2017年05月31日

出発の前に。

2017053101.png
ミッション2?:奇妙な訪問

ミーガンの船でダンウォールを脱出したエミリー。
与えられた船室で目を覚ましたが、なにか様子がオカシイ。
外に出ようとしても、何故か扉が開かない。

ふと振り返ると、さっきまであった壁の一部が無くなって、外の世界が見えている。
2017053102.png
いや、ココは船の中、つまり海上のハズなのに、外の世界って・・・?

そう、そこは虚無の空間なのでした。

先に進むと、アウトサイダーが現れた。エミリーは初対面か。
2017053103.png
ここで、アウトサイダーの印を受け取るかどうかの選択。
今作では魔法を使わない「超常能力不使用モード」なるものがあるらしい。
すごい難しそう・・・ミッション1ですらブリンクしたくてウズウズしてたのにw
2017053104.png
迷うことなく、印を受け取りました。

で、まず使えるようになるのが「ファーリーチ」

ブリンクと同じく移動に使う魔法だけど、けっこう使い勝手が違う。
ファーリーチは魔法の手を伸ばして移動先を掴み、いっきに自分を引き寄せる感じ。
狙いを定める→掴む→引き寄せて移動するので、ちょっとタイムラグがあるかな。
あと移動するポイントの狙いが下の方にさがるので、上方の足場には引っかけにくい。
まぁ、慣れるしかないか・・・

ルーンを使ってアップグレードすると「プル」の能力も付くらしい。
狙える範囲(移動距離)を伸ばすアップグレードはナイのですね・・・厳しいなぁ。

ともかく。

ファーリーチの使い心地を確かめながら、虚無の空間の先に進んでいくと
祭壇に置かれた、心臓を発見した。

手に取ると、母ジェサミンの幻影が・・・
2017053105.png
前作からそんな気はしてたけど、やっぱり心臓の中身、ジェサミン(魂)だったのね。
たまーに毒付いたりするよね、心臓ってw

前作と同じく、場所や人物に向けて使えば、それらの秘密を教えてくれたり
ルーンやボーンチャームの位置を表示したりします。
ルーン表示の固定が出来るようになったから、心臓いちいち出さなくても良くなった。
こりゃ便利だわ。

心臓を酷使して、虚無空間の話を聞きつつ、ルーンの位置へ。

途中で見た、デリラの虚像。こいつらが、今回の敵か。
2017053106.png
デリラの左にいるのはサーコノス公爵ルカ・アベールだとして、他の3人は何者か?

正面の女は黒いバラの服を着てるから、ブリグモアの魔女だろうか?
その横は、左手の一部が義手になってる男。
で、いちばん目を引くのが、デリラの後ろにいる包帯グルグルの女(?)
なんだか見るからに怪しいヤツラだなぁ。

それはまぁ置いといて。その先で、祭壇に置かれたルーン2つGET。

ってトコロで、船室で目が覚めた。

GETしたルーン2つを使って、ダークビジョンの能力を解放。
とりあえずはファーリーチとダークビジョンがないと、やっていけないからね。

さて。

ここは、エミリーの私室として与えられた船室のようだ。
2017053107.png
机にはワイマンに宛てた手紙と、日記。この日記を書くコトで旅の記録が更新される。
それと、サミュエルの船の模型が飾られた。ひょっとしてコレも収集要素なのか。
この棚の空いたところに、拾った記念品が並ぶのね。

部屋の扉に、クロスボウと手紙がかかっていた。ミーガンからだ。
2017053108.png
どうやらソコロフがクロスボウを作ってくれたらしい。ソレを取って、廊下に出た。

まずは、メインルームにいるミーガンと、これからについて話さなければならない。

ミーガンによると、ソコロフは公爵とクラウンキラーに関わる陰謀に気づいてしまい
それをコルヴォへ知らせに行く途中で、何者かに誘拐されてしまったという。
ソイツは、錬金術師ハイペシアの研究所「アダマイア」の方角へ逃げて行ったらしい。
2017053109.png
アダマイアに潜入して、クラウンキラーやソコロフについて調べる必要がありそうだ。
ミーガンは「ソコロフは十中八九死んでるだろう」だなんて言うけど、大丈夫!
あのオッサンは簡単には死なないハズ!(発売前のトレイラーで生きてるの見たし!)

