2012年11月30日

最終決戦。

イクラです。
12113001.jpg
顔が見えないが、間違いなくイクラです。

イルクンサンドに現地集合ということで、やってきたわけだが・・・
12113002.jpg
山賊どもがいただけで、カーリアたちはいないな。遺跡の中か?

とりあえず遺跡に入ると、そこに住み着いていたと思われる山賊どもの死体が。
12113003.jpg
カーリアたちがやったのだろうか?それともメルセルか。

そのまま進むと、カーリアとブリニョルフがいた。集合場所はここだったか。
12113004.jpg
それから先も、広いドゥーマーの遺跡が続く。
所々にメルセルが通った形跡があった。我々を挑発しているようだ。
12113005.jpg
奥に進むにつれ、ファルメルどもがウヨウヨと出てきたが
ここは無駄に戦わず、隠密で通り過ぎた。音さえ立てなければ、楽勝だ。

長い長い道のりを経て、ようやく最奥の空間に出た。
目の前に、大きな像がある。
これは、ファルメルがスノーエルフだった頃の像だろうか。
今はモンスターのような姿のファルメルだが、昔は理知的な種族だったのだな。
12113006.jpg
よく見ると、顔のあたりに人が立っている。メルセルだ。

スノーエルフ像の目にはめられた宝石「ファルメルの目」を取り
さらにこちらを挑発してきた。
12113007.jpg
話をしても埒があかない。とうとうメルセルと刃を交えることになった。

※メルセル戦から脱出まで、かなり焦っていたので写真が撮れず※

やつは魔法でブリニョルフを錯乱させたり、透明化して襲い掛かってきたり
さすがに手強かったが、なんとか、ガルスの剣を使って倒すことができた。

ところがその直後、洞窟の天井から水が流れ込んできた。
ここは湖の下だったのだ。

どんどん水位が上がってゆく。
我々が入ってきた入口は外側が崩れたようで、扉が開かなくなっていた。

とにかく急いで出口を探さなくてはならない。
メルセルの死体から「ファルメルの目」と「不壊のピック」を取り戻し
像に登って、どこかに隠し扉とかレバーがないか、とにかく探す!探す!探す!
しかし水位の上昇が速く、あっという間に天井まで水で満たされてしまった!

それでもしばらくはウロウロと泳いでいたが、もう息がもたない・・・
万事休す・・・と思った瞬間、目の前を黒い人影が横切った。
カーリアかブリニョルフが、何処かに向かって泳いでいたのだ。
とりあえず後に続くと、天井に穴が開いていて、そこから脱出ができた。
あ、あぶない、あぶない・・・

さて。

ガルスの敵を討ち、しばし呆然とするカーリア。
彼女とガルスは相棒であり、恋仲でもあったという。
そのガルス殺害の濡れ衣をきせられ、ギルドから追われる身となり
何年もの間、つらい思いをしてきたことだろう。それが今、終わったのだ。

しかし、もうひとつ。我々には、やらなければならないことが残っている。
この「不壊のピック」を、ノクターナルの聖堂に戻さなければならないのだ。

さ、感傷に浸っているところ悪いんだが、不壊のピックを戻しに行こうか。

ところがカーリアは、恋に現を抜かし不壊のピックを盗まれたという自責の念から
ピックが元の場所に戻されるまで、聖堂の敷居をまたぐつもりはないという。
12113008.jpg
いや、そこは責任を持って、自分が返しに行くべきでは・・・

そしてブリニョルフは、ギルドを留守にできないと、アジトへ帰っていった。

うむ。まぁ薄々予感はあったが、聖堂には私ひとりで行くとするか。
posted by 鮭 at 13:00 | Comment(0) | TESV:イクラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。