2012年08月14日

婚活の旅3。

コンニチワ、ハラミです。
12081401.jpg
マルカルスの自宅で一休み。

ついでに、私兵のアルギスさんにも声をかけてみました。
12081402.jpg
まぁ、聞いてみただけなんですけどね。ごめんね。

コチラは運送業のブレトン、コスナッチさんです。
12081403.jpg
「予定の荷物が届かない」とかって、いつも酒場で飲んだくれてクダまいてます。
ハラミ、お酒は好きですが、飲んだくれの酔っ払いはキライなんです。

そしてコチラはシドナ鉱山の作業員、ブレトンのオムラングさん。
12081404.jpg
しょーじき、よく話したこともナイので、どんな人だか分かりません・・・ごめんなさい。

街の外にある鉱山で働く、このお二人。
12081405.jpg
12081406.jpg
ここからチョット北に行ったトコロにある金鉱山の所有者、インペリアルのパボさんと
その鉱山の鉱夫、オークのガット・グロ・サルガクさん。

以前、金鉱山がフォースウォーンに占拠されたってんで、助けてあげたんですよ。
なのに、相変わらず街近くの鉱山で避難生活をしているお二人。ふしぎです。
金鉱山の前にあるパボさんの家、いっつも留守だったから探しちゃいました。
この鉱山が気に入ったんでしょうかねぇ。

コチラは、さらに北にあるカースワステンという銀鉱山の所有者、アイネサックさん。
何というかその、あたm・・・マユゲが、キレイに整ってますね。
12081407.jpg
ブレトンさんです。やっぱりリーチ周辺はブレトンが多い気がします。
ノルドのことが気に入らないみたいで・・・ハラミもノルドなんですスイマセン。

さて。

ソリチュードにきました。
12081408.jpg

いつも酒場で飲んでいる、オクティーブさん。ブレトンのオジイちゃんです。
12081409.jpg
自分はもう年をとってリタイアしたとか。
娘さんが、市場でソリチュード名物のスパイス入りワインを売っています。
って、娘さん、ヘタすりゃハラミよりも年上っぽいんですけど・・・!
さすがに年が離れすぎです。ごめんなさい。

ちょっと先を急ぎましょう。

コチラはモーサルで求職中のベノアくん。
12081410.jpg
以前、酒場で飲んでたら、いきなりケンカをふっかけてきたんですよ、この人。
まぁハラミが勝ったんですけどね。とーぜんね。
そして殴り合いの末、芽生えた友情・・・ノルドですから。不器用ですから。

でもコトもあろうに「モーサルの衛兵になりたい」とか。。。モーサルでイイの??
ていうか、未だに衛兵になれてないし。ぜんぜんダメだし。髪ペッタンコだし。
吸血鬼のモヴァルスを倒しに行ったときだって、ぜんぜん役に立たなかったし。
ベノアくん、もーちょっと修行して、立派なノルドになってもらわないと。
ソブンガルデに行けないんだぞ。がんばれベノアくん。

てワケで、次行きましょう・・・
posted by 鮭 at 11:32 | Comment(0) | TESV:ハラミ

2012年08月15日

理想の人。

コンニチワ、ハラミです。
12081501.jpg
ウインターホールド大学にきました。

ハラミと同期の、オンマンドくん。
12081502.jpg
ノルドのクセに魔法大学に入学しちゃった、ちょっとオカシナ子です。
あ、ハラミ?ハラミはほら、アークメイジになったのも事故みたいなもんだし。

オンマンドくん、わりとイケメンだし声もイイんだけど・・・
大学の学生だしなー。アークメイジと学生の夫婦かーーー。うーーーーん。
ちょい保留。

コチラも同期のカジート、ジェイ・ザルゴにゃん。
12081503.jpg
いちいちビッグマウスなんだけど、なんか憎めないニャンコ。
でも、ネコとは結婚できないみたいです。残念だにゃー。

さてさて。

ウインドヘルムの街に入ると、物乞いのアングレノアさんが・・・
12081504.jpg
アングレノアさん、昔は優秀なストームクロークの戦士だったらしいんですが
いまじゃウインドヘルムの街中で、焚き火にあたるかダークエルフにあたる日々。
そういえば初めてウインドヘルムに来たときも、ダークエルフに突っかかってました。
あのノルド、酷いなぁ・・・って思ったもんです。今も思ってますけど。

