2017年02月22日

無法者。

タリアから頼まれていた「遺言書」を手に入れた。
あとは、地下で例の細工をするだけだ。

2階から1階へおりる階段(ロビーの正面)に、ティムシュ弁護士を描いた絵が。
2017022201.png
これがデリラの作風なのか・・・それともデリラの自画像とセットなのか?

それはまぁいいとして。

1階の警備員は、1人ずつサクサクっと〆て奥の小部屋に隠しておく。
小部屋にルーンあり。

正面玄関からむかって右側にある部屋、机の上にタロットカードが置いてある。
2017022202.png
グラニーのレシピに「欲深い手から世界を取り戻して」と書いてあった。
「欲深い手」はティムシュ?タロットカードから「ザ・ワールド」を引き抜いておく。

さらに階段を下りて、地下へ。

地下の厨房では、2人の女中が立ち話をしている。
なかなか1人ずつ〆られそうなスキを見せないので・・・またまた麻酔矢でw

そういえば、いまけっこうルーン持ってね?
というコトで、魔法の「ベンドタイム」を解放。
しかし、2段階目に強化するには、ルーンが足りなかった。
ベンドタイム1段階目は、一定時間だけ時の流れがゆっくりになるが
その間も自分は自由に動けるので、強化しなくても、まぁまぁ使えるのだ。

てコトで、ベンドタイム→女中2人に麻酔矢をパスパスっと。
2017022203.png
ティムシュ弁護士を襲撃するとき、コレに気が付いていれば・・・まぁいいか。

厨房の奥の部屋にボーンチャームあり。

送風機の中に「臭い袋」を入れて、細工完了。
2017022204.png
これで邸宅内に悪臭が立ち込めるハズだ。ティムシュはどうなるかな?

1階に上がってみると、ちょうどティムシュが「酷いニオイだ」とか言いながら
玄関から出て行くところだった。ドアの鍵穴から外の様子を見てみると・・・

外にいる衛兵たちに、臭いについて問い詰められるティムシュ。

疫病発生の責任から逃れようとしたのか、摂政伯爵からの手紙を見せるティムシュだが
残念ながら、その手紙は「偽造した立退き通知」とすり替えてあるのだ。
2017022205.png
書類の日付は1ヶ月前で、即刻応じなければ財産を没収すると書いてあるらしい。

あまりに思いもよらぬ出来事だったためか、ティムシュは倒れて気絶してしまった。
疫病蔓延を疑っている衛兵たちは、感染が怖くて手が出せないようだ。

さてさて。

グラニーのレシピを完成させるため、3階からアパート10号室へ。

・・・と思って階段を上がっていたら、人の声がする?
ヴォイドゲイズで確認すると、3階の廊下に衛兵が数人。めんどくせぇ。。。

ってワケで引き返し、地下から外へ出るコトに。

ビリー・ラークが用意してくれていた地下室の鍵を使って、裏口の扉を開ける。
ティムシュ邸の裏路地に出るが、左右の道、そして邸宅の正面の広場には衛兵が多い。
なので、やっぱり外を行くのは止めた←即決

ティムシュ邸の地下室に戻って、厨房にある小型エレベーターを使ってみるか。

料理を運ぶためのエレベーターで、「人は乗るな」と注意書きがあるが、キニシナイ。
地下からのみ操作可能で、目的の階に着いたらスグに戻ってしまうらしい。
つまりは一方通行というワケだが、もう地下に戻る必要もナイので問題ないな。

行先を4階にセットして、エレベーターに乗ってスイッチON。
2017022206.png
一気に上って、4階の部屋に到着。ヴォイドゲイズで見て、4階の安全を確認。

アパート側のベランダから、階下にある10号室の窓へブリンク。

グラニーのレシピの2行目「黒い瞳が身支度する前に置いて」の「黒い瞳」は
おそらくアウトサイダーのコトだと思われるので、10号室の隠し部屋へ。

アウトサイダーの祭壇の前に「ザ・ワールド」のカードを置いて・・・
3行目「鋭く、深く切り裂き、赤が滴る」とあるので、手を切ってカードに血を垂らす。
2017022207.png

最後に、レシピの4行目「無法者の暖炉で焼き払って」。
「無法者」はティムシュなので、ティムシュの私室にある暖炉でカードを燃やす。
2017022208.png
やっぱり。ルーンが現れた!

