2013年08月30日

潜入者。

コンニチワ、ハラミです。
13083001.jpg
隣にいる方が、評議員補佐のアラーノさんです。
ハラミに話があるってんで来たんですけど、なんでしょう?

アラーノさんの話によると、レドラン家と敵対しているフラール家の一族が
モーヴァイン評議員の暗殺を企てている、と言うのです。
13083002.jpg
とある情報によると、フラール家のウレンという一族の者が
すでに、このレイヴン・ロックの町に入り込んでいるらしいです。
しかし確固たる証拠もなく、あるのは疑念だけ・・・

アラーノさんや衛兵が動くと相手に気づかれ、逃げられるかも知れないので
ここはヨソ者であるハラミが、ウレン一族を探してくれないかってコトでした。

そりゃあ一大事ですね。

まずは、酒場の店主が手を貸してくれるかも知れないというので
飲みに・・・いや、話を聞きに、酒場レッチング・ネッチへ。

コチラがレッチング・ネッチの店主、ゲルディス・サドリさん。
13083003.jpg
ゲルディスさんは、何年もウレン家を追っているんですって。
で、さいきんウレン家の墓に、お供え物が捧げられているのを見たそうです。

むかしヴィラール・ウレンという人物が、レイヴン・ロックを乗っ取ろうとして
捕まって処刑され、ウレン家の墓に安置されたんだそうです。
そんな墓に、いったい誰が訪れているのでしょう。

ってコトで。墓の中で、隠れて待ち伏せしてみました。

しばらくすると、誰かが墓に入ってきた・・・
13083004.jpg
って、リディアさん?隠れる気あります?

・・・謎の人物は、ティリス・セヴェリンさんでした。

レイヴン・ロックでも裕福な方で、町で会ったら優しく声をかけてくれるし
そんな悪い人には見えなかったんだけど。。。
13083005.jpg
彼女は、ウレン家とかそんなのカンケーなくて
ただ同じダンマーの死者を敬っているだけだと言って、去っていきました。

うーん。思いたくないけど、かなりアヤシイです。クロに近いグレーです。
とにかく、アラーノさんに報告しなくちゃです。
13083006.jpg
ウレン家の墓でティリス・セヴェリンさんを見た、と伝えると
彼女がモーヴァイン評議員の暗殺計画に関係している証拠がホシイけど
まだグレーの段階で、衛兵による家宅捜索は難しいと言われました。

じゃあどうすれば?

とそのとき、セヴェリン邸の鍵を手渡されました。

・・・はい。ヨソ者のハラミが、忍び込んで探してくるんですね。はいはい。

ってコトで、セヴェリン邸へ。
13083007.jpg
そーっと、そーっと、忍び込みますよー。

がしかし。邸宅内に入ったとたん、家の人と戦い始めるリディアさん。
13083008.jpg
いやいや、「やめろ!」ってソレ、こっちのセリフですよリディアさん!

ハラミは見つかっていないのか、ハラミの存在完全無視で戦が続き・・・
13083009.jpg
・・・あーあ。なむ〜。

セヴェリン邸にいたのは、ティリスさんと、娘のミッリさんでした。
ミッリさんも、愛想が良くてキレイな人だなーなんて印象でしたけども。
でも、父親のヴェンディルさんと年齢が近いんじゃないか?なんて
変なウワサもあったみたいです。本当は親娘じゃナイんじゃないか、と。

とにかく。ヴェンディルさんは、お留守なようだったので
いまのうちに、暗殺計画に関わる証拠を探します。

で、アヤシイ金庫を発見。
13083010.jpg
中から、サルディン評議員という人へ宛てた手紙が出てきました。
「ヴェンディル・ウレン」ってサイン入り。ウレン!
やはりセヴェリン親子ってのは偽装で、彼らはウレン一族だったのです。

サルディン評議員ってのは、フラール家のエライ人でしょうか。
ウレン一族の軍勢は、アッシュファローという要塞で日夜訓練しており
いつでもモーヴァイン評議員を襲える、と手紙に書いてありました。

これで、セヴェリンなんて名乗っていた彼らが、実はウレン一族で
モーヴァイン評議員の暗殺を企てている、確固たる証拠を掴みました!