この人は、錬金素材屋の店員、クインタスさん。
12081505.jpg
ここの店主だった、ヌレリオンさんに弟子入りするため
わざわざシロディールから来たという、インペリアルのお兄さんです。
ヌレリオンさん、口うるさく文句ばっかり言うハイエルフのオヤジさんでした。
黙々とヌレリオンさんのもとで修行をしていたとか、かなりスゴイ人だと思います。
ヌレリオンさんは亡くなっちゃったけど、その後を継いだみたいですね。立派です。

灰色地区の雑貨屋店主で、ダークエルフのサドリさん。
12081506.jpg
サドリさんの雑貨屋、よく使わせてもらってるんですけど
仕入先がチョット怪しかったりするからなぁ・・・

で。

ウインドヘルムからチョット南下して、カイネスグローブにやってきました。
12081507.jpg
クジャク石の鉱山と宿屋がある、小さな村です。

コチラは、鉱夫たちのキャンプにいらっしゃる、魔術師のドラヴィネアさん。
12081508.jpg
ダークエルフなうえにフェイスペイントのせいもあって、ちょっと顔がコワイです・・・
でも変性魔法のトレーニングをしてくれたり、なかなか良い人なんですよ。
まぁ、女性なんで・・・ちょっと。

宿屋では、鉱夫のロッジさんがオサボリ中?
12081509.jpg
ノルドらしく、ハチミツ酒に目がないロッジさん。
宿の女将に借金しちゃうほど、ハチミツ酒が大好きみたいです。
ハチミツ酒について勉強もしているようで、かなり詳しいとか。

いいなー。ハラミも詳しくなりたいです。
というか、飲みたいです!乾杯をしよ〜若さと過去に〜♪

そういえば先日、めずらしいハチミツ酒を手に入れたんですよね。
夜道で襲ってきた野良カジートが持っていたんですけど
12081510.jpg12081511.jpg
ブラック・ブライアのリザーブですって。
ブラック・ブライアのハチミツ酒って、あんまり評判は良くないみたいだけど
リザーブって、どんなんだろう?ボトルはキレイ♪

ま、それはともかく。

そろそろ腹をくくって、結婚相手を決めなくては。
誰にしようかなー・・・
posted by 鮭 at 10:40 | Comment(5) | TESV:ハラミ

2012年08月17日

結婚式。

コンニチワ、ハラミです。
12081701.jpg
結婚のお相手は、ロッジさんに決めました!
12081702.jpg

ちょうど今、カイネスグローブにいるから・・・

じゃなくて。ハチミツ酒に詳しいし、笑顔がステキですし。
それに結婚するなら、やっぱり同じノルドがイイナって思ったんです。

さっそくリフテンのマーラ聖堂に行って、司祭様に報告。
翌朝、式を挙げることになりました。

4E20?年、蒔種の月15日。早朝。

ロッジさんとハラミの結婚式。
12081703.jpg
式には、各地からお友だちが来て列席してくれました。
12081704.jpg
・・・ちょっと少ない気もするけど。まぁ、会場が狭いですから。。。

カイネスグローブ村長のクジェルドさん(ダンナ関係者)
ソリチュードで、名物のスパイス入りワインを売っているエヴェットさん(酒関係者)
さらに、ウインターホールド首長の奥さん(ハラミがアークメイジだから?)と
ドーンスターの首長さんまで来てくれました(何故ゆえ・・・)

なにはともあれ、式も無事に終わり、さっさと帰路につく皆さん。
あああ〜挨拶するヒマもない・・・
12081705.jpg
やっとのことでダンナ様に追いつき、これからの住居の相談。

カイネスグローブか、ウインドヘルムか、リフテンか、いろいろ迷ったんですけど
最終的には、ホワイトランのオウチにしました。
12081706.jpg
小さくてボロイ家だけど、やっぱりホワイトランがイチバン落ち着きます。

ロッジさんは、ここで雑貨などを売るお店を始めるそうです。
売上げからお小遣いも貰えるし、家庭料理なんかも作ってくれちゃうし
なんてステキなダンナ様なんでしょう♪
12081707.jpg
これからも末永く、ヨロシクお願いしますね。

ってコトで。家の留守番はダンナ様に任せて。

ハラミとリディアさんは、また新しい冒険の旅に出るのです。
12081708.jpg
※ドラゴン骨の防具は、リフテンの家のマネキンに飾りました。
12081709.jpg

草原を走っていると、ドラゴンが来襲!!

