2012年05月16日

常世の国。

コンニチワ、ハラミです。
12051601.jpg
ソブンガルデには、深い霧がたちこめていました。
シャウトで霧を吹き飛ばしながらウロウロしていると、途中でとある兵士に会いました。
たぶん戦争で勇敢に戦って亡くなったノルドの戦士だと思われます。
12051602.jpg
彼が言うには、この霧はアルドゥインの仕業で、霧に紛れて魂を喰らってるんだとか。
向こうに「ショールの間」というのがあって、そこまで行けば安全・・・
みたいなコトを言っているそばから、イキナリ上空から現れた大きなカギ爪で
ひょいっとさらわれていってしまいました・・・あああ・・・さよなら〜。
あれはまさしくアルドゥインの足。彼も食べられてしまうのでしょうか。。。

こーしちゃいられません。ハラミも早いトコ「ショールの間」を目指します。

とは言っても、霧のせいで周りがよく分からず、同じトコロをグルグルと。

そしたら、前上級王のトリグさん(の魂)に遭遇しました。
12051603.jpg
「ウルフリックとは正々堂々と戦い、死んだ。くいはない(キリッ」
・・・でも、やはり現世に残してきた奥さんのコトが心配なようでした。

岩の陰で座り込んでいる、スヴァクニールさん(の魂)も発見。
12051604.jpg
あの「オラフ王の詩歌」著者の吟遊詩人さんですね。先日はどうも。
せっかく何千年か越しに、隻眼のオラフ王を倒して復しゅうを果たしたのに
まさかソブンガルデでも彷徨うハメになるなんて・・・なんとも運のない人ですね。

霧を吹き飛ばしつつ奥へ進んでいくと、なにやら大きな建物が見えてきました。
12051605.jpg
どうやらアレが「ショールの間」みたいです。

ちなみに「ショール」っていうのは、ムンダスを作った神様「ロルカーン」の別名。
スカイリムの地では、ロルカーンよりショールって呼ぶほうが多いです。
12051606.jpg
ショールの間の前にいたツンという大男(門番?)に入場許可をもらいました。
そういえば昔どっかで読んだ「ソブンガルデの夢」って本にも出てましたよね。ツン氏。

ショールの間に入ると、なんとあのイスグラモル様から話しかけられました。
12051607.jpg
うわああ、この人、チョー有名人ですよ!
イスグラモル様っていったらアンタ、スカイリムからエルフを追い出して
はじめてノルドの国をつくった古代ノルドの王様ですよ!!
彫像とかで見るよりも・・・なんつーか、フツウのオッサンっぽい気もするけど・・・
でもホンモノだー。スゴイわー。

それにしてもココ、外とは違ってエライ明るいし装飾も豪華絢爛で
御馳走がイッパイあるし、お酒飲んで歌うたって、奥の広場ではケンカもあって
ほんと絵に描いたようなノルドのための天国ですね。
12051608.jpg
牛の丸焼きが、くるくる豪快に回ってます。

ショール様の力で、この建物内だけは安全に守られているんだそうです。
ココにいる英雄さんたち、いまは外に出るのをショール様に止められているんだって。
でももう心配ご無用。なんたってドラゴンボーンが来ましたから!

あ、隻眼のオラフ王もいらっしゃいました。は、はじめますて・・・オラフおう・・・
12051609.jpg
って、スヴァクニールさんとオラフ王のミイラを倒したコト、ばっちりバレてました。
でも「敵ながらアッパレ」といって、スヴァクニールさんとも友として再会したいって。
あの人、さっき外で不貞腐れてましたよ。アルドゥインに食べられてなきゃイイけど。

スヴァクニールさんのためにも、早くアルドゥインを倒さなきゃね。
posted by 鮭 at 15:21 | Comment(0) | TESV:ハラミ

2012年05月17日

最終決戦。

コンニチワ、ハラミです。
12051701.jpg
ひたすら太鼓を叩く吟遊詩人さん。歌わないのかな?

さて。いつまでもココでのんびりしているワケにもいきません。
なにせ、ハラミと一緒に戦ってくれるという英雄3人が待ちわびているのです。

このお3人方。
12051702.jpg
星霜の書で見た、過去にアルドゥインと戦っていた英雄さんたちじゃないですか。
なんとしてでもアルドゥインと決着をつけたいって、かなり意気込んでます。

さっそく3英雄と外に出て、いざアルドゥイン戦へ。
12051703.jpg
こんな霧、4人でシャウトしまくってフッ飛ばします!

