2012年04月11日

クピードー。

コンニチワ、愛の使徒ハラミです。
12041101.jpg

パーサー爺から「星霜の書を探せ」と言われましたが、見当もつかないので
本のコトなら何でも御座れな、魔法大学の図書館長に相談することにしました。
大学のあるウインターホールドは、これまたチョット遠い・・・ってコトで
ハイフロスガーからリフテンまで歩いて、そこから馬車に乗る予定だったんです。

でもせっかくだから、有名なマーラの聖堂でも見学して行くかーって思って。
ついでにマーラ様の慈愛も受けられたらなーなんて。
司祭さまに話したら、各地の迷える子羊を導く大任を承ったのでゴザイマス。
マーラ様は、愛を司る神様なのですよ。

ってワケで。一人目の子羊ちゃんは、この方。
12041102.jpg
イヴァルステッドのファストレッドさん。

バシアヌス氏と結婚してリフテンへ移住したいけど、親が許してくれないらしい。
なるほど。彼女が無事に結婚できるように、ご両親を説得すれば良いのですね。

さっそくお父上に、なぜ娘の結婚に反対するのか聞いてみました。
曰く、バシアヌス氏は頼りないし、移住なんかされたら村が余計に廃れるから、と。
それに、つい最近まで彼女はクリメク氏に夢中だったんだそうです。
だからきっとバシアヌス氏への気持ちも、一時的なモノなのだろうと言います。
うーん。ファストレッドさん、けっこう移り気っぽい?

そしてお母上に話を聞くと、こちらは娘の好きなようにさせてあげたい、と。
なんなら、お父上にはナイショで、駆け落ちの手助けもしてくれるそうです。

ふむふむ。後は本人たちの、ホンキ度次第ってワケですね。

というコトで、オトコふたりに話を聞いてみました。
12041103.jpg
左がバシアヌス氏。たしかにイケメン(風)です。
でも、「話がツマラン」とか、なんかぞんざいな受け答えでヤな感じー。
かわって右のクリメク氏は、ファストレッドさんにフラれたと落ち込んでる様子。
それもイキナリ素気なくなったそうで、彼女の気持ちが分からないと悩んでいました。

クリメクさんって、わざわざ七千階段を登ってハイフロスガーに食料とかを届ける
ボランティアを続けているんですよね。エライ人じゃないですか。
ハラミは、あんな雰囲気イケメンより、実直なクリメク氏を応援したいです。

こんな川辺でウジウジしてないで、彼女にバーンと告白して来い!と発破をかけると
そうだな!と言って、ファストレッドさんの所まで走って行ったクリメク氏。

そして、みごと告白が成功しました!
12041104.jpg
どうやらファストレッドさんは、クリメク氏がいつも川ばかり見ているので
魚釣りのコトしか頭にないのかとチョット不満に思っていたようです。

よかったよかった。
クリメクさん、これからは山と川だけじゃなく、彼女のコトもマメに気にしてあげてね。

さて次の子羊ちゃんは、マルカルスのドゥーマー研究者カルセルモさん。
12041105.jpg
ドゥーマー研究一筋で、ちょっと変わり者のオジイチャンです。

爺は、ファリーンという女性にゾッコンラヴなんだそうです(年寄り風に言ってみた)
お近づきになりたいけど、何を喋ってイイのやら分からないとお悩み中。
マルカルスでは指折りのモテ男だというイングヴァーさんだったら
もしかしたら、ファリーンさんの好みを知っているかも・・・ってコトで、聞いてみました。

この方が「歌い人のイングヴァー」さん。おもっきし脳筋みたいな風貌ですけど。
12041106.jpg
ていうかイングヴァーさん、顔黒すぎじゃないですか?

まぁそれはトモカク、イングヴァーさんによると、ファリーンさんは強気な女性だけど
ああ見えて詩が好きなんだよ、と教えてくれました。
実はカルセルモさんが・・・とチクr・事情を話すと、詩を作ってくれました(有料で)

 恋人の心は感覚のない石
 視界の下の氷に隠れてる。
 「そこではない」と誰かが言い
 「でもそこかも」と誰かがささやく。・・・

・・・と、つらつらと恋心を詠んだ詩です。
とてもこんなイデタチの男が書いたとは思えない、かなりムズガユイ感じの詩です。
いや、褒めてるんですよ。ホントに。

これをカルセルモさんに詠ませても、トチって上手くいかないだろうというコトで
ハラミが直接ファリーンさんに渡しに行きました。

こちらがカルセルモ爺がゾッコンのファリーンさん。
12041107.jpg
なんか怖そう。。。首長の私兵で、警護をされている方です。

さっそく例の詩を「カルセルモさんから」と言って渡しました。
はじめは「あの変人ジジイ」みたいに言っていたファリーンさんですが
詩を読んだら一変、急に恋するオトメに。
かなり詩を気に入ったようで、カルセルモさんに宛てたお返事の手紙を頂きました。

 最愛なるカルセルモ (中略) あ な た の ファリーンより

おおお。これはもう脈アリまくりです!
カルセルモさんに手紙を渡すと、喜んでファリーンさんの元へ走っていきました。
12041108.jpg
首長の面前でラブラブになったお二人。
カルセルモ爺、良かったね!

でも、あの詩を作ったのが別人だったってバレたら、どーなるんだろう・・・
とても普段からあんな会話が出来るとは思えないんだけど。
が、がんばれ。カルセルモ爺ちゃん。。。

さてさて。次の子羊ちゃんは・・・??

マーラのアミュレットをして、あの記念碑あたりに行けって言われたんですが・・・
12041109.jpg
記念碑の近くに、女性の幽霊が立っていました。
12041110.jpg
彼女は、この辺りでダンナのいる軍隊が皆殺しにあったという情報を聞いて
心配になって探しに来たと言うのです。
周りの死体を全て見たけど、ダンナがいない、と。

その話は100年も前の出来事で、もちろん今は、周りに死体などありません。
ここの碑は、その戦争の犠牲者を悼んで立てられたモノなのでしょう。
幽霊さんは100年もの間、ダンナさんを探して彷徨っていたようです。

可哀想なので、ハラミがダンナさんを探して連れてきます!
マーラ様のお力を借りれば、きっとスグに見つかります!!

ってワケで、近くで彷徨っているダンナ(の霊)を発見。

二人は再会を喜び、そのまま天に召されていきました。
12041111.jpg
よかったよかった。ナムナム。

3組のカップルを導いたご褒美として、魔法耐性の力を授かりました。
脳筋特攻スタイルなので、かなり助かります!
マーラ様、ありがとう!!
posted by 鮭 at 10:57 | Comment(2) | TESV:ハラミ
この記事へのコメント
愛の使途様、私にはとても気になる人がいます。
いますぐ結婚したいぐらいなんですが、その人は色々な障害によって結婚出来ません。

でも諦めきれません。
どうすればこの恋は実るのでしょうか、教えて下さい愛の使途様!!

ちなみに相手はマルカルス1の美女です(´・ω・`)
Posted by 海鮮 at 2012年04月14日 14:36
ほいほい( ^ω^)つ[死の従者]
Posted by 鮭 at 2012年04月17日 10:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。