・・・ってか、証拠を掴む前に、2名ほど始末しちゃいましたけど。
まぁ、結果オーライ♪

ってコトで、さっそくアラーノさんに報告しなくちゃです。
posted by 鮭 at 12:43 | Comment(0) | TESV:ハラミ

2013年08月28日

変化の風。

コンニチワ、ハラミです。
13082801.jpg
案の定、アポクリファに飛ばされました。
13082802.jpg
でも今回のアポクリファは、ミラークとは関係なさそうです。
コワイ化け物もあんまりいなくて、スグに最後のフロアへ着きました。

そこには、やはり大きな黒い本が。
13082803.jpg
モラ様秘蔵の「禁断の知識」が、ヒトツ選べるってヤツですね。
13082804.jpg
この書にある知識は・・・
 学者の洞察→スキル本からより多くの知識を学べる
 同胞の洞察→自分の攻撃が従者に誤爆しなくなる
 恋人の洞察→異性に対する攻撃力と取引価格がUP

で、ハラミは当然、同胞の洞察を選びました!
リディアさん、いつもハラミより先に特攻しちゃうんだもん。
これはアリガタイです。

さて。禁断の知識も手に入れたコトですし。
再び本を開いて、アポクリファからブラッドスカル墓地に戻りました。

黒の書が置いてあった小部屋からさらに進んで、隠し扉を抜けると
よく見るフツウの(?)ノルドの遺跡っぽい場所に出ました。
山賊たちが棲家にしているみたいです。
13082805.jpg
まさか、自分たちが住んでいる下に、あんな大きな遺跡があるなんて
思ってもいなかったでしょうね。
13082806.jpg
オジャマしました〜。

無事に遺跡を脱出し、海岸線に沿って南へ。
13082807.jpg
レイヴン・ロックの町に戻ってきました。

まずは、鍛冶屋のマロリーさん。
クレシウス爺さんから返してもらった「古代ノルドのつるはし」をお渡しに。

ところがマロリーさん、この「古代ノルドのつるはし」はハラミにくれるって。
せっかく手元に戻ってきたのに。何故なんでしょ。

マロリーさんは、「人の物は勝手に持ってっちゃダメなんだぞ」っていうコトを
クレシウス爺さんに注意したかっただけなんですと。
13082808.jpg
それを伝えてきてくれた御礼にって、つるはしをくれました。

えぇー・・・まぁ、貰っておきますけども。
コレ、フツウのつるはしでは歯が立たない硬い鉱石も掘れるんだそうです。

で。次はクレシウス爺さんの家へ。

鉱山の奥にある遺跡で、曾祖父さんの遺骨と日記を見つけたコトを報告。
その日記をクレシウス爺さんに渡しました。
13082809.jpg
曾祖父さんの死因が、東帝都社のいう事故ではなかったと判明して
胸の痞えが下りた様子のクレシウス爺さん。
そんでもって、東帝都社に問い合わせるって息巻いてました。

良かった良かった・・・のかな?
まぁ身体に気をつけて、ガンバッテくださいな。奥さんも大切にね。

さ、そろそろ次の岩の浄化に行かないと。

ってコトで、クレシウス爺さんの家を出たんだけど
そこでイキナリ、レドランの衛兵隊長さんに呼び止められました。

なななななんなんですか?ハラミ、なにも悪いコトしてないですよ???
13082810.jpg
隊長さんは、アラーノさんがハラミに話があるってんで、呼びにきたみたいです。
アラーノさんって、評議員補佐の人でしたっけ。

とにかく重要な話みたいなんで、急いで会いにいきます。
posted by 鮭 at 13:44 | Comment(2) | TESV:ハラミ

2013年08月23日

鉱山の秘密。

コンニチワ、ハラミです。
13082301.jpg
レイヴン・ロック鉱山に入りました。

坑道は、長いあいだ閉鎖されていたせいか、デカイ蜘蛛が棲みついていたり
ガスが溜まっていて、リディアさんの持つ松明の火で爆発炎上したり、と
ちょっとばかしデンジャラスでした。

で、ちょっと進むと、木の板で封鎖されている穴を発見。
13082302.jpg
・・・雑だなぁ。こんなのパキパキっと壊して、さらに進みます。
この先は、ノルドの遺跡へと繋がっていました。

