ち構えていた。
13020904.jpg
本当に私が「聞こえし者」なのかはともかく。
やはり夜母の言葉だとすれば無視するわけにはいかない、ということで
ヴォルンルードへ行き、アマウンド・モティエールとやらと話すよう言われた。
もし黒き聖餐が行われていたら、本当に夜母の言葉を聞いたことになる。

ヴォルンルードに到着。ノルドの遺跡のようだ。
13020905.jpg
遺跡の入口から程近い小部屋に、その依頼者はいた。
13020906.jpg
確かに彼の名はアマウンド・モティエール。黒き聖餐を行ったようだ。
「人を数名殺してほしい」という。

詳しく話を聞くと、モティエールの最終的な望みは、なんと皇帝の死。
そのために、モティエールも色々と計画と下準備を進めてきたという。
13020907.jpg
第3紀の初頭、闇の一党が皇帝ペラギウスを暗殺したときのように
いままた、皇帝の死により帝国の変革を望む者たちがいる・・・らしい。

モティエールから、皇帝を暗殺するための計画が書かれた手紙と
高額だというアミュレットを手渡された。
アミュレットは売って、資金にしてほしいとのことだ。

これは大仕事・・・どころの話ではないぞ・・・

聖域に戻り、アストリッドに報告。
13020908.jpg
タムリエルの皇帝を殺すなんて・・・と、はじめは驚いた様子だったが
闇の一党が、これまでにないほどの畏怖と敬意を得るチャンスだといって
この契約を受けると決めたようだ。

まずはモティエールの計画書を読んで、情報の整理をする時間が必要だ。
13020909.jpg
その間に私は、この↑アミュレットが本当に高価な物かどうか鑑定してもらうため
リフテンの盗賊ギルドへ向かうこととなった。

盗賊ギルドのデルビンが、この手の鑑定に詳しいらしい。
デルビンと闇の一党は長い付き合いで、信用できる相手だという。
・・・うむ。まぁ私も、彼のことはよーーく知っているんだけどな。

デルビンに売れるようなら売って来い、ということで。リフテンへ。
13020910.jpg
フラゴンにいるデルビンにアミュレットを見せ、鑑定をしてもらった。
それによると、これは皇帝の元老院の一員のために特注で作られた物で
「ひと財産ほどの価値がある」らしい。

さっそくデルビンにアミュレットを売りつけ、信用状を受け取った。
posted by 鮭 at 11:43 | Comment(3) | TESV:イクラ