2013年02月26日

守備崩壊。

イクラです。
13022601.jpg

皇帝暗殺のための次なる計画は、皇帝の守りを崩す作戦だ。

皇帝の警備を担当するペニトゥス・オクラトゥスのマロ指揮官の息子を暗殺し
その死体に、皇帝の暗殺を企てているという偽の手紙を握らせる。
13022602.jpg
指揮官の息子が、実は皇帝の暗殺計画に手を貸していた・・・となれば
マロ指揮官の面目は地に落ち、警備も崩れるだろう。

ペニトゥス・オクラトゥスの基地は、ドラゴン・ブリッジという小さな町にある。
指揮官の息子は、スカイリムの各街の安全性を調べるために
ドラゴン・ブリッジの基地を出発して、街を一つ一つ訪ね歩くそうだ。

騒ぎをより大きくするためには、街中で死んでもらう必要があるので
彼の予定表を手に入れることが出来れば、仕事が捗るというのだが・・・

ともかく、ドラゴン・ブリッジに到着した。
13022603.jpg
名の由来ともなっているドラゴンの橋は、かなり古くからあるらしい。

ちょうど、マロ指揮官の息子が出発するところのようだ。
息子の名はガイアス・マロ。一人で行くのか、単独行動は危ないぞ。
13022604.jpg
ガイアスの後をつけていき、暗殺のタイミングを計るのも良いが
彼の予定表を盗み、先回りして待ち伏せたほうがラクそうだ。

旅人のふりをして、ペニトゥス・オクラトゥス基地に入った。

テーブルの上に・・・あった、予定表だ。
13022605.jpg
だが、ペニトゥス・オクラトゥスの隊員が横に座っていて、手を出せないな。

ところが、しばらくすると隊員は立ち上がり、鍋をかき混ぜ始めた。
料理当番なのか?なんにせよ、テーブルから目が離れた今がチャンスだ。
13022606.jpg
素早く予定表を盗み、何事もなかったかのように外へ出た。

ガイアスの予定表を見てみると、曜日によって訪れる街が決まっていた。
月曜はソリチュード、火曜はウインドヘルム・・・と順に廻っているようだ。
街中で待機する場所や、夜間宿泊する場所も書かれていた。
だいたいは王宮や衛兵の詰所なのだが、ホワイトランでは宿屋を使うようだ。
ホワイトランが、いちばん暗殺しやすいかな。

というわけで、馬車でホワイトランに先回りして、宿屋で待つことにした。
13022607.jpg
木曜になれば、ガイアス・マロがここへやってくるはずだ。
問題は、到着が昼間だと、宿屋ではなく王宮へ向かうということ。
王宮に行かれたら、また手を考えるしかない。いちかばちか・・・
13022608.jpg
数日間、宿に泊まったり食事をしたり・・・で、やっと木曜になった。
幸運なことに、ガイアス・マロは夜明け前にホワイトランに到着したようだ。

予定通り、宿屋に入ってきたガイアス。
13022609.jpg
そのまま奥の部屋へと入っていった。

ガイアスが寝た頃を見計らい、部屋に侵入して殺害。
13022610.jpg
死体の懐に、偽の手紙をねじ込んでおいた。これでバッチリだ。
posted by 鮭 at 11:05 | Comment(0) | TESV:イクラ