いつものように罠やらミイラやらを片付けていくと
崖の下に、なにやらデカイ扉みたいなモノが見えました。
13082303.jpg
あの扉、すごくアヤシイんですけど・・・この崖、下りても大丈夫かしら。

でっぱった岩に飛び移りつつ、なんとか崖の下に無事着地。
扉の近くまで行くと、そこに白骨化した遺体が横たわっていました。
13082304.jpg
クレシウス爺さんの曾祖父、グラティアンさんの遺体のようです。

彼が持っていた日記には、東帝都社の依頼でこの遺跡へ来たことや
ここがブラッドスカルという一族の墓地であること
そして、この扉の前で、とある刀剣を発見したコトが書かれていました。

どうやら、この刀剣を振ったときに出るエネルギーの帯を
扉に刻まれている赤い模様に当てると、扉が開くみたいです。
13082305.jpg
ところが、グラティアンさんはミイラに襲われて怪我を負ってしまい
扉が開く仕組みに気づいた頃には、刀剣を振るうほどの体力もなくなって
このまま、ここで亡くなってしまったようでした。

やっぱり、東帝都社の「トンネル崩壊事故」ってのは、嘘だったんですねぇ。
でもこの扉や刀剣のコトまでは、東帝都社も知らないでしょうし。
なんで秘密にしてあったんですかね。

ま、そんなコトより。

早速グラティアンさんが持っていた刀剣を持って、扉に向けて振ってみます。
13082306.jpg
刀剣を振るうと、衝撃波みたいな光の帯が出ます。

扉の模様に合わせて、縦に振ったり、横に振ったり・・・
何回かブンブンやってるウチに、本当に、デッカイ扉が開きました!
13082307.jpg
コレどんな仕組みになってるんですかね。古代ノルド、スゴイです。

扉の先を進むと、ちょっと広い場所に出て、この墓地の主に遭遇。
かなり手強かったけど、やっとのコトで倒しました。

ドラゴン語の書いてある壁も発見。
13082308.jpg
「ドラゴンアスペクト」っていう、ドラゴンの力を身体に纏うシャウトでした。

と。

奥の小部屋に、またまた禍々しい本が・・・
13082309.jpg
まさかコレって・・・また、アレですか?
posted by 鮭 at 12:23 | Comment(3) | TESV:ハラミ

2013年08月20日

おつかい。

コンニチワ、ハラミです。
13082001.jpg
おにゅー鎧♪
13082002.jpg
兜がクマなんです。ストクロ将校のクマさん帽より硬そうでしょ。
リディアさんは・・・あのままでいっか。なんかカッコイイし。

さて、大地の岩の浄化も済んだコトだし。
ネロスさんに頼まれていた、新しい執事を探しましょうかね。

ってワケで、レイヴン・ロックの住人に片っ端から声をかけてみたものの
「ジョーダンじゃない」と、誰にも取り合ってもらえませんでした。
13082003.jpg
ウインドヘルムまで泳いで戻るほうがマシだ、とか。
どんなに金を積まれてもお断りだ、とか。ネロスさん、酷い嫌われようです。

ネロスさん確か、レイヴン・ロックの住人は自分に畏敬の念を抱いてるから
誰に聞いても執事になりたがる、とかナントカ、言ってましたよねぇ。。。

半ば呆れ、いや、諦めかけていたとき。
酒場で働いているドロヴァスさんが、話に乗ってきました。
13082004.jpg
こんなチャンスは滅多にないから、と。かなり意気込んでいる様子です。

・・・ハラミから声かけといて何ナンですけど、ホントにイイんですかね?

ま、本人がイイって言ってんだから、いっか。
ドロヴァスさんは、さっそくテル・ミスリンへ向かうようです。

やれやれ。

ってコトで、市場で買物でもして、旅立ちますかーと思ったら。
鍛冶屋のオッサンが、なんか頼み事があるみたいです。
13082005.jpg
クレシウスっていうモウロク爺さんが、つるはしを勝手に持っていったそうで
爺さんに「つるはしを返せ」って伝えてくれ、ですって。
そのつるはしは「古代ノルドのつるはし」っていう、特別なモノなんだそうです。