いったいどんな仕組みなんだ・・・これも魔法なのか?
ともかく、ルーンGET。

アパート10号室に戻って、そこから7号室→拠点のある屋根の上へ。

ティムシュは邸宅の前に倒れたまま、衛兵からは放置されているようだ。可哀想にw
2017022209.png
そこから右側に見える横の路地にボーンチャームあり。
2017022210.png
たまに衛兵が巡回しているので注意。

仮面の男がいた部屋に戻ってみたが、誰もいなかった。どこかに連れていかれたか?

そうこうしているウチに、前の通りにも続々と衛兵が増員されてきて
なんか警備が厳しくなってきた・・・とっとと波止場に戻るとするか。

またまたアパート10号室に戻って、祭壇の隣の部屋から外へ。波止場側に出る。
2017022211.png
来たのと同じ道を逆にたどって、波止場にいるタリアの元へ。

タリアに遺言書を渡して任務完了。
2017022212.png
肝心のデリラについての情報は・・・
以前、ほんのお遊びで降霊会を行ったとき、デリラの幻影を見たらしい。
彼女は古いブリグモア邸にいて、イーゼルに「ダウド」と描いていた、と言うのだ。

「ブリグモア」という単語は、何かの本で見た記憶がある。
魔女の集会かなんかの関係だったと思うが・・・

デリラが魔女なのは間違いなさそうだし、ひとまずアジトに戻って作戦を練るコトに。

---
というワケで、ミッションクリア。
2017022213.png
思っていた以上に、気絶した人間を発見されていたw
まぁ、自分は気づかれてないし、良しとしよう。

ハッターズのアジトにあった名前つきの死体、けっきょく何もなかったなぁ。
何かイベントを見逃したのだろうか。。。
posted by 鮭 at 12:31 | Comment(2) | Dishonored

2017年02月16日

デリラの像。

拠点には、法務地区の地図と、ティムシュ邸の見取図が用意してあった。
2017021601.png
さらに麻酔矢などのガジェットや偵察メモ、地下室の鍵まで。よく出来た部下じゃ。
偵察メモによると、遺言書は3階の事務室に保管してあるらしい。

法務地区の地図↓(9)が拠点の位置。
20170216a1.png
遺言書の前に、まずは仮面の男が住んでいたという「アパート7」へ行くとしよう。
そこに、計画の全容と必要な情報が載っている日記があるという。

アパートには道からは入れそうにないので、並びの建物の屋根伝いに窓から侵入する。

光の壁まで戻って、横の建物の屋根にブリンク→アパート7号室の窓へ。
2017021602.png

室内の、壁にかかった絵の裏にルーンあり。
2017021603.png
仮面の男が言っていた「前払い」とは、このルーンのことだろうな。

奥の部屋に、立ち退き通知、日記、アパート10の鍵が置いてあった。
2017021604.png

この「立ち退き通知」には、ティムシュの私有地における疫病発生と
それに伴う財産の没収命令が記されていた。あの仮面の男が偽造し用意した物だろう。

日記には、ティムシュ弁護士を没落させるための作戦計画が書かれていた。

ティムシュ弁護士は、摂政伯爵から貰った手紙を、肌身離さず常に持ち歩いている。
その手紙は、疫病感染者の財産を略奪できる権限を与えるというモノらしい。

計画というのは、その「手紙」を「立ち退き通知」とすり替え、ある細工をする。
ティムシュ邸の地下にある空調を管理する機械に、悪臭がする物を入れるというのだ。
それで屋敷内にウィーパーの住処ような異臭を充満させる、と。

本物のウィーパーを使うと、衛兵や使用人にまで疫病の被害がでる恐れがあるので
10号室の住人が「ウィーパーのような強烈な悪臭のする物質」を用意してくれたらしい。
(嫌味な貴婦人で、見返りにルーンを要求された、というが・・・まさかグラn・・・)

その物質は、丈夫な袋に入れられて、10号室に置いてあるという。
行動を起こす準備が出来次第、その袋を取に行く、という所で日記は終わっていた。

7号室を出て拠点に戻り、10号室への侵入口を探す。

どうやら7号室の窓(絵がかかっていた横の窓)から、10号室の窓まで行けそうだ。
2017021605.png
というワケで、再び7号室に侵入し、窓から10号室へ。

部屋には、布にくるまれた遺体がゴロゴロと転がっていた。
2017021606.png
それぞれの遺体のそばに、その人物の生涯を記したメモが落ちていた。
10号室の住人が書いたメモだろうか。でも特に意味はなさそう?

