2017年05月22日

脱出。

デリラとルカ・アベールによって、ダンウォールタワーが占拠された。
コルヴォは石像にされ、エミリーは王宮の一室に閉じ込められてしまったが・・・
2017052201.png
ここは、エミリーの部屋だろうか?
2017052202.png
壁にはハウンドピッツ・パブの絵が飾ってあったり
捕鯨船の模型が飾ってあったリ、けっこう見て回るのも楽しい。

が、今はそれどころじゃナイんだった。
とりあえず、その辺に置いてあった果物を食べて体力回復。

部屋をグルっと見回すと、机の後ろの窓が開いてるじゃないか。
2017052203.png
窓の下には、歩けそうなデッパリがある。行けそうか?

目の前に見えるのはレンヘイブン川。前作では、この川を何往復したコトか・・・
2017052204.png
中央右手寄りに見えるのがカルドウィン橋ですね(前作でソコロフを誘拐した橋)

この窓からは配管が邪魔して移動できそうにないので、他の窓を開けて隣の部屋へ。

ここは寝室か。
2017052205.png
部屋の入口で、アレクシ(ラムゼイに刺された女性衛兵)が壁にもたれかかっていた。
2017052206.png
波止場にいる船長が、コルヴォに危機を知らせたいと言っていたらしい。
隠し部屋を通ってダンウォールタワーから脱出して、波止場でその船長に会い
ダンウォールから逃げるように告げると、アレクシは息絶えた。
その手には、コルヴォの剣が。ありがとう、アレクシ(´Д⊂ヽ

アレクシの傍らには、船長から預かったと思われる手紙があった。

手紙には、どうしてもコルヴォに直接会って伝えなくてはならない伝言を預かっている
アントン・ソコロフの関係者と書いてあるが・・・
ドレッドフル・ウェールという船のミーガン・フォスターという人物のようだ。

隠し部屋は、この寝室にある本棚が入口になっている。
まずは、その鍵となる「印章指輪」を、ラムゼイから取り戻さなければならない。

隣の廊下には、衛兵が1人。
壁の陰から覗き込んで様子を見ると、ちょうど背中を向けてイップク中。
2017052207.png
なので、サラっと〆。

コイツが持っている鍵でエミリーの部屋(閉じ込められていた部屋)を開け
念のためココに寝かして、扉を閉めておく。〆たら隠すのが基本。

隣の部屋から下の階におりて、先に進むと、また衛兵が1人。
背中を向けたときに〆→担いで上の階に運び、またエミリーの部屋へw

その奥のガラスの扉を開けると、玉座の間。
2017052208.png
ラムゼイ発見。衛兵2人とお話中。

かつてラムゼイ家は、モーリー(グリストルの北にある島)を治めていたらしい。
そういえば、「父親のせいで没落した」みたいなコトをグチってたなぁ。
大方、高い地位をやるとか旨いコト言われて、サーコノス公爵側に加担したんだろう。

お喋りが終わると、ラムゼイは「王家の部屋を調べてくる」と言って、歩き出した。
どうやら、財宝が眠るというウワサの隠し部屋を探すつもりらしい。

コチラに歩いてくるので、急いで部屋の隅にある物陰に隠れた。
そこでジッと身を潜め、ラムゼイが通り過ぎるのを待つ。
ラムゼイとは少し距離をとりつつ、後をつけて上の階の寝室へ。
〆たヤツら隠しておいて良かった・・・

例の本棚の前でゴチャゴチャ呟いているスキに、後ろから〆。
2017052209.png
印章指輪を取り返した!
2017052210.png
本棚に付いている、指輪と同じ形の窪みに指輪をあてて、ひとひねり。
すると本棚が横にスライドして、隠し部屋の入口が現れた。
コレ、ソコロフが作ったらしいっすよ。

気絶したラムゼイを担いで、隠し部屋に寝かしておく。
2017052211.png
ココは印章指輪がなければ入れない、そして出られないのだ。
指輪で入口を閉めておけば、ラムゼイは一生この部屋から出られないコトになる。
まぁ1ヶ月ぶんの食料も保管されてるから、それまでには戻ってきて逮捕、かな。

隠し部屋は、エミリーの寛ぐスペースだったのか。
簡単な作りのベッドに、酒瓶やら水タバコやら。散らかってますな。
2017052212.png
壁には諸島帝国の地図と、ダンウォールの地図が。
2017052213.png
小さい頃(前作中)に描いた絵、サミュエルが作ったらしいボートの模型も飾ってある。
棚の上には、母が残したオーディオグラフ(前作でコルヴォが聞いたヤツ)

あと、ワイマンという人物からの手紙がある。
この手紙以外にも、旅の記録(ログ)にある内容や、エミリーの独り言からすると
どうやら恋人っぽい。モーリー人みたいだけど、今作中には出てこないのかな?

隣のスペースには、大きな金庫の中に、これまた大きな金塊が。
隠し部屋にはデカイ島が買えるホドの金があるってウワサは、本当だった?
2017052214.png
大きいのはサスガに持っていけないので、手前にある小さな金塊を一つ持って行こう。

机の上に置いてあるピストルと望遠鏡を持って、いざ出発だ!

・・・と、その前に。ちょっとだけ寄り道。

隠し部屋から寝室に戻って、下の階へ。

玉座の間には、衛兵が2人。1人はウロウロしていて、もう1人は突っ立っている。

柱の陰などに隠れながら、突っ立っているヤツのスグ後ろへ。
もう1人が向こうへ歩いて行ってる間に〆→柱の陰に隠しておく。

さっきまでいた相方がいなくなったのに気づくと、もう1人が
あれ?おかしいな?みたいな反応をして、しばらく立っていた辺りを見回す。
これ、前作ではこんな動きしなかったと思う。。。いろいろ細かいなぁ。
気絶させたヤツを発見されると「警戒状態」になるんだけど、これはまだ警戒ではない。
スグに「ま、いっか」みたいな感じでウロウロしだすので、後ろを向いたスキに〆。

死屍累々の玉座の間。せっかくの、ジェサミンの追悼儀式が・・・
2017052215.png

父ちゃん、すぐ帰ってきて元に戻してやっからな・・・!
2017052216.png

玉座の間は、特にナニも無さそう。外に出る扉も鍵がかかっていて開かないし。

あとは、残りの部屋をイロイロあさって、再び隠し部屋へ。
入口をシッカリと閉めて、秘密の出口からダンウォールタワーを脱出する!
posted by 鮭 at 20:20 | Comment(2) | Dishonored2
この記事へのコメント
なんか、エミリーも大人になったのね〜と色々な事で感じますね( 'ω')
恋人?なんか作っちゃうなんて…

父ちゃん許しません!
Posted by 名無し at 2017年05月23日 12:19
手紙を読んだとき、まったく同じことを思いましたw
Posted by 鮭 at 2017年05月24日 11:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。