まぁ、そんな簡単なコトでしたら。チョチョイっと行って伝えてきますわ。

クレシウス爺さんは、レイヴン・ロックの鉱山にいるらしいです。
黒檀がとれる鉱山でしたが、今では枯渇してしまって、閉鎖されているとか。

鉱山に入ると、なにやらケンカの真っ最中。
13082006.jpg
どうやらクレシウス爺さんと、その奥さんみたいです。

何事かと話を聞いたら、鉱山を探索しようとしているクレシウス爺さんを
奥さんが「危ないからヤメロ」って、止めようとしているみたいです。

キッカケは、家の古い宝箱から、曾祖父の遺品が見つかったこと。
鉱山の奥で「遺跡」を見つけたという内容の手紙と、鍵が出てきたそうです。
13082008.jpg
クレシウス爺さんの曾祖父は、東帝都社に所属する探検家で
この鉱山を探検している最中に、トンネルが崩れて亡くなったんだそうです。
東帝都社は二次災害を防ぐために、その区域を封鎖したらしいのですが
爺さんは、別の何かを隠すために封鎖したのだと確信していると言うのです。
13082007.jpg
でも歳も歳ですし、危ないですよね。奥さんも心配してますし。
ってワケで、ちょちょっとハラミが行って、確かめてくるコトにしました。
まぁ、こんなの朝飯前ですわ。

あ、その前に。つるはし返してくださいな。
爺さん、あんな鍛冶屋にこのつるはしを使う資格はナイ!とか言ってましたが
やっぱり、人のモノ勝手に持ってっちゃイケマセンよねって説得したら
シブシブ返してくれました。よしよし。

ってワケで、ちょっくら遺跡探索といきますか。
posted by 鮭 at 14:27 | Comment(2) | TESV:ハラミ

2013年08月15日

犬は友だち。

・・・。
13081501.jpg

・・・ぷはっ
13081502.jpg
ネコです。

ファルクリースで、鍛冶屋がイヌを探してるってウワサを聞いたのね。
13081503.jpg
最近ここらに現れた野良犬にヒトメボレしたらしい鍛冶屋のロッド氏。
そのイヌを捕まえてきたら、お駄賃くれるって。よっしゃ、ネコがやったるのね。

で、近くの道端で、新鮮な肉をチラつかせてみたら
さっそく一匹のイヌが、トコトコとコッチに向かってきたのね。鼻が利くにゃあ。

しかもこのイヌ、ネコに喋りかけてきたのね。
13081504.jpg
さすがにイヌと喋ったのは初めてで驚くネコをよそに、勝手に話を進めるイヌ。
その話によると、飼主とケンカしちゃって追い出されちゃったんだって。
それで、飼主との仲裁をネコに頼みたいってワケなのね。

この迷子の子犬ちゃんの名前はバルバス。
飼主はクラヴィカス・ヴァイルって、契約なんかを司るデイドラ王子なのね。
クラヴィカスくん、バルバスがいないと、力が半減しちゃうんだって。

さっそくバルバスの案内で、クラヴィカスの祠へ。

祠があるっていう洞窟の中は、吸血鬼がイッパイだったのね。
でもバルバスがスグに飛びついて片付けちゃうから、ネコやることナシ。
テキトーにドレモラ兄貴を召喚するだけで、奥の祭壇に到着。
13081505.jpg
クラヴィカスの像に近づいて、「頼みがある」って話しかけてみたのね。
そしたら、吸血鬼になってしまって助けを求めにきていた信者たちを
(ある意味)救ってやってくれたお礼に、聞いてやるって。
あら、彼ら信者だったのね。

で、その頼みってのは、バルバスと仲直りしてくれってコトなんだけど・・・
13081506.jpg
そしたら、前言撤回して、絶対ヤダとか言い出すクラヴィカスくん。
でも、ある斧を持ってきたらネコの願いを叶えてやる、だって。ナニソレ?