すると、本命のアルドゥインが姿を現しました。
12051704.jpg
アルドゥインは強力なシャウトで攻撃してきますが
英雄3人+ドラゴンボーンが力を合わせれば、大した敵ではありません。
ドラゴンレンドで地上へ引きずりおろし、みんなで総攻撃です!!
12051705.jpg
3英雄が強いのか、アルドゥインが弱っていたのか、そのドチラもか分からないけど
けっこう、あっけなく力尽きるアルドゥイン・・・
12051706.jpg
フツウのドラゴンを倒したときとは違い、アルドゥインの魂を吸収することは出来ず
黒い塵とマブシイ光になって消滅してしまいました。

(イマサラだけど、兜装備するの忘れてた・・・w)

こうして、ソブンガルデは美しい情景を取り戻しましたとさ。
空には星とオーロラが出てるのに、地上は明るい・・・不思議な光景です。
12051707.jpg
さっそくショールの間に戻って、イスグラモル様に報告だ♪って思ったら
なんかもうショールの間には入れなくなってました。えぇぇ・・・。

そうか。ここは亡くなったノルドたちの魂が集う来世。
現世で生きているハラミは、ほんらい来れるはずもない場所なのでした。
アルドゥインを倒すという使命を全うした今、もはやココにいる理由はありません。

門番のツン氏に話したら、ハラミを元の世界に戻してくれるって。
ツン氏のシャウトをマトモに食らった・・・と思ったら、そこはパーサー爺のいる山頂。
どうやら無事にスカイリムに戻ってきたようです。
空にはドラゴンがイッパイ!みんな祝福してくれてるの・・・?

アルドゥインとの決着がついたのに、どこか浮かない顔のパーサー爺。
12051708.jpg
まぁ、アカトシュの最高傑作といわれた兄弟が死んで、素直に喜べるハズもないか。
それでも、これからは残されたドラゴンたちを声の道へと導いてゆく、と言って
飛び去っていきました。ありがとう、パーサーナックス爺さん。

オダハヴィーング君も駆けつけてくれました。
12051709.jpg
これからも困ったときには、呼べば来てくれるって。オダハ君、ありがとう!

さてさて。

アルドゥインという脅威は去り、これでやっとスカイリムにも平和が・・・
なんてコトもないようですね。まだまだ、帝国との戦争もくすぶっていますし。
なにより、アルドゥインを倒したとき、魂を吸収できなかったコトが気がかりです。
ひょっとしたら、いずれ本当の「世界の終焉」のとき、アルドゥインを復活させるため
時の竜神アカトシュがそうさせたのでは・・・なんて憶測も。

でもまぁ、とりあえずハラミが生きているウチはなさそうだし、いっかな、みたいな。

ハイフロスガーの七千階段を降りていると、ちょうど夜が明けてきてキレイな朝焼け♪
12051710.jpg
物凄いイキオイで階段を駆け上がってきたリディアさんとも、無事に合流できたし。
ハラミの旅は、まだまだ続きます!的な感じで。



※ホントに続きます。
12051711.jpg
posted by 鮭 at 13:52 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2012年05月25日

落ち着く場所。

コンニチワ、ハラミです。
12052501.jpg
大仕事を終えて、ホワイトランの我が家でまったり。
12052502.jpg
囲炉裏の火をボーっと眺めつつハチミツ酒。
やっぱり我が家がサイコーですね。

ってワケで(?)

唐突に、また新しい家を買いました!
うふふ。お金が貯まったんでー♪
マルカルスにイイ物件があるってんで、買っちゃいましたよ。

12052503.jpg
新しいオウチは、マルカルスの門やリーチが一望できる、超高台にあります。
12052504.jpg
足を踏み外したらヤバそう・・・酔っ払ったときなんか注意しないと。

玄関。
12052505.jpg
マルカルスらしい、ドゥーマー様式のオウチです。
12052506.jpg
しっかりとした石造りで、超広々。ベッドは石じゃなくて安心しました。
ちょっと暗いけど、落ち着いた雰囲気でイイ感じです。

12052507.jpg
錬金する小部屋と、付呪の小部屋があります。
12052508.jpg
付呪の部屋には、武器を飾れるラックが多いので
いろいろとコレクションを並べてニヤニヤ出来そうです。ニヤニヤ。