ハデに戦って倒し、ふと見ると
12081710.jpg
近くの砦にいたストームクロークの兵士たちが、ヤジ馬で集まってきました。
12081711.jpg
そんなにメズラシイですか。

そんなハプニング?もありつつ、スカイリム中を駆け巡るリディアさんとハラミ。

まだまだ探検していない洞窟や遺跡がイッパイあるので
しばらくは、冒険を引退するコトもないでしょう。ヒザに矢を受けないかぎり・・・
12081712.jpg



さて。

世界を救ったドラゴンボーンで、ストームクロークの嵐の刃で
まったく魔法の使えないアークメイジなハラミさんの旅は、まだまだ続きますが
「ハラミ日記」は、ひとまずココらで終了です。

しかし。

スカイリム日記は終わらない・・・
posted by 鮭 at 11:23 | Comment(6) | TESV:ハラミ

2013年07月05日

新たな冒険。

ちょーーーーお久しぶりですコンニチワ!ハラミです。
13070501.jpg
家族が増えました。愛娘のソフィです。
13070502.jpg
ウインドヘルムの寒空の下で、寝る家もなく花を売って暮らしていた子。
実の母親は幼い頃に他界、父親も戦地に赴いたまま帰ってこないそうです。
雪が降る中、地ペタで寝ているソフィがあまりにも可哀想で・・・
我が家の養子として迎えたってワケです。

ソフィ、ホワイトランの街の子たちともスッカリ仲良くなっちゃって。
もう寒くて寂しい思いなんてしなくてイイからね。
13070503.jpg
・・・って、お人形遊びに夢中で、ぜんぜん話聞いてませんね。
お土産のお人形、気に入ってくれて良かったです。

ある日。

自宅を出たら、「おまえがドラゴンボーンか?」と声をかけられました。
そうですけどナニカ?って振り返ると、そこには変な仮面した不気味な2人が。
13070504.jpg
「真のドラゴンボーン」とか「ミラーク卿がナンタラ」とか一方的に捲し立てて
イキナリ襲い掛かってきましたが、ホワイトランの衛兵とリディアさんが即始末。
この人たちの荷物をあさったら、あやしいメモが出てきました。
「ハラミという名の偽のドラゴンボーンを始末しろ」と書かれています。

はい?ナニコレ?ハラミ、本物のドラゴンボーンなんですけど??
なんか腑に落ちません。この人たちの親分さんに会って、抗議しなくちゃです。

メモには「レイヴン・ロックから船に乗ってウインドヘルムへ行け」とあるので
逆に、ウインドヘルムから船で、この人たちの本拠地へ行けるハズです。

てワケで。家の留守は旦那さまと娘に任せて・・・

13070505.jpg
ウインドヘルムに到着。

確かに、メモに書いてあった名前の船が、港に泊まっていました。
13070506.jpg
が、船長さんは「もう船を出す気はナイ」と言います。

ハラミ、この船に乗って来た人たちに襲われたんですけど。

船長さん、「そういえば変な人たちを乗せたかも・・・?」なんて曖昧な答えで。
どういうワケか記憶が途切れていて、気がついたらウインドヘルムにいたとか。

もう一度言いますけど、ハラミ、この船で来た人たちに襲われたんです。
これ、どう責任とってくれるんでしょうね〜?