右の新聞の切り抜きがハイペシア、左がクラウンキラーか。
2017053110.png
クラウンキラー、これ、虚無の空間で見た包帯グルグル女だな。

船室の奥には、何故かデリラの肖像画が。これソコロフが描いたんだろうか?
2017053111.png

その更に奥は、ソコロフの部屋。
2017053112.png
ソコロフは余生を過ごすために、南の国サーコノスに移住した。
が、何もしないなんて我慢できないんだろうね。
カルナカに大量発生しているという、デカイ虫の研究をしていたらしい。

そんな中、サーコノス公爵の陰謀に気が付いて、いろいろと調べていたようだ。
机の上にはオーディオグラフ。
エミリーへの伝言を録音している途中で、クラウンキラーに連れ去られたらしい。
録音の最後には、怪しい女の声が残っていた。やはりあの包帯女か。

メインルームを出て、まずはドレッドフル・ウェールの中を探索。

廊下にあったメンテナンスリストにも載っていた、倉庫の扉。
どうやら倉庫の中で何かが崩れて、それがひっかかって扉が開かないようだ。
扉の小窓から中を見ると、倉庫内の窓が開いているのが見えた。
2017053113.png
ってコトで、甲板にあがって倉庫の上あたりから窓を探す。
船体の横にある窓から倉庫内へ。
2017053114.png
扉を塞いでいる木の板を壊した。これで大丈夫。
倉庫内には、コインになる品物やマナ回復薬などが拾えます。

船の近くの水中、沈んでいるボート(?)の中にルーンあり。魚に噛まれてイタイ。

船の最上階は、ドレッドフル・ウェールの操舵室。なかなかカッコイイ。
2017053115.png
目の前に広がる景色は、カルナカの街並み。
ダンウォールのどよんとした空気と違って、完全に南国っぽい原色世界。
良い景色だなぁ・・・遠くから見る限りでは。

ドレッドフル・ウェールの中を一通り見て回ったら、ミーガンの元へ。
2017053116.png
心臓を酷使して、引き出せる限りの彼女についての情報を聞いてみる。
いちおうね・・・裏切られるかも知れないしね(前作のトラウマ)
まぁ心臓に聞く限りでは、彼女は信用できそう?
でも、今は言えない秘密があるらしい。

さ、小舟に乗り換えて、カルナカの港まで出発だ。
posted by 鮭 at 12:13 | Comment(5) | Dishonored2

2017年05月26日

南の国へ。

隠し部屋を出ると、古びた廊下が続いていた。
廊下には、今は使われていない家具やら絵やら本やらが置いてある。物置?
2017052601.png
古い歴史の教科書があって、最後にカリスタの手書きのメモが残っていたり。
コルヴォが美術商の家の金庫からKすねてきた絵が置いてあったり。
2017052602.png
つーか、今作もソコロフの絵が収集要素なのね。ってコトで、イタダキ。

廊下の突き当りにある扉の、内鍵をはずして外へ。

左手方向、港に泊まる船が見える。アレが目的の船かな?
2017052603.png
港まで出るには、市街地を通って行くしかなさそうだ。
2017052604.png
屋根の上をつたって降りていく。
2017052605.png
ダンウォールタワー前の通りは、サーコノス公爵の息がかかった衛兵がウジャウジャ。
どうやらエミリーが脱出したのもバレたようだ。
2017052606.png
こりゃ通りに出るのは危険すぎるな。。。

ふと左を見ると、通りを挟んだ向こう側の建物へ行けそうな鉄骨が。
2017052607.png
慎重に渡って、向いの建物のベランダへ。

部屋の中を見ると、床に大きな穴が・・・
しかし、ココから降りたとしても、どうせ通りには衛兵がいて出られないし。
やっぱりステルスで行くには、高所を移動するのが基本だよなぁ。。。

てコトで、またベランダに出て周囲を観察。

あぁ・・・ブリンクが使えたら、こんなトコ簡単に抜けられるのに・・・
2017052608.png
つーか、さっきから定期的に貨物輸送車みたいのが走ってるんだけど。
線路の先を見ると、港の付近まで続いてるっぽい。

アレに乗っちゃえばイイんじゃね?

