2013年10月18日

不思議な遺跡。

コンニチワ、ハラミです。
13101801.jpg
前に、スコール村で「遺跡の調査に協力する」って約束しちゃったんで
待ち合わせ場所の、ヴァーロックの墓って遺跡に来ました。
ここで、学者のサースタンさんと合流。

遺跡に入ると、イキナリ文字の刻まれた石版がありました。
13101802.jpg
「生贄は探し求めるものに近づける」って書いてあるそうです。

この空間にあるのは、真ん中に大きな炉?ですかね。
あと3方向に続く道、ですが、すべて鉄格子があって通れそうにありません。

炉の周りを見ると、死んでるミイラがゴロゴロ転がっています。
いや、もともとミイラって死んでるモンなんですけどね。
いつもは襲い掛かってくるのに、ピクリとも動きません。

石版のトコにあったスイッチを引くと、炉の上の網がパカって開くみたいです。

ははーん。生贄・・・って、コトですね。

そこらに転がっているミイラを網に乗せて、スイッチON。
13101803.jpg
するとミイラが炉の中に落ちて、左右にある道が、通れるようになりました。
なんか変わった仕掛けですねー。

正面の道は、閉じたまま。
13101804.jpg
鍵穴が2つあります。ここは別の「鍵」が必要みたいですね。

とりあえず通れるようになった、左右の道に進んでみましょう。

まず右へ。

と、また石版です。道を歩み続け、来た道を戻るなかれ・・・
13101805.jpg
止まらず、戻らず、このタイルをスベテ踏めってコトでしょうかね。

特に難しく考えずに、トコトコっとタイルの上を満遍なく歩いたら
鉄格子が開いて、先に進めるようになりました。

その奥で、ちょっと強めのミイラを倒して、ドラゴンの爪の形をした鍵をGET。
ただしこの爪、半分に割れているみたいです。
あと半分は、もう一方の道の先でしょうか。
13101806.jpg
ドラゴン語の書いてある壁もありました。
サースタンさんが解読したトコロ、ドラゴンと人類の両方から称えられていた
とあるガーディアンについて書かれているようでした。

さて。次は左の道へ。

ど真ん中に変な石柱がたってる部屋に出ました。
13101808.jpg
石柱には「剣、弓、杖」の彫刻、さらに実物まで飾ってあります。
そして彫刻に向かい合うようにして、変な石のついた小さな石柱。

石版に書いてある文章は意味がヨク分からなくて、イロイロ試行錯誤した結果
石柱の彫刻に合う攻撃方法で、向かいの変な石を攻撃すると良いと判明。
13101807.jpg
剣は剣を、弓は矢を、杖のトコロは魔法を当てると、扉の鉄格子が開きました。

その奥にいたミイラを倒して、半分になったドラゴンの爪をGET。
ここにもドラゴン語の壁があって、「ミラークは裏切者だ」って書いてありました。
どうやらこの遺跡は、竜教団に関係しているみたいです。

フリアさんに聞いた話だと、ミラークは竜教団の司祭だったんですよね。
でもミラークはドラゴンボーンで、ドラゴンの魂を吸収して力を得ていたワケです。
なので竜教団にとっては、裏切者以外のナニモノでもナイってコトですよね。

さてさて。

半分の爪が2つ揃ったので、正面の道のトコにあった鍵穴へ。

その先は、橋がないと渡れそうにない、ふかーい堀になっていて
スイッチを引くと、魔法のタイルが現れる仕組みになっていました。
13101809.jpg
ナニコレスゴイ。

でも、この魔法のタイル、少し時間がたつと消えてしまうんです。
ははーーーん。これ、消える前に移動して、向こう岸まで渡れってコトですね。

ハラミが渡り終えると、親切にも消えない「魔法の橋」が出現。
13101810.jpg
むむ。。。サースタンさんとリディアさんは、ラクラクですねぇ。

何箇所か同じ仕組みの橋(しかも消える時間がどんどん早くなる)を渡った先に
ノルドの遺跡ではお馴染みの、絵を合わせて鍵を開ける仕掛け扉が。
13101811.jpg
サースタンさんが、周りにある壁のレリーフから絵の組み合わせを解読して
ここの仕掛けもカンタンにクリア。

奥には、ヴァーロックっていうドラゴン・プリーストが。
13101812.jpg
なかなか強かったけど、なんとか倒しました。
ドラゴン・プリーストは、竜教団の司祭だった人のミイラだって話ですよ。

このドラゴン語の壁には、「ここがガーディアンの墓だ」って書いてありました。
13101813.jpg
さっきのヴァーロックってのが、そのガーディアンだったみたいです。
ドラゴンと人類から称えられていた竜教団の司祭ってコトは
ひょっとしたら昔、反逆者のミラークを倒した人だったのかも知れませんね。

さーーーて。これで遺跡の探検も終わりました。
最深部まで無事に辿り着けた報酬に、ゴールドをいただきました。
サースタンさんは、しばらくココに残って壁の言葉を調査するそうです。
あとは自分でナントカしてくださいね。ハラミは帰りますからね。

それにしても、なんか不思議な仕掛けがイッパイの、変な遺跡でしたねぇ。
posted by 鮭 at 13:52 | Comment(5) | TESV:ハラミ