あ、こちらの方は、マルカルス従士となりましたハラミの従者さんです。
12052509.jpg
その名も「防波堤のアルギス」さん。防波堤・・・?
アルギスさんも、なんか目がコワイです。。。
posted by 鮭 at 11:47 | Comment(5) | TESV:ハラミ

2012年06月01日

軍入隊。

コンニチワ、舌のハラミです。
12060101.jpg
ウインドヘルムの酒場です。
吟遊詩人さんが「舌の物語」を歌ってくれています。
アルドゥインが「舌」に倒されたという詩です。
ノルドは昔から、最強の戦士を「舌」と呼ぶんですよ。
この曲が、後世まで歌い継がれちゃったりするんですかね♪

さて。

いまスカイリムは、内戦の真っ只中です。
アルドゥインを倒すために和平協定を結ばせたものの、それも一時的なこと。
せっかくアルドゥインの脅威が去ったというのに、今度は人間同士の戦争です。

スカイリムはノルドのモノよ!!!

って、よくリディアさんも叫んでいますし。

いまやサルモールの駒にまで落ちぶれたインペリアルどもを、叩きつぶs
・・・じゃない、スカイリムから出て行ってもらって、タロス信仰を解禁させます!

てコトで。

反帝国軍「ストームクローク」へ入隊するため、ウインドヘルムにやってきました。
12060102.jpg
この戦争は、ウインドヘルムの首長ウルフリック・ストームクロークが
前のスカイリム上級王だったソリチュードの首長を、決闘で倒したのが始まりです。
ソリチュードには帝国軍とサルモールの本部がありますからね。もう帝国にベッタリ。
ウルフリック・ストームクロークこそが、真の上級王だ!って感じで内戦勃発。

まぁ、完全ノルド主義のウルフリックさんも、しょーじきドウカと思うんですけど
帝国軍やサルモールに命売るよりは・・・

というワケで、ストームクローク副官のガルマル氏に入隊希望を告げました。
副官のクマさん帽子、カワイイですね。
12060103.jpg
入隊するには、試験があるらしいです。
「北の小島に行って、氷の生霊を倒して、生きて帰ってこれたら・・・」とか言うから
どんなにキビシイものかと思いきや、目的地にいたのは小さい氷の生霊1匹で。
めちゃめちゃラクショーだった・・・こんなのが入隊試験で良いんですか??
もう、舌をナメてもらっちゃ困りますよ。あ、舌っていうのはノルドのさいきょーの(ry
12060104.jpg
まぁ・・・海岸線で迷子になったり、泳いでいるウチにリディアさんと逸れたりして
目的の小島に辿り着くまでが、ある意味、試験だったような気もします。

サクっと氷の生霊を倒し、ウインドヘルムに戻って副官に報告。
ストームクロークへの入隊を認めてもらいました。

入隊の宣誓をしている最中に、フラっと通りかかるウルフリック首長。
12060105.jpg
ちょっ・・・邪魔なんですけどw
首長、いま大事なトコロなんで、どいてもらえません?

で、入隊記念に、ストームクロークのユニフォームを貰いました。
12060106.jpg
いえ、ユニフォームっていうか、キュイラスなんですけど。防御、紙すぎ・・・
ていうかこのキュイラス、むかしヘルゲンから逃げるときにGETして持ってるし。
そんなワケで、せっかくですけど、これはオウチのタカラバコ行きです。
posted by 鮭 at 13:23 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2012年06月08日

尖った王冠。

コンニチワ、ハラミです。
12060801.jpg
ストームクロークのキュイラスは、ね。
まぁ、入隊した記念品ってコトで、ね。
やっぱり鎧は重くてガッチリしたもんじゃないと!

さて。初仕事です。

むかしの上級王たちが代々かぶっていたという伝説の「尖った王冠」。
その王冠は、第1紀、ボルガス王が亡くなって、一緒に埋葬されたそうなんですが
後の内戦なんかで記録が失われ、お墓の場所すら分からなくなっていました。
12060802.jpg
が!なんとそのボルガス王の墓を、発見したと言うのです。
コルバンヤンドっていう遺跡に、ボルガス王と尖った王冠は眠っているらしい。
上級王の象徴とも言える「尖った王冠」を、ウルフリック首長がかぶったら・・・
・・・なるほど!イメージ戦略ってワケですね!