で。鉄骨の真ん中で待って、タイミングを見計らって輸送車の上に飛び乗った!
2017052609.png
通りをウロつく衛兵たちを下に見つつ、スイーーっと運ばれるエミリー。
こりゃ〜ラクチンじゃー(´∀`)
2017052610.png
↑途中、屋根のある地点を通過するので注意。※一回ひっかかって落ちたw
ジャンプして屋根に飛び乗り、次の輸送車に乗って港付近まで。
2017052611.png

配管の先まで歩いて、そこから川へダイブ。
2017052612.png
魚に噛まれつつ、船まで泳いで到着。

甲板には隻眼隻腕の女性が。この人が、船長のミーガン・フォスターさん。
2017052613.png
ソコロフに雇われて、南部で起こっている出来事とその警告を伝えにきたという。
南部ってことは、サーコノスか。

クラウンキラーが殺人を始めた場所で、尚且つデリラがしばらく滞在していたという
サーコノスの「カルナカ」という街へ向けて、ミーガンの船で出発するコトに。

---
ってトコロで、リザルト。
2017052614.png
まずは、致死0発見0で完了。

で、2ページめ。
2017052615.png
「絵 1/2」・・・しょっぱなから1つ取り逃す(´Д`;
まさかミッション1から絵が2つもあるとは。。。
きっと街エリアの中だな。輸送車に乗ってスルーしちゃったからなぁ。

今作のリザルトは3ページ構成。
2017052616.png
posted by 鮭 at 18:14 | Comment(2) | Dishonored2

2017年05月22日

脱出。

デリラとルカ・アベールによって、ダンウォールタワーが占拠された。
コルヴォは石像にされ、エミリーは王宮の一室に閉じ込められてしまったが・・・
2017052201.png
ここは、エミリーの部屋だろうか?
2017052202.png
壁にはハウンドピッツ・パブの絵が飾ってあったり
捕鯨船の模型が飾ってあったリ、けっこう見て回るのも楽しい。

が、今はそれどころじゃナイんだった。
とりあえず、その辺に置いてあった果物を食べて体力回復。

部屋をグルっと見回すと、机の後ろの窓が開いてるじゃないか。
2017052203.png
窓の下には、歩けそうなデッパリがある。行けそうか?

目の前に見えるのはレンヘイブン川。前作では、この川を何往復したコトか・・・
2017052204.png
中央右手寄りに見えるのがカルドウィン橋ですね(前作でソコロフを誘拐した橋)

この窓からは配管が邪魔して移動できそうにないので、他の窓を開けて隣の部屋へ。

ここは寝室か。
2017052205.png
部屋の入口で、アレクシ(ラムゼイに刺された女性衛兵)が壁にもたれかかっていた。
2017052206.png
波止場にいる船長が、コルヴォに危機を知らせたいと言っていたらしい。
隠し部屋を通ってダンウォールタワーから脱出して、波止場でその船長に会い
ダンウォールから逃げるように告げると、アレクシは息絶えた。
その手には、コルヴォの剣が。ありがとう、アレクシ(´Д⊂ヽ

アレクシの傍らには、船長から預かったと思われる手紙があった。

手紙には、どうしてもコルヴォに直接会って伝えなくてはならない伝言を預かっている
アントン・ソコロフの関係者と書いてあるが・・・
ドレッドフル・ウェールという船のミーガン・フォスターという人物のようだ。

隠し部屋は、この寝室にある本棚が入口になっている。
まずは、その鍵となる「印章指輪」を、ラムゼイから取り戻さなければならない。

隣の廊下には、衛兵が1人。
壁の陰から覗き込んで様子を見ると、ちょうど背中を向けてイップク中。
2017052207.png
なので、サラっと〆。

コイツが持っている鍵でエミリーの部屋(閉じ込められていた部屋)を開け
念のためココに寝かして、扉を閉めておく。〆たら隠すのが基本。

隣の部屋から下の階におりて、先に進むと、また衛兵が1人。
背中を向けたときに〆→担いで上の階に運び、またエミリーの部屋へw

その奥のガラスの扉を開けると、玉座の間。
2017052208.png
ラムゼイ発見。衛兵2人とお話中。

かつてラムゼイ家は、モーリー(グリストルの北にある島)を治めていたらしい。
そういえば、「父親のせいで没落した」みたいなコトをグチってたなぁ。
大方、高い地位をやるとか旨いコト言われて、サーコノス公爵側に加担したんだろう。

お喋りが終わると、ラムゼイは「王家の部屋を調べてくる」と言って、歩き出した。
どうやら、財宝が眠るというウワサの隠し部屋を探すつもりらしい。

コチラに歩いてくるので、急いで部屋の隅にある物陰に隠れた。
そこでジッと身を潜め、ラムゼイが通り過ぎるのを待つ。
ラムゼイとは少し距離をとりつつ、後をつけて上の階の寝室へ。
〆たヤツら隠しておいて良かった・・・

例の本棚の前でゴチャゴチャ呟いているスキに、後ろから〆。
2017052209.png
印章指輪を取り返した!
2017052210.png
本棚に付いている、指輪と同じ形の窪みに指輪をあてて、ひとひねり。
すると本棚が横にスライドして、隠し部屋の入口が現れた。
コレ、ソコロフが作ったらしいっすよ。