とあるウィザードの娘がハーシーンの信者で、ウェアウルフになったから
その呪いを絶つために、クラヴィカスが与えたモノらしいのね。
呪いどころか命も絶たれたみたいだけども。
バルバス曰く、いつものクラヴィカスの悪ふざけだって。お戯れなのね。

で、そのウィザードが住むっつー洞窟へ。
13081507.jpg
洞窟は狭くて、錬金台で薬を作成中のウィザードと、炎の精霊一匹のみ。
ウィザードのオッサンには悪いけど、サクっと始末して斧ゲッツ。

祠に戻ってクラヴィカスに斧を見せると、その斧でバルバスを殺せって。
13081508.jpg
そしたら、その最強の斧をネコにくれてやるよって言い出したのね。

いやいや。話が違うし。
バルバスと仲直りしてやってよ。

クラヴィカスに斧を渡すと、シブシブながらネコの頼みを聞き入れて
バルバスは無事、元の姿に戻りました。
13081509.jpg

で、かわりに鉄仮面もらったのね。
13081510.jpg
なんだかんだ言って、力も元に戻ったことだし、喜んでんじゃないの。
素直じゃないのねー。

でもま、お宝ゲットできたし。クラヴィカスくん、ありがと!


ってワケで、ネコの旅は、あとチョット続きます。
posted by 鮭 at 15:43 | Comment(4) | TESV:ネコ

2013年08月13日

飲みすぎ。。

きのう

みぞのくち
 かいぴろすか
 こおひいうおつか×2



おおもり
 うおつかとにつく
 りもなや



つるみ
 がるふすとりいむ
 ごっどまざあ



つるみ
 こすもぽりたん
 ?


けさ

はっちゅうだけして
かえってきた

ねます

おやすみ

( ´д`)ヴェェェ
posted by 鮭 at 10:54 | Comment(3) | 日記

2013年08月09日

灰だらけ。

コンニチワ、ハラミです。
13080901.jpg
ネロスさんトコの新しい執事をスカウトするため、レイヴン・ロックへ。
まぁ、ちょうどレイヴン・ロックにある岩を浄化しに行こうと思ってたトコロだし
ついでにチャチャっと済ませますかね。

レイヴン・ロックの近くで、レドランの衛兵がアッシュスポーンと戦っていました。
すでに数人の衛兵が倒れていて危ない感じだったので、急いで助太刀。
やっとのことで、アッシュスポーンを全て退治しました。

隊長さんにお話を聞くと、街にとって脅威であるアッシュスポーンたちが
コチラの方角から来ているようだってんで、調べていたんだそうです。
13080902.jpg
とりあえず、倒したアッシュスポーンの灰をあさってみたら
ひとつの灰の山から、何やら手紙が出てきました。

その手紙には、「カリアス将軍」という人からレイヴン・ロック要塞へ宛てられた
警告のような文章が書いてありました。

隊長さんが言うには、「カリアス将軍」は、帝国のフロストモスという砦の
駐留部隊の指揮官でしたが、200年前のレッドマウンテン噴火の影響で
砦が崩れて、そのときに亡くなっているそうです。じゃあ、この手紙は・・・?

とりあえず、隊長さんはレイヴン・ロックの警備に戻るっていうんで
ハラミがフロストモス砦を調べてみるコトにしました。

砦は、半分くらい灰に埋もれていました。
近づくと、いたるトコロからアッシュスポーンが現れて、襲い掛かってきました!

アッシュスポーンの炎に焼かれながら、必死になって戦っていると
どこからともなく、「帝国万歳!」という声が響き渡りました。カリアス将軍?
13080903.jpg
彼は亡くなっているハズですが、まだこの砦を守っているようです。

砦の中もアッシュスポーンだらけ。そして、いたるトコロに棺おけがゴロゴロ。
ココ、帝国軍の砦だったんですよねぇ・・・?

奥の部屋で、イルダリって人の日記を発見しました。
13080904.jpg
この日記は、レッドマウンテンの噴火後に書かれているようです。
イルダリって人が、フロストモス砦でカリアス将軍の亡骸を発見して
とある研究の実験に、その遺体を使っていたコトが書いてありました。

どうやら、「ハートストーン」というモノをカリアス将軍の遺体に移植して
生き返らせようとしていたみたいです。死霊術の一種ですかね。
何回か失敗したのち蘇生はしたものの、将軍は暴走してしまったようです。

イルダリの荷物(?)にあった鍵で扉を開け、さらに奥の部屋へ入ると
そこに、カリアス将軍がいました。
フツウにというか、生きている人みたいに、ピンピンしています。
ミイラっぽくなってるんだろうなぁーって思ってたから、ちょっとビックリです。
しかもデッカイハンマー振り回してきて、超強かったです・・・なむなむ。
13080905.jpg
胸にはめ込まれている、溶岩みたいのが「ハートストーン」ですかね。

