2013年10月02日

因縁の対決。

コンニチワ、ハラミです。
13100201.jpg
スコール村にきました。

まずは、鍛冶屋のオッサンにスタルリムの鉱脈の地図を返却。
13100202.jpg
お礼にスタルリム鍛造の秘術を教えてくれるって。
それに、スタルリムの鉱石を持ってきたら、何か作ってくれるそうです。

嬉しいけど、ハラミ、今それどころじゃナイんです。
またあとでお願いしますね。

そしたら今度は、いきなりハゲた爺さんに話しかけられました。
13100203.jpg
「鍛冶屋の人をハラミが助けた」って、村の誰かから聞いたらしく
爺さんも、何かハラミに手伝ってホシイみたいです。

爺さんは、シロディールから来た研究者かナンカなんだそうで
この辺りで見つけた遺跡を調べるのに、ついてきてくれって話でした。

面白そうなんですけど、ハラミ、今それどころじゃ(ry
まぁ、気が向いたら行きますね・・・爺さんとは現地で落ち合うコトに。

村長さんの屋敷で、ロープやら防寒具やら、とブツブツ言いながら
イロイロと準備に時間が掛かっている様子の爺さん。
13100204.jpg
いつになったら遺跡に出発するのやら。

ってコトで、ストルンさんに岩の浄化が終わったことを報告。

で、ハルメアス・モラの言ってた、「スコールの秘密」の件なんですけど。
教えてもらえませんかねぇ。
13100205.jpg
そしたら、ストルンさんが「自分でハルメアス・モラと話をする」ってんで
黒の書を渡しました。

ストルンさんが黒の書を読み出すと、いきなりハルメアス・モラが現れて
本から出た触手をブッ刺して秘密を奪い始めました。なんというチカラワザ・・・
13100206.jpg
知識を得ることが出来たハルメアス・モラは、満足した様子で
約束どおり、シャウト「服従」の最後の言葉を教えてくれました。
13100207.jpg
全ての言葉を叫べは、ドラゴンでさえも命令に従うようになるそうですよ。

ストルンさん・・・いろいろ協力してくれてアリガトウ。なむなむ。
13100208.jpg
ってか、スゴイ体勢で亡くなってますけど。

ところで、スコール村の秘密って、けっきょく何だったんでしょうねぇ・・・

村の人たちが、ストルンさんに1人ずつ別れの言葉を告げました。
13100209.jpg
ストルンさんの死を無駄にするワケにはいきません。

さっそくハラミも黒の書を読んで、ミラークを追うことにします!
posted by 鮭 at 13:41 | Comment(0) | TESV:ハラミ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント(半角英数のみのコメントは投稿不可です): [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。