気絶したラムゼイを担いで、隠し部屋に寝かしておく。
2017052211.png
ココは印章指輪がなければ入れない、そして出られないのだ。
指輪で入口を閉めておけば、ラムゼイは一生この部屋から出られないコトになる。
まぁ1ヶ月ぶんの食料も保管されてるから、それまでには戻ってきて逮捕、かな。

隠し部屋は、エミリーの寛ぐスペースだったのか。
簡単な作りのベッドに、酒瓶やら水タバコやら。散らかってますな。
2017052212.png
壁には諸島帝国の地図と、ダンウォールの地図が。
2017052213.png
小さい頃(前作中)に描いた絵、サミュエルが作ったらしいボートの模型も飾ってある。
棚の上には、母が残したオーディオグラフ(前作でコルヴォが聞いたヤツ)

あと、ワイマンという人物からの手紙がある。
この手紙以外にも、旅の記録(ログ)にある内容や、エミリーの独り言からすると
どうやら恋人っぽい。モーリー人みたいだけど、今作中には出てこないのかな?

隣のスペースには、大きな金庫の中に、これまた大きな金塊が。
隠し部屋にはデカイ島が買えるホドの金があるってウワサは、本当だった?
2017052214.png
大きいのはサスガに持っていけないので、手前にある小さな金塊を一つ持って行こう。

机の上に置いてあるピストルと望遠鏡を持って、いざ出発だ!

・・・と、その前に。ちょっとだけ寄り道。

隠し部屋から寝室に戻って、下の階へ。

玉座の間には、衛兵が2人。1人はウロウロしていて、もう1人は突っ立っている。

柱の陰などに隠れながら、突っ立っているヤツのスグ後ろへ。
もう1人が向こうへ歩いて行ってる間に〆→柱の陰に隠しておく。

さっきまでいた相方がいなくなったのに気づくと、もう1人が
あれ?おかしいな?みたいな反応をして、しばらく立っていた辺りを見回す。
これ、前作ではこんな動きしなかったと思う。。。いろいろ細かいなぁ。
気絶させたヤツを発見されると「警戒状態」になるんだけど、これはまだ警戒ではない。
スグに「ま、いっか」みたいな感じでウロウロしだすので、後ろを向いたスキに〆。

死屍累々の玉座の間。せっかくの、ジェサミンの追悼儀式が・・・
2017052215.png

父ちゃん、すぐ帰ってきて元に戻してやっからな・・・!
2017052216.png

玉座の間は、特にナニも無さそう。外に出る扉も鍵がかかっていて開かないし。

あとは、残りの部屋をイロイロあさって、再び隠し部屋へ。
入口をシッカリと閉めて、秘密の出口からダンウォールタワーを脱出する!
posted by 鮭 at 20:20 | Comment(2) | Dishonored2

2017年05月19日

追悼の日。

2017051901.png
ミッション1:ダンウォールの長い一日

さいきん、エミリーを批判したり敵対する者が「クラウンキラー」と呼ばれる怪物に
惨たらしく殺害されるという事件が相次いでいるようで。
2017051902.png
しかもそれは、エミリーとコルヴォが裏で糸を引いているように見せかけていて
女王の敵対者を王室護衛官が暗殺している、なんて噂が広まっているらしい。

そんななか迎えたこの日は、前女王ジェサミン・カルドウィンの命日。
追悼儀式のため、ダンウォールタワーに諸島王国のいたる所から来客が訪れていた。
2017051903.png
玉座へ腰を下ろすと、衛兵隊長のラムゼイから意外なゲストを迎えていると知らされる。
それは、サーコノス公爵のルカ・アベール。何か「特別な贈り物」を持ってきたらしい。

ちなみにサーコノスとは、ダンウォールのあるグリストル島の南にある島で
コルヴォの出身地でもあったりする(コルヴォは初のグリストル島出身でない護衛官)。
2017051904.png
見たこともない機械で動く兵士を従えてきたサーコノス公爵一行を見て、会場が騒めく。
大きな刃をジャキンジャキンといわせて歩く機械の兵士は、明らかに場違いに思えた。
これにはさすがに、コルヴォも「許可をした覚えはない」とラムゼイに確認するほど。

さらに、ルカ・アベールが持ってきたという「贈り物」が姿を現した。
贈り物とは、家族だというのだ。

デリラ登場。
2017051905.png
なんと、デリラはジェサミン・カルドウィン(前女王・エミリーの母)の姉を自称して
自分こそがこの国の正当な女王だ、とかナントカ言い出した!