将軍は、まだレイヴン・ロック要塞との戦争が続いていると思っていたらしく
それでアッシュスポーンにレイヴン・ロックを襲わせていたんでしょうね。

このコトを隊長さんに報告するため、今度こそレイヴン・ロックへ向かいます。

・・・と、そのとき。

真夜中だというのに、近くでカンカンと採掘する音が聞こえてきました。
見てみると、なんか遺跡の一部みたいなトコロで、つるはしを振るう人が。
13080906.jpg
たったヒトリで・・・なんかの発掘ですかね?
それにしても、こんな夜遅くまで大変ですねぇ。

話を聞くと、彼は本土にいる出資者の依頼で、ここに来たんだそうです。
稀少な古美術品を手に入れるためらしいのですが・・・
島にきて初めて、遺跡が灰で埋まっているコトに気づいたそうです。
古美術品を発掘するどころか、まずは遺跡を発掘しなくてはならない、と。

レイヴン・ロックあたりから、人を雇えればイイんだけど
出来高払いのため、資金はあまり持ち合わせていないとのコト。
13080907.jpg
しょーがないなー。
ハラミ、こう見えても、ワリとお金を持て余してるんですよ。
ってコトで、ポーンと気前良く1000G貸してあげました。

そのかわり、その希少だっつー古美術品が出てきたら、見せてくださいね。

ってコトで、遺跡を後にして、今度こそ今度こそレイヴン・ロックへ。

レドランの隊長さんに、フロストモス砦での出来事を報告。
13080908.jpg
カリアス将軍は亡くなったので、アッシュスポーンに街が襲われる心配は
ひとまず落ち着くかなってコトでした。
モーヴァイン評議員から、報酬も貰いましたよ。

で。

とりあえず岩の浄化も完了。残る岩は、あと1つ。
13080909.jpg
posted by 鮭 at 12:31 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2013年08月06日

火山の灰。

コンニチワ、ハラミです。
13080601.jpg
スコール村に戻ってきました。

家の前でお祈り中のストルンさんに、アポクリファでのコトを話しました。
ハルメアス・モラが、スコールの秘密を知りたがっている、と。
13080602.jpg
ハルメアス・モラは、昔からスコールの秘密を知りたがっていたんだそうです。
その秘密がどんなモノであれ、「知らない知識がある」というコト自体が
知識のデイドラ王子ハルメアス・モラにとって、我慢ならないんですって。
スコールの呪術師は、代々この秘密を守ってきたらしいのですが・・・

ミラークと同じシャウトを最後まで学ぶために、その秘密を教えてくださいな。

そうお願いをしてみたものの、岩を浄化するのが先だって言われちゃいました。
島にある全ての岩を浄化しないと、全創造主との繋がりが得られない、とか。
全創造主ってのは、スコールが信仰している神様。九大神信仰じゃナイんですね。

あの岩って、そんな力があったんですかー。
てか、その浄化作業のことスッカリ忘れてました。行ってきます。

そんなワケで、またスコール村を出て、南へ。
13080603.jpg
ちょっとテル・ミスリンに寄ったら、ネロスさんがイライラしてらっしゃる。
どうやら、執事のヴァローナさんがお茶を持ってこないって怒ってるみたい。
お茶くらい自分で入れたらイイのに。これだから高慢なジj・・ま、いいですけど。
13080604.jpg
ヴァローナさんを見つけて、アップルキャベツのシチューとカニスの根のお茶を
用意するように伝えろ、ですって。はいはい。。。

あと、ついでにアッシュスポーンの灰を持ってこいって。
なんか研究に使うみたいです。人使い荒いなぁ、もう。

とりあえず、ヴァローナさんを見なかったか、テル・ミスリン内の人に聞きました。
13080605.jpg
錬金術師さんの話では、彼女はレイヴン・ロックに出かけたそうです。
なので、ハラミたちもレイヴン・ロックへ向かいましょう。

