2012年12月14日

影の女王。

イクラです。
12121401.jpg
第四の試練。迂回路でも、過去の影が見張っている。
彼らに見つからないよう、隠密で通り抜けた。

そして最後の試練。
「旅は終わり、女帝の抱擁が倒れし者を待つ。ためらわずに永遠の信仰を贈れ」
12121402.jpg
通路の最奥には深い縦穴があり、道はそこで途切れていた。
12121403.jpg
これは、ここに飛び込め、ということなのか?
日記にあった言葉のとおり、ためらうことなく飛び降りる。

底に着地した(少々痛かった)が、目の前に骨が転がっているだけで
通り抜けられそうな横穴も扉も見当たらなかった。八方塞か。
骨の人も、ここで助けを待っていたようだが、まぁ、ダメだったようだな。

抜け道を探そうと立ち上がったそのとき
急に、不壊のピックが何かに反応しだした。
何事かと思う間もなく、縦穴の底が割れ、さらに落下し・・・

気がつくと、青い光に包まれた、不思議な空間に立っていた。
12121404.jpg
足元には鍵穴のようなものがある。
どうやらこれが、エボンメアの扉を開く鍵穴のようだ。

不壊のピックを差し込むと、突然まばゆい光と黒い鳥の影が飛び出し
12121405.jpg
ついにノクターナル本人が現れた。
12121406.jpg
おぉ・・・えr・・いや、お美しい・・・
ピックが返ったので、ノクターナルの使徒として力を授けてくれるらしい。

ひととおり語り終えノクターナルが姿を消すと、今度はカーリアが現れた。
12121407.jpg
どうやら、エボンメアが開いたことにより、墓所との入口も開いたようだ。
12121408.jpg
使徒の力を説明してくれるカーリア。なるほど、よく分からん。

さらにガルスの霊も現れた。
彼は、ノクターナルの領界「エバーグローム」へと呼ばれているらしい。
そうなれば、もうムンダスに現れることもなくなるのだろうか。
12121409.jpg
最後の言葉を交わすガルスとカーリア。
そうして彼の霊は、姿を消した。

盗賊ギルドのアジトに帰ると、ブリニョルフは忙しそうにしていた。
ノクターナルの恩恵も戻り、これからギルドの仕事はさらに捗るだろう。
12121410.jpg
アジトには、さっそくノクターナルの祠も建っていた。


ひとまず、盗賊ギルド衰退の危機は去った。
しかしまだ、ギルドを再建させるという大仕事が残っている。
まずは小さな仕事を、コツコツと積み重ねていこう。
posted by 鮭 at 12:49 | Comment(0) | TESV:イクラ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。