ってコトで、さっそく「尖った王冠」を持ち帰ってくる任務です。
現地集合なんで、走って向かいました。

遺跡の近くに着くと、もう他のメンバーは集まっていました。はやい。
12060803.jpg
あ、見覚えある顔です。
ヘルゲンで処刑されそうになったとき、一緒に逃げてきたレイロフさんです。
お久しぶりです!・・・なんてやってたら、副官のお話を聞きそびれました・・・
12060804.jpg
遺跡には、ハラミたちよりも一足早く、帝国軍が探索に入っているようです。
帝国側も「尖った王冠」の情報を、どこからか手に入れたのでしょうか。
とにかく、帝国軍よりも先に王冠を探し出さなくてはなりません。

12060805.jpg
遺跡の外にも中にも、帝国兵がウロついていましたが
なんとか彼らを全て蹴散らし、さらに遺跡の奥へ進みました。
12060806.jpg
遺跡内の仕掛け扉に驚く副官。
ハラミはね。各地でこんな仕掛けを解きまくってますからね。手馴れたもんです。

扉の奥に、尖った王冠をかぶったミイラが。
そいつを倒して、無事に尖った王冠をGETしました。
12060807.jpg
王冠かぶってるけど・・・このミイラって、ひょっとしてボルガス王なんじゃ・・・

まぁ、目的のモノは手に入ったコトですし。
早いとこウインドヘルムに戻りましょ。
12060808.jpg
posted by 鮭 at 11:43 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2012年06月13日

ホワイトラン。

コンニチワ、ハラミです。
12061301.jpg

尖った王冠をウルフリック首長に渡したら、今度はオツカイを頼まれました。
12061302.jpg
ホワイトランのバルグルーフ首長に「斧」を届けにいく任務です。
スカイリムの中心に位置するホワイトランは、是非とも押さえておきたいトコロ。
バルグルーフ首長は今のところ、帝国寄りではあるけど、中立な立場をとっています。

そこでこの「斧」を、ウルフリック首長からの伝言として渡します。
バルグルーフ首長が斧を受け取ったら、ストームクローク側に
突き返してきたら、帝国側につくという意思表示となるそうです。
なんか知らないけど、ノルドのしきたりかナニか?

てワケで。ホワイトランに到着。
12061303.jpg

バルグルーフ首長に「斧」を渡すと、首長はその意味を理解したようで
すぐに執政や部下たちと話し合いを始めました。
12061304.jpg
そして、最終的に首長が下した決断は・・・斧を突き返す、というコトでした。
どうやらホワイトランは、完全に帝国側へつくと決めたようです。

・・・ホワイトランは、ハラミがスカイリムにきてから、初めて従士に任命された街だし
バルグルーフ首長も良い人なんで、こんな結果になって、ひじょーに残念です。
ですが。ハラミはストームクロークの兵士。
ここは腹を決めて、ウルフリック首長に報告しなければなりません。

ウインドヘルムに戻り、ウルフリック首長に斧が返されたと伝えると
スカイリムの地図を前にして、すぐに作戦会議が始まりました。
12061305.jpg
とうとう、ホワイトランに攻め込むコトになったのです。あまり気が進まないけど。

ウインドヘルムの王宮を出ると、いきなり配達人がハラミ宛に手紙を持ってきました。
それは、ホワイトランのペラジアさんが亡くなったお知らせ。
ペラジアさんは、ホワイトランの街の近くで農園を営んでいるオジサンです。
いつも門の前ですれ違うとき、笑顔で挨拶してくれるイイ人でした。なむなむ。
しかも、ハラミに遺産まで残してくれていました。100Gも。

さすがに、このまま戦地へ赴く気力もわかず。
12061306.jpg
ちょっとばかし酒場によって、弔い酒。。。

さて。

現地集合ってコトで、ホワイトランまで走っていくと

あれ・・・なんだか、もう街の前が攻撃されてボロボロ・・・?
あ、リディアさん後ろ!あぶない!
12061307.jpg
どーん!!
12061308.jpg

火の弾が飛んできた方へ行ってみると、みんなが集まっていました。
12061309.jpg
そういえば、ホワイトラン近くの「野営地に集合」って言われてたんだっけ・・・

野営地は、ホワイトラン近郊のペラジア農園の横に作られていました。
そりゃ・・・亡くなるワケだ。ペラジアさん。。。

しかし、クヨクヨしている場合ではありません。
おそらくホワイトランには、帝国軍の兵士も派遣されてきているハズです。
大勢の帝国軍と、激しい戦いになるコトが予想されます。
副官が、熱い言葉でみんなの士気をあげます。
12061310.jpg

いよいよ突撃です!
posted by 鮭 at 13:11 | Comment(0) | TESV:ハラミ