隣の部屋に、例の袋が置いてあった。
2017021607.png
袋のそばにもメモ。というコトは、袋の中身は・・・いや、考えるのはよそう。。。

さらに、奥の真っ暗な部屋に、後ろから光が漏れている怪しい棚を発見。
棚を倒すと、隣の部屋への入口が現れた。

そこにあったのは、アウトサイダーの祭壇。やはり10号室の住人はグラニーだったか。
2017021608.png
祭壇からルーンGET。

10号室の窓の向いに、ちょうどティムシュ邸の3階のベランダがあるので、ブリンク。
2017021609.png
窓から覗くと、目の前に衛兵が一人。廊下に飾られている絵画を眺めているので〆。
素早く抱きかかえ、アパート10号室に戻って寝かしておく。
20170216b1.png
ティムシュ邸3階、中央の事務室にも衛兵が数人。
しばらくすると一人ずつ巡回しだすので、廊下に出てきたトコロで〆。
抱きかかえて、またアパート10号室に寝かしておく。

何回かティムシュ邸→アパート10号室を行き来して、3階の衛兵を全て排除した。
2017021610.png
事務室を漁るが、遺言書の入った箱は鍵がかかっていて開けられない。

しょうがないので、まずはヴォイドゲイズで見えるルーンを回収しに4階へ。

4階はティムシュ弁護士の私室で、いまは誰もいないようだ、が・・・

ヴォイドゲイズで見ると、ルーンの前にピクリともしない人影が見える。
実際に見ると石像なのだが、何かオカシイ・・・
2017021611.png
石像を調べると、なんと石像が話しかけてきた。
デリラ本人か?魔法か?夢なのか??
2017021612.png
デリラ(の像)は「私の邪魔をするな」と警告をし、さらにダウドの想像つかない所に
彼女の息のかかった者がいると脅しをかけた。スパイがいると言うコトか?
ティムシュについては、もう用済みだからどうしようと構わない、だそうだ。
それだけ言うと、デリラの石像は動かなくなった。

ティムシュの私室には、デリラの自画像らしき絵が飾ってあった。
2017021613.png
なかなか激しい色使いだな。

私室を物色していると、下の階から人の話し声が聞こえてきた。
3階の衛兵は排除したのに・・・ヴォイドゲイズで確認すると、人影が2つ見えた。
ひとりはティムシュ弁護士、その後ろをピッタリくっついて歩いているのは衛兵か?
ラークの話では、ティムシュは1階のロビーにいたハズ・・・巡回しだしたのか?

とりあえず、窓から階下にあるアパート10号室のベランダへブリンク。
そしてティムシュ邸3階のベランダへ移り、ヴォイドゲイズで2人の動きを観察。
どうやら事務室あたりで立ち止まっているようなので、そのスキに2階へ。

2階は、中央が1階の吹き抜けになっていて、その周りに小部屋が続いている。
2017021614.png
20170216b2.png
階段を下りたトコロに衛兵が一人。後ろを向いた瞬間に背後にブリンク→〆。
念のため、階段の下(裏)に寝かしておく。

隣の図書室にも衛兵が一人。同じく〆て階段裏へ。

喫煙ラウンジを進んでいると、近づいてくる人の声が聞こえてきた。
角にあるカーテンで仕切られたスペースに身を潜め、ヴォイドゲイズで確認。
なんと、3階にいたティムシュと衛兵が2階に下りてきたようだ・・・ヤバイ。

今度は1階に向かっているようだ。
このままウロウロと歩き回られても目障りだし、〆るチャンスも無さそうだし・・・

思い切って、カーテンの陰から衛兵に麻酔矢を一発。
衛兵の異変に気が付いて振り向いたティムシュにも、すかさず麻酔矢を一撃!
2017021615.png
おそらくコチラの姿は見られていないハズだ・・・おそらく・・・

かなり危ない感じだったが、とりあえずティムシュを気絶させるコトに成功した。
ティムシュのポーチから手紙を抜き取り、立ち退き通知を入れておく。
それと、ティムシュが持っていた鍵をGET。これで遺言書の箱が開けられるだろう。

他の衛兵が巡回してくると面倒なので、カーテンの裏にティムシュと衛兵を隠して
3階へ戻って、事務室にある箱から遺言書GET。
2017021616.png
あとは、地下にある空調の機械に、例の袋の中身を入れるだけだ。
posted by 鮭 at 20:55 | Comment(4) | Dishonored