こいつ・・・まだ諦めてないのか。
というか前作みたいな回りくどいコトしないで、はじめからこうしてりゃ(ry
まぁ、絵の中で必死に考えた作戦なんでしょうねコレ。

デリラは昔ダンウォールタワーで働いていたし、ソコロフの元で絵を描いていて
幼いジェサミンの遊び相手でもあった、という設定があったハズ。
エミリーはともかく、コルヴォとも初対面なんだろうか?
コルヴォがダンウォール王に仕えたのが18歳のときなので(作中の本に記載あり)
そのときジェサミンは11歳、もうデリラと遊ぶという歳ではなかったのかもしれないが
面識くらいはあったのかな?

デリラが「私こそが正当な女王です!」と高らかに宣言すると
それを合図に、いっせいに剣を抜くサーコノスの兵士たち。
エミリーとコルヴォがクラウンキラーだとして、こちらに襲い掛かってきた。
2017051906.png
つーか会場にいる一般の客まで襲われている。この場にいる全員を始末するつもりか。

数人の兵士を一瞬で倒し、デリラに詰め寄るコルヴォ。
しかし、デリラの魔法(木の根?)で、拘束されてしまった。

助けようと前に出たそのとき、横にいた衛兵隊長のラムゼイに手を掴まれた。
とっさに殴って抵抗したが、逆にラムゼイから殴られて倒れるエミリー。
コイツ裏切者か。

身動きのとれないコルヴォから、アウトサイダーの印を奪うデリラ。
2017051907.png
木の根から解放されたコルヴォは、ぐったりと倒れ込んでしまった。
コルヴォの剣も奪われ、ラムゼイの手に渡ってしまう。
2017051908.png
サーコノスの兵士たちと裏切った衛兵たちに囲まれた2人。絶体絶命・・・!

というトコロで、プレイキャラ選択。
2017051909.png
新しい魔法も使ってみたいので、今回はエミリーで。

すると、デリラの魔法によってコルヴォは石にされてしまった。
2017051910.png
デリラに飛びかかるも、どつき返されて倒れるエミリー。
あっけなく捕まり、ラムゼイに担がれて玉座の間から出されてしまう。

廊下にいたエミリー派の衛兵は、ラムゼイがコルヴォの剣を使って始末した。
2017051911.png
この女性の衛兵、エミリーも信頼していたっぽいのに。。。

ラムゼイは、エミリーの指から印章指輪を奪い、部屋に鍵をかけていった。
2017051912.png
あの印章指輪は、寝室にある隠し部屋への鍵になっている。
ラムゼイは、その隠し部屋に貯蔵されている大金を奪うつもりなのだろう。
ちなみに印章指輪は2つだけ。1つはエミリー、もう1つはコルヴォがしている。

さて。

部屋に閉じ込められたワケだが。まずはココから脱出しなければ・・・
posted by 鮭 at 14:19 | Comment(2) | Dishonored2

2017年05月15日

15年経過。

2の国内発売日が決定した、という記事をゲーム関連サイトで見かけて
それまでに前作をクリアしておこうと決意したのが、去年9月。

だがしかし。演奏会やら会社内のトラブルやらが続き
ネタのつもりでポチったミニFCの誘惑にチョイチョイ負けたせいもあって
思っていた以上に、前作のクリアに手間取ってしまいました。

発売日(去年12月)に買っておきながら、パッケージすら開けずに積んであった・・・
やっと・・・やっと・・・Dishonored2、始めます!!

開封の儀。
2017051501.jpg
最近のゲームって、なんで取扱説明書ついてないの?
アレ読むの、けっこう好きなんだけどなぁ。

ま、それはイイとして。
さっそくチョットやってみた。

2017051502.png

まず驚いたのが、ロード画面中に出てくる文章で
はっきりと「コルヴォがエミリーの父親」と書かれていたコト。
たしか前作じゃ「そんな噂がある」程度で、最後まで明らかにされなかったけど。
コルヴォは王室護衛官だったから、正式な王にはなれなかったの?他国出身だから?
その辺の詳しい設定はあるのかなぁ?