テル・ミスリンを出て少し行ったトコロで、突然アッシュスポーンに襲われました。
灰を持ってこいって言われてたんで、ちょうど良かったわーなんて見たら

すぐ横に、ヴァローナさんの遺体が・・・
13080606.jpg
どうやらココで、アッシュスポーンの襲撃にあったようです。なむなむ。

ちなみに、アッシュスポーンってのは、灰?かなんかで出来た化け物。
 ↓参考画像:とあるネコが召喚した「アッシュスポーン」
13080607.jpg
こんなのが、いきなり地面から這い出てくるんですよ。
バンバン火炎を撃ってくるんですよ。超怖いんですよ。超怖いんですよ。。。

テル・ミスリンに戻って、ネロスさんにヴァローナさんのコトを報告。
ついでにアッシュスポーンの灰も提出。

そしたら、新しい執事が必要だから、誰か連れて来てくれって言われました。
なんなの。ドヴァ使い荒すぎなんですけど。
13080608.jpg
ネロスさんが言うには、誰もが自分に仕えたがっているから
レイヴン・ロックあたりで聞いてみろ、とのコト。ホントかなぁ・・・
posted by 鮭 at 16:01 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2013年08月02日

黒の書。

コンニチワ、ハラミです。
13080201.jpg
ボイラーが動いたので、本のあった部屋に戻ってきました。
すると、透明なケースが開いて、台座ごと本が出てきました!
13080202.jpg
コレですよ、コレコレ。ハルメアス・モラの黒の書です。
「手紙の書き方に関する見識」ってタイトル。手紙の書き方?

ネロスさんに「何が起きても記録は残してやるから心配するな」なんて
それとなく物騒なコトを言われつつ、思い切って本を開いて・・・
13080203.jpg
気づくと、また見知らぬ場所に立っていました。
13080204.jpg
前のときは、ここでミラークに会ったんですが
今回は、空に何やらモヤモヤとした黒い渦が・・・と思ったら
ハルメアス・モラが現れました。相変わらず雅なお声でございますね。

ここは、「アポクリファ」という、ハルメアス・モラのオブリビオン領界でした。
アポクリファは、あらゆる知識と本が集まっている巨大な図書館だって
なんかの本で読んだことあります。

いたるところに本が積み重なっていて、柱みたいになってるし
13080205.jpg
壁や床にも紙が散らばっていて、パラパラカサカサと音を立てているし
通路が伸び縮みしたり、インクみたいな黒い水溜りから触手が出てくるし
キモイ幽霊みたいのがイキナリ現れて襲ってくるし・・・
13080206.jpg
なんか、すごい不気味な場所です。イメージしてた「図書館」と違う。。。

しかもリディアさんがいないから超心細い。

とにかく。
ドコに向かってるかも分からないけど、必死で奥に進みました。

そしたら、いちばん高い場所に出た?
13080207.jpg
なんか特別っぽい本が置いてありますね・・・

恐る恐る近づくと、またまたハルメアス・モラが現れました。
13080208.jpg
ち近い近い・・・!目ぇキモイ!

この本に書いているのは、「禁断の知識」なんだそうです。
いままでに、この知識を手に入れたのはミラークだけなんだとか。
ここまで辿り着いたご褒美(?)に、シャウトを教えてくれました。
それは「服従」シャウトの2番目の言葉。ミラークも、こうして習ったのかな。

シャウトは3つの言葉で最大の力をだせます。服従の言葉は、あと1つ!
その残りの1つは、とある知識と引換えに、教えてくれるそうです。

ハルメアス・モラも知らない「とある知識」を、スコールが持ってるみたいで
その隠された知識を、どーしてもアポクリファに加えたいんだそうです。
13080209.jpg
スコール村に行って、呪術師と話をつけろって言われました。
しょーがないなぁ。

あ、ついでに。
この「禁断の知識」の書では、3種類のシャウトを強化できるみたいです。
 ドラゴンボーンの力→揺ぎ無き力を強化
 ドラゴンボーンの焦熱→ファイア・ブレス
 ドラゴンボーンの冷気→フロスト・ブレス
・・・の、いずれか。

サスガに全部ってワケには、いかないんですね。
ハラミは「力」をチョイスしました。

で。

けっきょく、手紙の書き方に関する見識って、何だったんでしょ?
posted by 鮭 at 13:48 | Comment(2) | TESV:ハラミ