2017年02月07日

偽造返し。

ティムシュ弁護士の邸宅は、法務地区の奥にあるようだ。

トレバーズ路地から大通りに出て、街灯の上などをブリンクで移動。
周辺のアパートのベランダに、たまに衛兵が出てくるので注意(街灯の上でも見つかる)

衛兵の動きを警戒しつつ、ヴォイドゲイズで確認すると
近くのアパートの一室からボーンチャームの反応が。

人の気配はないので、窓から侵入。
2017020701.png
そこは、アウトサイダーの祭壇のような、不気味な照明の部屋だった。
ボーンチャームの置いてあった机の上には怪しげなメモ・・・またグラニーのレシピだ。
2017020702.png
文章の意味は良く分からないが、またルーンが出てくるのか?

まぁとりあえず、これは置いといて。

この部屋を出てまた周りを見渡すと、隣の建物の窓が開いているのを発見。
2017020703.png
ヴォイドゲイズで確認すると、中に動かない人影が・・・死体か?

とりあえず部屋に侵入したトコロで、下の階から人が上がってくるのが見えた。
ヤバイ!ってんで、とっさにスグ横の扉に入る。幸運なコトに、誰もいない小部屋だ。
扉越しにヴォイドゲイズで人影の様子を見つつ、背を向けた瞬間に小部屋を出て〆。

どうやらこのアパートは、先ほどタリアを脅していたギャングたちのアジトのようだ。
部屋に横たわっていた死体は(システム上の理由で名前が付いているのが分かったが)
いまは何に関係するのか分からないので、このまま放っておこう。
2017020704.png
下の階にはまだ何人もギャングがいて、たまーに1人ずつ上に上がってくるので
そのたびに小部屋に入って、じっと待ってスキを見て〆。
気絶したヤツらは、他のヤツに見つからないように小部屋に隠しておく。
が、キリがないので、このへんでココを出るコトに。

再びヴォイドゲイズで確認すると、向かいの建物にもボーンチャームが。
人影もないので、すぐにベランダから侵入してボーンチャームGET。

この部屋から見える、並びの建物のベランダに衛兵が1人。
さっきからチョクチョク顔を出してるヤツだ。目ざわりなので、麻酔矢で一撃w
気絶した衛兵を他のヤツラが見つけると、また騒ぎ出してメンドクサくなるので
他のヤツラが来る前に、ベランダの扉を閉めておく。

この建物は、衛兵の詰所なのか?
机の上に「ハッターズが法務地区の鍵を奪った」という内容の報告書があった。
どうやらハッターズというのは、あのギャングたちのようだ。
そういえば、みんなシルクハットをかぶっていたな・・・

下の階から衛兵が上がってくる前にサッサと部屋を出て、再びハッターズのアジトへ。

さっきと同じ戦法で、小部屋に籠って1人ずつ確実に〆てゆく。
ある程度ギャングが少なくなったトコロで、下の階に降りて家捜し。で、鍵GET。

大通りに出て、曲がり角の水辺へと垂れる鎖を伝って降りると、その先にルーンあり。
2017020705.png

角を曲がって先に進むと、目の前に法務地区の奥のエリアへと続く門が。
ハッターズが奪ったという鍵は、この門の扉の鍵だろう。
2017020706.png
門の前で衛兵が2人おしゃべりしているが、しばらくすると別々に巡回しだすので
2人の目が門から離れているタイミングで扉の前にブリンク→スグに鍵を開けて入る。

門を抜けたトコロで、ビリー・ラークが現れた。
近くの建物の屋上に拠点を用意してあるという。準備が良いな。あとで行くとしよう。

てコトで、まずはヴォイドゲイズでチェック。
2017020707.png
すぐ右の建物2階にボーンチャームを発見。なので、ブリンクで侵入してGET。

2階の床には大きく穴が開いており、1階の様子を見ることが出来る。

1階には、ジーーっと立っている男が一人。あやしい。。。
2017020708.png
意を決して1階に飛び降り、男に話しかけてみた。
2017020709.png
その仮面をした男は「ティムシュ弁護士に復讐してやりたい」という。
ティムシュ弁護士が書いた「立ち退き通知」で、ヤツを宿なしにしてやる、と。

偽造した書類は、すでに用意してあるという。摂政伯爵の署名まで偽造したそうだ。
その書類と作戦に必要なモノは、以前この男が住んでいたアパートにあるらしい。

この仮面の男が、ティムシュ弁護士に復讐する理由は分からないが
噂どおりだとすると、偽の疫病かナンカをでっちあげられて、資産を奪われたとか?
とにかく、ティムシュ弁護士を殺さずに破滅を味わわせたいのだそうで。