あと別な意味で驚いたのが、このダサいフォントw

↓ミッション0開始前のロード画面
2017051503.png
↓本編始まってからの「旅の記録」画面。日記風?
2017051504.png
TESの本かよ・・・

↓本やらメモやら
2017051505.png
字が小さい!ゲームプレイ中は目が疲れてるから、本とか読む気になれない。
殆どの本メモ類はスクショ撮って、あとで読むことにしたわ。

さて。

まずは、ミッション0:チュートリアルからプレイ。

前作から15年。コルヴォは、いつか敵が現れるコトを見越して
数年かけて、エミリーにステルスと戦闘技術の訓練を施していた。

ダンウォールの水辺からスタート。
2017051506.png
コルヴォを追って、走ったりジャンプしたり登ったり泳いだりする練習。
ステルスの練習では、後ろから近付いて〆たり鍵をスリ盗ったり。
2017051507.png
「静かに動いて首を絞めるんだ」
練習とはいえ、父親を〆る娘。しかも現女王。ナニやってるのこの親子・・・w
廃墟に入ってクロスボウの練習、そしてコルヴォ相手に剣の特訓。
2017051508.png
ちなみに。コルヴォの現職は「王室護衛官にして王室間諜」だそうで
もうちょっと身だしなみっつーか、その無精ヒゲはナイだろって感じもするけど
まぁ相変わらず渋いオッサンで安心しました。

というワケで、チュートリアルは終了。
いよいよ本編が始まります。
posted by 鮭 at 21:50 | Comment(6) | Dishonored2

2017年05月10日

最終章。

ギャラリーにある絵の中に飛び込んだ。ここは、虚無への入口なのか?
2017051001.png
アウトサイダーの話を聞いて、目の前の光の中へ。

虚無の空間に浮かぶ庭園のようなエリア。
広場の様子を窺うと、中央にデリラ。その周辺には像がたくさん立っている。
2017051002.png
---
ここで試しに。デリラに麻酔矢を撃ってみたら・・・
デリラ&全てのデリラ像に見つかって、フルボッコにあいましたw
安易に気絶させようなんて考えちゃダメかw
---

デリラは自分が描いたエミリーの絵を使い、エミリーと同化する儀式をするつもりだ。
本「絵の儀式」で読んだ通り、別の絵にすり替えればデリラを封じ込めるかも。。。

ってコトで、この空間で別の絵を探す。

デリラのいる広場を囲うように立っている柱の上にブリンク。
像があるが、像自体は動かないので、前方(像の目線)に入らなければ大丈夫。

そのまま奥に進むと、この虚無の空間を描いたと思われる絵を発見した。
2017051003.png

広場に戻って、柱の上からデリラの様子を見る。
エミリーが描かれた絵の、最後の仕上げをしているようだ。
2017051004.png
この儀式のために、エミリーのドレスの布を織った織り機でキャンバスを作り
エミリーの髪の毛で筆を作ったらしい。

あのドレイパーズ地区でのゴタゴタは、これが理由だったのか。
筆の材料である髪をカルドウィン家に従えていた仕立屋から奪ったってのは分かるが
キャンバスを作るために、わざわざ運河の水流を止める必要があったのだろうか?w
単純に、ハッターズの工場を襲った方が早かったんじゃないか・・・

まぁそれは置いといて。

しばらくすると絵が完成したのか、デリラは祭壇で祈りだした。
とうとう儀式が始まったらしい。はやく絵をすり替えなくては・・・
2017051005.png
よく見ると、デリラは祈りに夢中で絵の方を向いていない。チャンス!

すかさずブリンクで絵の前に移動→絵をすり替え。

儀式の最終段階、デリラは振り返って絵に呪文を投げかけた!
その瞬間、様子がおかしいコトに気が付いたが、時すでに遅し。
2017051006.png
虚無が描かれた絵に、吸い込まれるデリラ。彼女を絵に閉じ込めるコトに成功した!

---
で、リザルト。
2017051007.png
やっとのコトで、オール非致死非発見クリアしたよ(´Д⊂ヽ

ちなみに、エンディング↓

(本物の)コルヴォがアジトに辿り着き、1対1の決闘の場面。
コルヴォの一撃で剣を弾き飛ばされ、絶体絶命のダウド。
2017051008.png
そこでダウドは、素直に助けを求めた。

女王暗殺の復讐にかられるコルヴォ。
だが実は、女王を暗殺した男がエミリーを救っていたとは、コルヴォは知る由もない。
2017051009.png
女王を殺したコトは事実だが、そのことでダウドは罪の意識に苛まれていた。
それも、雄弁な言い訳に過ぎないが・・・

コルヴォは何も言わず、立ち去って行った。
2017051010.png


という感じ。カオス度が高ければ、また違う結末になっただろうな。
これ、本編でダウドを殺したor見逃したのは、関係するのかな?