そう船長さんを説得して、特別に船を出してもらえることになりました。

ウインドヘルムを出発して、ソルスセイム島へ。
ソルスセイム島は、モロウウインドの北にある島です。
13070507.jpg
昔はスカイリム領だったらしいですが、モロウウインドに譲渡されたとかナントカ。
レイヴン・ロックは、ソルスセイム島の玄関口てきな街らしいですよ。
13070508.jpg
見えてきました。あの城壁の向こうがレイヴン・ロックみたいです。
・・・それにしても、なんかモヤってて暗いですねぇ。

レイヴン・ロックの港に着いたら、さっそくエラそうな人が出てきました。
なんか、ヨソ者はあまり歓迎されてないっぽいです。
13070509.jpg
とりあえず「ミラーク」って言葉に覚えがないか聞いてみましたが
知ってるような知らないような、すぐには思い出せないような・・・って
どうもモヤモヤとした答えしか返ってきませんでした。ハッキリしないなぁもう。

でも「大地の岩」ってトコと関係のある名前だったかも?ってんで
その場所へ行って、調べてみようと思います。
posted by 鮭 at 14:50 | Comment(0) | TESV:ハラミ

2013年07月09日

調査開始。

コンニチワ、ハラミです。
13070901.jpg
さっそくレイヴン・ロックの酒場チェック。
モロウウインドのお酒、可愛いボトルに入ってます♪

街の広場。なんか変わった形の建物ですね。なにか生物の殻っぽい?
13070902.jpg

ここレイヴン・ロックは、レドラン家の統治下にあるんだそうですよ。

スカイリムは、上級王と各要塞の首長が国を治めてるけど
モロウウインドでは、ダンマーの「五大家」ってのが統治しているそうです。
その五大家の議長を務めているのが、レドラン家なんですって。
13070903.jpg
で、コチラがソルスセイムでのレドラン家の代表、モーヴァイン評議員。
つまり、ここで一番エライ人ってコトですかね。
ヨソ者のハラミに色々お話をしてくれて、けっこうイイ人っぽいです。

さっき港で会ったアラーノって人は、モーヴァイン評議員の補佐だそうです。
辺境ゆえ、かなりの面倒事にも見舞われているらしく
街とモーヴァイン評議員の安全を守るため、日々忙しくしているようです。
ちょっと怖い人なのかな?って印象だったけど、マジメな人ってだけみたい。

さて。

アラーノ氏からは、「ミラーク」と「大地の岩」が関係してるかもって聞きました。
ほかに街の人々にも話を聞いてみましたが、みんなウヤムヤな返事で
「ミラークって名前、夢で聞いたかも?」なんて、ハッキリとしないのです。
なんだかオカシイですよね?
よく分からないので、とにかく大地の岩ってトコに行ってみましょう。

大地の岩は、街はずれの海辺にありました。
13070904.jpg
なんか岩の周りに足場とか組んで、建築中ですかね?

よく見ると、建築作業をしている人たちはレイヴン・ロックの衛兵と住人?
みんな虚ろな状態で、なんかブツブツ言いながら働いてます。
ちょっと異様な雰囲気です。みなさん、何かに洗脳されてるみたい。。。

とそこで、唯一洗脳(?)されていないっぽい、ネロスという人に会いました。
ネロスさん、ここで働いてる人たちを観察しているそうです。
なんか、すごいエラぶっててメンドクサそうな人ですが
とりあえず「ミラーク」について聞いてみました。
13070905.jpg
ネロスさん曰く、「ミラーク」は何千年も前に死んでいるそうです。

何千年も前に死んだ者の名前が、なんでイマサラ出てきたんでしょう??
そういえば、あの変な仮面の人たちが「ミラーク卿が現れたとき〜」とか
「彼の復活は止められない!」とか言ってました。
ひょっとしたら、ミラークが復活しようとしているのかも?

ソルスセイム島の中央に、ミラークの古びた聖堂があるというので
とにかく他に手がかりもなさそうだし、その聖堂へ行ってみるコトにします。

ところで、海の向こう側に見えるのが、有名なレッドマウンテンですね。
13070906.jpg
タムリエルで最大の火山なんだそうですよ。超モクモクしてますねー。
レイヴン・ロックがモヤってるのも、この灰のせいなんですって。

さて。

ネロスさんに聖堂の場所を教えてもらって、地図を見ながら北へ。
13070907.jpg
地図で確認したときは、遠いなーって思ったけど
案外レイヴン・ロックから近かったです。島が狭いのかも。

