2012年11月02日

解読の鍵。

イクラです。
12110201.jpg
はずみでウインターホールド大学に入学。
大学のウィザードを務めるエンシルを訪ねてきたのだが
構内をくまなく探したのに見当たらず・・・と思ったら、町中の酒場にいた。

同族ボズマーだ。よろしくな。
12110202.jpg
カーリアから頼まれたというと、すぐに察してくれたようだ。
ガルスの日記を見せ、なんとかして解読できないか聞いてみた。

エンシルによると、この日記は暗号ではなくファルメル語で書かれているらしい。
ファルメルというと・・・あの、ドゥーマーの遺跡や地下にいる、あいつらか。
目が見えないらしいが、字はあるんだな・・・

いずれにしても、このままでは解読はできない。
しかし、マルカルスにいるドゥーマー研究で有名なカルセルモだったら
ファルメル語を翻訳するのに必要な資料を持っているかもしれない、と言われ
今度はマルカルスへ。

実は、カルセルモとは少し面識があった。というか、貸しがあるのだ。
久しぶりだな、カルセルモ爺さん。ファルメル語について教えてくれ。
12110203.jpg
「とんでもない!」と、怒られてしまった。
近いうちに、ファルメルの研究成果を本にまとめて出版するつもりらしい。
長年の苦労の結晶を、タダで教えるわけにはいかない、か。ま、そりゃそうだ。

おだてても金をつんでも、カルセルモは首を縦にふらない。

しかし、私には大きな借りがあるんじゃないかな?
爺さんの無謀な恋が成就したのは、いったい誰のおかげかな?

そう問いただすと、ドゥーマー博物館の見学だけなら、と鍵をくれた。

博物館内は衛兵が目を光らせているが、こちらはカルセルモの許可を得ている。

ふむふむ。ここがドゥーマー博物館か。
12110204.jpg
なにげに服がエンシルとお揃いになってしまったが、特に意味はない。
とりあえず、ここにはファルメル関連の資料はないようだ。

・・・カルセルモには悪いが、この先の研究所に忍び込んでみるか。

ここから先は不法侵入なので、とうぜん堂々としているわけにはいかない。
12110205.jpg
研究所内は、マルカルスの衛兵ではなく、カルセルモの傭兵が警備をしていた。
なるべくなら死傷者を出さずに事を進めたい・・・隠密で進み、警備をすり抜ける。

ファルメルの研究とは関係がなさそうだが、面白そうな物を見つけた。
この杖を使うと、ドゥーマー製の機械クモを制御できるらしい。
12110206.jpg
こりゃ面白い・・・と少しばかり遊んでいたら、傭兵に敵対反応をみせる機械クモ。
物陰で見守っていたら、数人の傭兵を片付けて自らも爆発・・・あぁ貴重なクモが。

うむ。ちょっとした機械の暴走による事故だ。

さらに、研究所内の所々に設置された赤いハンドル。
12110207.jpg
いかにも「回してくれ」といわんばかり。で、回してみた。
すると、向こうから悲鳴が・・・

大きな刃が回転する罠が発動したり、何かが爆発したり、炎が噴射されたり。
12110208.jpg
その場にいた傭兵たちは、ほぼ全滅してしまった。不幸な事故だった・・・

すっかり静まり返った研究所を出て、バルコニーを通り抜けてカルセルモの塔へ。
ここは、カルセルモの自室なのか?正面に、大きな石版が見えた。
12110209.jpg
どうやらこの石版がファルメル語の翻訳に使えそうだ。
しかしいくらなんでも、こんな大きな石版は盗めない。
そこで、近くにあった紙と木炭を使って「石版の写し」を取り、持ってゆくことに。

写し終え、いざ帰ろうとしたそのとき、数人の傭兵たちが部屋に入ってきた。
12110210.jpg
正面を抜けるのは難しそうだが、通路の上に通れそうな足場があったので
そこへ飛び移り、傭兵の目を盗んで一気に出入り口へ。
塔を出てバルコニーの横から滝壺へ飛び込み、研究所から脱出した。

ウインターホールドに戻ると、カーリアも丁度きていた。
12110211.jpg
さっそく石版の写しを参考にして、ガルスの日記を解読するエンシル。

日記には、メルセルがギルドの金庫から資金を持ち出していた事と
「黄昏の墓所」を汚した疑惑について書かれていた。

カーリアいわく、「黄昏の墓所」はノクターナルの聖堂らしい。
ノクターナルは夜の女王とも呼ばれるデイドラロードだが、詳しくは知らん。
ナイチンゲールは命に代えても、黄昏の墓所を守る誓いを立てているとか。
メルセルはノクターナルへの誓いを破り、その墓所を荒らした、というわけか?

カーリアは、それ以上のことは教えてくれなかった。
ナイチンゲールとして、墓所に関わる秘密を守る誓いを立てているからだ、と。
しかし今は、信じてほしいという。

カーリアは先にリフテンに戻り、メルセルの企みを調べてみるようだ。
ラグド・フラゴンで落ち合うことにして、いったん別れた。

ギルドでは、カーリアは裏切り者として知られている。
彼女と行動を共にすることで、ギルドとも対立してしまうかも知れない。
ブリニョルフたちが、こちらの証言を信じてくれれば良いのだが・・・
posted by 鮭 at 14:47 | Comment(0) | TESV:イクラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。