2012年12月05日

奪還の依頼。

イクラです。
12120501.jpg
またまた大口の仕事が入ったというので、マルカルスに来ています。

依頼者は、酒場で飲んだくれていた。
12120502.jpg
銀細工職人のエンドンだ。

キャラバンが山賊に襲われて、特別に発注していた金型が盗まれてしまったという。
首長や執政に頼んだが、今は人手が足らないと断られてしまったらしい。
そんな時、盗賊ギルド暗躍の噂を聞きつけたというのだ。

金型を取り返してくれたら、盗賊ギルドとの取引きを始めても良いという。

・・・て、けっこう周りに人がいるが、こんな話をしていて大丈夫なのか?
12120503.jpg

まぁいい。要件は把握した。
その山賊のアジトは、ファルクリースのパインウォッチにあるらしい。

で、到着。
12120504.jpg
一見、ふつうの民家だが・・・

まずは、しばらく家の周りを偵察。
12120505.jpg
・・・人の出入りはないようだ。

扉の鍵をピッキングで開けて、家の中に侵入した。

すると、鍋をかき混ぜている住人らしき男と鉢合わせてしまった。
12120506.jpg
お、おはようございます。。。

とりあえず、こちらを襲ってくる様子もないので話を聞いてみた。

はじめは「自分は貧しい木こりで、金型なんて知らない」と白を切っていたが
ちょろっと金を掴ませると・・・
「壁に変なボタンがあるんだが、いったい何だろう?」などと、わざとらしく呟くと
木こりの仕事は当分休むんだと言って、出かけてしまった。
どうも彼はアジトの見張りだったようだが、なかなか賢明な判断をしたようだな。

男の言うとおりに壁を探すと、怪しげなボタンを発見した。
12120507.jpg
ボタンを押すと横の棚が動いて、その後ろから洞窟へと続く通路が現れた。

ここが山賊のアジトになっているようだ。
12120508.jpg
まさか一見民家の地下に、こんなに広い空間があるなんてな。
アジトには当然、山賊たちがうろついている。
隠密で横をすり抜けるか、弓で確実に仕留めながら進む。

そして奥にいる山賊長から鍵を奪い、無事に宝の保管部屋から金型を回収した。
12120509.jpg
マルカルスの酒場に戻り、エンドンへ金型を渡した。これにて任務完了だ。
今後、エンドンは盗品の買取もしてくれるという。
相変わらず周りに人がいたが、こんな話をして大丈夫なのだろうか。。。

盗賊ギルドのアジトに帰ると、またフラゴンに新しい店がオープンしていた。

錬金素材屋だ。
12120510.jpg
店主は、なにやら独り言を喋りながら、毒作りに熱中していた。
あまり不用意に近づかないほうが良いだろうか・・・
posted by 鮭 at 11:58 | Comment(0) | TESV:イクラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。