男が前に住んでいたというアパートの住所を受け取って、この建物を後にする。
1階の扉は鍵がかかっていて開かないので、また2階のベランダから外へ。

ベランダから通りを見ると、角を曲がった先に光の壁がある。
「不審人物を閉じ込めた」という衛兵の立ち話が聞こえた。仮面の男のコトだろうか。
だから1階の鍵がかかっていたのか。アレ捕まって監禁されてたんだなw
2017020710.png
ってか、向こうに立ってるの、あれビリー・ラークか?あそこが例の拠点っぽい。

とりあえず前の建物の屋根にブリンク→向かいのベランダにブリンク。
そこからラークが立っていた屋根によじ登り、暗殺者の拠点へ。

ココからは、ティムシュ弁護士の家と、前にある広場が良く見える。
2017020711.png
見張っていたラークの話では、ティムシュ弁護士はいま1階のロビーにいるようだ。

ま、それは置いといて。

先に、仮面の男が住んでいたアパートに行くとしよう。
posted by 鮭 at 21:54 | Comment(4) | Dishonored

2017年02月03日

悪徳弁護士。

謎の女性「デリラ」は、アーノルド・ティムシュという弁護士と関係があるようだ。

もともとデリラは、ダンウォールタワーのソコロフの下で絵を描いていて
ティムシュ弁護士の肖像画も描いたことがあるらしい。

だったら、ソコロフとっ捕まえて聞けばよくね?

ってのは置いといて(きっともうコルヴォに誘拐されたあとなんだ・・・!)

ティムシュ弁護士は裕福な生まれの貴族で、摂政伯爵とも繋がっていたようだ。
2017020301.png
疫病感染者の資産を差し押さえて摂政伯爵に献上し、その上前で私腹を肥やしていた。
それだけでなく、疫病にかかっていない者にまで感染をでっちあげて
家から強制退去させ、土地を奪ったりしていたらしい。

ティムシュ弁護士の姪のタリアは、叔父を嫌っている。
そこで、彼女と取引をして、デリラの情報を聞き出すことに。
まずはトレバーズ路地でタリアと会い、仕事について話す必要があるようだ。

というワケで、法務地区へと続く波止場にきた。
2017020302.png
トレバーズ路地は、光の壁を過ぎてすぐだという。

波止場から光の壁の前までは、衛兵が多いのでサラサラっとブリンクで通過。
2017020303.png
奥の水辺にルーンあり。仲間が置いていってくれたモノだ(恩恵で購入)
2017020304.png
---
もう一つ、光の壁の前に「偶然にも鯨油タンクが置かれる」恩恵も購入できるが
実際、なんに使うか分からず・・・衛兵が多くて手も出せないし・・・
スニークプレイなら、鯨油タンクの恩恵は買わなくて良いかも(´Д`;
---
2017020305.png
ブリンクで、鉄柱や放送のスピーカー(?)の上に移動して、光の壁の上へ。
2017020306.png
そこから街灯にブリンク→トレバーズ路地へ。
2017020307.png

タリアを見つけたが、この街のギャングに捕まってしまったようだ。
2017020308.png
ギャングを麻酔矢で一撃。すると、後ろの建物から2人のギャングが飛び出してきた。
これはヤバイ。ってコトで、さらに麻酔矢を2発。
かなり雑だが、無事にタリアを救出した。
---
はじめのギャングを、麻酔矢ではなく〆たりして何回かやり直したが
けっきょく後から2人飛び出してきて、どうしても死体(気絶)を発見されてしまう。
このミッションで死体(気絶)を発見された数「0」のクリアは諦めました。。。
---

てワケで、タリアと仕事の話。

デリラについては、ティムシュ弁護士は彼女に夢中なので口を割らないという。
なので、タリアの依頼をこなし、その報酬としてデリラの情報を教えてくれる、と。
2017020309.png
タリアの依頼とは、ティムシュ弁護士を抹殺し、彼の遺言書を持ってくるコト。
そうすればデリラの情報に加え、現金での報酬も払うという。
すべてが終わったら、波止場で落ち合うコトに。

いったんタリアと別れ、自分はティムシュ弁護士のいる法務地区広場へと向かう。
posted by 鮭 at 14:10 | Comment(4) | Dishonored