まぁ何はともあれ、やっと2が出来るぜ!!
posted by 鮭 at 12:04 | Comment(2) | Dishonored(HD)

2017年05月05日

魔女の館。

地下にある遺体安置所を出て階段を上り、ブリグモア邸1階へ。

壁の陰からヴォイドゲイズで確認。
2017050501.png
玄関ホール前の広間には、犬の頭骨がゴロゴロと見えた。
上を見ると2階へ上がれそうな穴が開いているので、ブリンクで移動。

すかさずヴォイドゲイズ。すぐ後ろの崩れた通路の先に、堕落したチャームがある。
2017050502.png
崩れた部分はしゃがんで進み、チャームGET。

その先の部屋から、さらに奥の部屋へ移動。
壁に穴が開いていて、向こう側に3階へ上がれそうな天井の穴が見える。
周辺にはトリップワイヤー&犬が1匹。
2017050503.png
犬がコッチ向いてないスキに、ブリンクでワイヤーを飛び越えて3階へ。

ここはデリラのアトリエらしい。今は誰もいないようだ・・・
2017050504.png
ここもトリップワイヤーが多数あるので、1つずつ解除しながら慎重にガサ入れ。

制作途中の絵だろうか。その前には、怪しい光を放つランタンが置いてある。
2017050505.png
ランタンの横にあったデリラの日記を読むと・・・
どうやらデリラは、エミリーを操るために「絵を使って儀式をする」つもりらしい。
ランタンをギャラリーに持っていくと、儀式の行われる虚無空間へと行けるようだ。
そしてとうとう、その儀式のための絵が完成した、と書いてあった。

最終段階に入ったってワケか。おそらくデリラは今、虚無の空間にいるだろう。
とりあえず、このランタンを持ってギャラリーとやらに行けばいいのか。

アトリエを出て、崩れた通路に戻る。ちょうど魔女が1人、廊下を歩いていたんで〆。
横の部屋には、へたり込んだ監督官がいた。
2017050506.png
なんだかゴチャゴチャわめいているが・・・
「これ以上食いたいない」という監督官の横には、人骨のようなモノが。
残酷な拷問をうけたのだろう。監督官の精神はイカれてしまっていた。
---
ここで監督官に話しかけると、監督官が少し喋った後、魔女が現れて戦闘になる。
ってコトで、ロード・・・非致死&発見されないプレイの場合は注意。。。
ちなみに話しかけると、エミリーが描かれた絵を見た、みたいなコトが聞ける。
---
この部屋にボーンチャームあり。

部屋を出て廊下を右へ進んで、曲がり角でヴォイドゲイズ。
2017050507.png
先の部屋に魔女が2人。そのさらに先(上?)に、ルーンとボーンチャームが見える。
なので、ベンドタイム+麻酔矢で魔女を眠らせた。

その部屋の奥にある、天井の穴から3階へ。
2017050508.png
3階には誰もいないようだ。箱がいくつかあって、その中からルーンとチャームGET。
※箱は鍵付き。コールドリッジ刑務所で入手した「ブリグモアの鍵」が必要。

あと「絵の儀式」という本を発見。
操る対象が描かれた絵を、祭壇の上に飾るとかナントカ書いてある。
最後に注意書きとして、絵を間違えると儀式の遂行者が捕らわれるかも、だそうで。
うまく絵をスリ替えれば、デリラを閉じ込めることが出来るかも?

これで、取れそうなルーンとボーンチャームは全部GETしたか。

2階に戻って、廊下をグルっと移動して、ギャラリー方面へ。

魔女が1人いるので〆。床に開いた大穴を見下ろすと、下には魔女が3人。
しかしよく見ると、大穴の向こう・・・植物に隠れて見えづらいが、入口がある?
2017050509.png
ってコトで、ブリンクで移動。
2017050510.png

まずは真っ暗な狭い部屋。床に大穴が開いている。
その穴を飛び越え、隣の部屋へ。

いくつもトラップが仕掛けられているので、ヴォイドゲイズで確認しつつ慎重に進む。
2017050511.png

すると、吹き抜けの広い部屋に出た。どうやらココがギャラリーのようだ。
2017050512.png
魔女が2人いるので、ベンドタイム+麻酔矢で始末。
2017050513.png
ひときわ大きな無地のキャンバスに、例のランタンで光を照らすと・・・
2017050514.png
不思議な絵が浮かび上がってきた。意を決して、絵の中に飛び込む。
posted by 鮭 at 19:04 | Comment(2) | Dishonored(HD)