大地の岩と同じように、聖堂でも虚ろな人々が働いていました。
やっぱりココの人たちもブツブツ言いながら、なんか建てています。
13070908.jpg
ウロウロしていると、むこうから女の人の声が聞こえました。
働いてる人たちに向かって、必死に話しかけています。
きっと、洗脳(?)されてしまった人たちの、知り合いの方なんでしょうね。

その女性は、スコール村のフリアさん。ノルドの女性でした。
13070909.jpg
彼女が言うには、いま何かがソルスセイムの住人を支配しつつある、と。
そのせいで、人々は自分の意思と関係なく、こうして働いているのだそう。

このコトについて、村の呪術師であるフリアさんのお父さまは
「ソルスセイムにミラークが戻ってきた」って言っているらしいです。
フリアさんは、その真相を調べているんだとか。

そうそう!ハラミも、変な仮面のミラーク信者に殺されかけたんです!

なんて、フリアさんと話していたら、また信者が襲ってきたので返り討ち。
やつらが出てきたトコロから、聖堂の中に入れそうです。

ってコトで、フリアさんと一緒に、ミラーク聖堂を探索するコトにしました。
posted by 鮭 at 11:35 | Comment(6) | TESV:ハラミ

2013年07月19日

謎の書。

コンニチワ、ハラミです。
13071901.jpg
村人を助けにきていたフリアさんと一緒に、ミラーク聖堂に入りました。
聖堂の中はいたるところが崩れていて、そーとう古いものと思われます。
13071902.jpg
ミイラやミラーク信者がウロウロしています。片っ端から始末!

途中、フリアさんに、ミラークについて少し聞きました。
ミラークは、大昔に存在した、ドラゴンに仕える教団の司祭だったそうです。
でもソルスセイムを自分の物にしようとして、ドラゴンたちに滅ぼされたとか。
この聖堂も、怒ったドラゴンたちに壊されたんじゃないかって。

ふーん。また復活して、ソルスセイム征服を狙ってるんですかね。
ソルスセイムの人たちを操って、聖堂とか岩(祠?)を修理させてるのかー。

そんなコトを話しながら。
襲ってくるミイラや、変な仮面のミラーク信者たちを倒しつつ奥へ進むと
ドラゴンの骨が飾られた小部屋に出ました。
13071903.jpg
またキレイに飾ってあること。こりゃドラゴンたちも怒りますわ。

大量のミイラを倒して、壁の石棺の中にある扉をくぐって、さらに進みます。
13071904.jpg
なんか見たコトもない生き物の骨?が飾ってあったり、で
聖堂内は、ますます悪趣味な感じに。
13071905.jpg
変なカニ?のオブジェと記念撮影するリディアさん。
あれ、なんか、シロディールで似たような像を見たコトが・・・ま、いっか。

さらに奥へ進むと、なんかポツーンと
13071906.jpg
・・・本、ですよね?
13071907.jpg
いかにも重要そうなシロモノです。
で、さっそく読んでみるコトに。

すると、急に目がグルグルまわって、気がつくと知らない場所にいました。

誰かいる・・・と思ったら、ミラーク??か、身体が動かない・・・
13071908.jpg
ハラミを見るなり、ドラゴンボーンだと分かったみたいです。
「自分だってアルドゥインくらい倒せたけど、でも違う道を選んだ」とかって
なんかそれ負け惜しみっぽく聞こえるんですけど。

しかも変なシャウトを使って、光る鎧みたいのを見せびらかしちゃって
13071909.jpg
「この領界はお前の手に余る」って。なんかムカつくんですけど!てかダッサ!
でも身体が動かないから、なんにも出来ない。くやしいです。。。

ミラークの傍にいた気味の悪い化け物に、バシバシ攻撃を喰らって
気を失って・・・気がついたら、本のあった元の場所にいました。

どうやらハラミ、本を読んだら意識だけ違う次元に行っちゃってたみたいです。
いや、本の中に入っちゃってた?
13071910.jpg
とにかく、この本はなんかヤバそうです。
ハラミたちじゃヨク分からないので、フリアのお父さまに見せるコトにしました。

ってコトで、スコール村へ向かいます。
posted by 鮭 at 11:57 | Comment(2) | TESV:ハラミ