2012年01月31日

秘密組織。

コンニチワ、ハラミです。
12013101.jpg
ホワイトランの広場にて、ひといき。
12013102.jpg
日中タロス像の前で、ずーーっとタロス愛を説いているキチg・・司祭様?の演説を
こうやって向かいのベンチに座って聞くのが、ひそかなマイブームです。

帝国とサルモールによる白金協定で、タロス崇拝が禁止されている昨今
いちおう帝国寄りなホワイトランで日々声をからしてタロスタロスと叫び続ける
このオジサンの身の上が心配です。

オジサンがんばれ。真のノルドはタロスを崇拝するよ!(心の中で)

てワケで。

やっとリバーウッドに到着。戻ってきたよー。
12013103.jpg
さっそく友からの手紙にあった合言葉を、宿の女将さんに言ったところ
地下の隠し部屋に通してくれました・・・って、「友」って女将さんだったの!?
12013104.jpg
スカイリムでは、隠し部屋の入口はタンスっていう決まりでもあるんですか。

12013105.jpg
このお方、「宿の女将」とは世を忍ぶ仮の姿、実はある組織の生残りなんだとか。
どーりで。小さな村の宿屋の女将にしては、ムダに眼光鋭いと思ったんです。

女将さん曰く。
いま、スカイリムの各地にある、ドラゴンが埋葬されているという古墳から
次々と太古のドラゴンが復活しているらしいのです。
それで、ハラミが本当にドラゴンボーンなのか確かめたいんだとかナントカ。

「ドラゴンストーン」の裏にあったドラゴンの埋葬地の図から
次にドラゴンが復活するであろう場所を特定した、と言うのです。

これがドラゴンストーン裏の写し。
12013106.jpg
って、アレ?
ドラゴンストーンって、ホワイトランの王宮魔術師に渡したハズなんだけど・・・
裏で繋がってるのコノ人たち?

まぁいいです。

とにかく一時の猶予もないってんで
次にドラゴンが復活するであろう場所へ、女将さんと一緒に向かいます。
12013107.jpg
女将さんも戦闘モードです。女将さん、背が低いです。ブレトン?
posted by 鮭 at 13:12 | Comment(4) | TESV:ハラミ
この記事へのコメント
ずっと気になってたんですが、ハラミってやっぱり”あの”ハラミなんでしょおうか?
Posted by ゆみ♪ at 2012年01月31日 17:13
焼鮭のハラミって呼んでください(^^)
Posted by 鮭 at 2012年02月02日 09:59
あ・・・因みにドラゴンストーン渡す時に実はデルフィンさん魔術師の横にいたんどよね( ̄▽ ̄;)
だから二人は繋がってますです。
Posted by 海鮮 at 2012年02月07日 18:09
マジすか!?
ぜんぜん気がつかなかったw
バルグルーフと自分しかいなかったと思うけどなぁ・・・
Posted by 鮭 at 2012年02月08日 10:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。