2017年05月03日

像の意味。

買収した魔女から、墓地に地下室への入口があるという話を聞いた。
先ほど拾った「重たいレバー」を使えば、その入口が開くという。

それはともかく、まずは裏庭を探索。

小屋(倉庫?)から、なるべく噴水には近づかないように、庭の隅を進みつつ奥へ。
2017050301.png
ちょっとした滝があった。滝つぼの水中に、腐った死体が。
コイツが泥棒執事(恩恵)か?やはり逃げきれなかったか・・・
死体の横に「正面玄関の鍵」が落ちていた。鍵GET。

監視命令書に「鍵を持ったイザベルが裏庭に」みたいなコトが書かれていたが
そっちはムシしても良さそうだな。正面玄関を使うかどうかは分からんが。。。

それは置いといて。そのまま、滝の横からのびる坂道を上っていく。

坂道の途中から見える東屋に、デリラの像があった。ちょっと見てみるか・・・
2017050302.png
その周辺には犬を連れた魔女が巡回しているので、注意しつつデリラの像の前へ。

また話しかけてみよう・・・と思ったら、今度は「見つけた!」とか言って
魔女は飛んでくるわ犬が出るわ、もうフルボッコですよ・・・はい、ロード。

このミッションは、デリラの像に見つかるとダメらしい。やり直し多くて凹む。。。

気を取り直して。

坂を上りきった先に、ボーンチャームあり。
が、近づくと魔女が突然現れた!とっさに麻酔矢を一発。たぶん見られてない。

・・・麻酔矢が勿体なかったかな。ベンドタイムして〆ればよかった。

まぁいい。

そこから邸宅の方を見ると、入れそうな窓が。
2017050303.png
ブリンクで侵入。反対側の窓際で、魔女2人がお喋り中。
周りを見ると、天井に穴が開いているので、そこから屋根裏部屋へ。
2017050304.png
部屋の隅にはポツンと箱があり、その前にグラニーのメモが落ちていた。
またか・・・今度は、貝を3つ割って真珠を盗め、蛇口をひねってソレを飲め、だと。
真珠は、すでに3つ以上は採取しているので、あとは水を飲むだけか?

まぁそれは置いといて。正面の庭側の窓から、温室へ。
2017050305.png
この温室の向こうに墓地がある・・・
が、やはり魔女と犬がウロウロしていて、スニークで突破するのはムリそうだ。

屋根裏部屋に戻り、下の階の魔女2人はベンドタイム+麻酔矢で片付けて、裏庭へ。
来た道を逆にたどって、重たいレバーを拾った倉庫へ。

そこの蛇口で水を飲むと・・・
2017050306.png
やっぱりルーンが出現。ホントこれ、どういう仕組みなんだ。。。

倉庫の屋上から邸宅の方を見上げると、ブリンクで行けそうなテラス発見。
2017050307.png
テラスでは魔女が2人お喋り中。すかさずベンドタイム+麻酔矢で眠らせる。
2017050308.png
目の前の窓から入った部屋に、堕落したチャームあり。

そのまま正面の庭の方へ行けるが、邸宅内には入れず・・・ここもダメだ。
素直に、いちばん初めに見たフェンスの外から、墓地に侵入するのが手っ取り早いか。

ってコトで、けっきょく庭の隅っこを移動して、フェンスの穴から外へ出た。
監視命令書があった小屋周辺の魔女が復活していたので、また〆て小屋の中へw

墓地のフェンスが開いているトコロから、秘密の入口の位置を確認。犬だらけ。
一つだけ壁で囲まれている墓が例の入口だ。ベンドタイム→ブリンクで素早く移動。
2017050309.png
壁のスイッチにレバーを装着、スイッチON。
すると墓石が動いて地下への入口が開くので、すかさず中へ飛び込む。
2017050310.png

ここはブリグモア邸の地下にある、遺体安置所らしい。
2017050311.png
ヴォイドゲイズで見ると、デリラの像があって、その前にボーンチャームが。
このデリラの像は、自らの手で目を覆っている。見ざる?
庭にあった像とは違って、前に来ても大丈夫みたいだが・・・
2017050312.png
近づくと、「ダウド・・・」と囁くデリラ(像)。
しかし何も起こらないので、ボーンチャームに手を伸ばす・・・

するとイキナリ「キャー」みたいな効果音がして、デリラ(像)の姿も↓
2017050313.png
え・・・ナニコレw

襲ってこない?驚かすだけ?邸宅に侵入したのがバレた??
バグ・・・じゃないよな(´Д`;

まぁいい。デリラ像は放っておいて、上の階へ進むとしよう。。。
posted by 鮭 at 11:55 | Comment(2) | Dishonored(HD)