2012年01月31日

秘密組織。

コンニチワ、ハラミです。
12013101.jpg
ホワイトランの広場にて、ひといき。
12013102.jpg
日中タロス像の前で、ずーーっとタロス愛を説いているキチg・・司祭様?の演説を
こうやって向かいのベンチに座って聞くのが、ひそかなマイブームです。

帝国とサルモールによる白金協定で、タロス崇拝が禁止されている昨今
いちおう帝国寄りなホワイトランで日々声をからしてタロスタロスと叫び続ける
このオジサンの身の上が心配です。

オジサンがんばれ。真のノルドはタロスを崇拝するよ!(心の中で)

てワケで。

やっとリバーウッドに到着。戻ってきたよー。
12013103.jpg
さっそく友からの手紙にあった合言葉を、宿の女将さんに言ったところ
地下の隠し部屋に通してくれました・・・って、「友」って女将さんだったの!?
12013104.jpg
スカイリムでは、隠し部屋の入口はタンスっていう決まりでもあるんですか。

12013105.jpg
このお方、「宿の女将」とは世を忍ぶ仮の姿、実はある組織の生残りなんだとか。
どーりで。小さな村の宿屋の女将にしては、ムダに眼光鋭いと思ったんです。

女将さん曰く。
いま、スカイリムの各地にある、ドラゴンが埋葬されているという古墳から
次々と太古のドラゴンが復活しているらしいのです。
それで、ハラミが本当にドラゴンボーンなのか確かめたいんだとかナントカ。

「ドラゴンストーン」の裏にあったドラゴンの埋葬地の図から
次にドラゴンが復活するであろう場所を特定した、と言うのです。

これがドラゴンストーン裏の写し。
12013106.jpg
って、アレ?
ドラゴンストーンって、ホワイトランの王宮魔術師に渡したハズなんだけど・・・
裏で繋がってるのコノ人たち?

まぁいいです。

とにかく一時の猶予もないってんで
次にドラゴンが復活するであろう場所へ、女将さんと一緒に向かいます。
12013107.jpg
女将さんも戦闘モードです。女将さん、背が低いです。ブレトン?
posted by 鮭 at 13:12 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2012年02月01日

甦った瞬間。

コンニチワ、ハラミです。
12020101.jpg

デルフィンさんと、次にドラゴンが復活するであろう場所へと向かいました。

リバーウッドを出た頃は、こんなに晴れて良い天気だったのに
目的の場所に着く頃には日も暮れて、しかも吹雪いちゃってて、視界超悪!

見て!!ドラゴンが、古墳の上で何か儀式めいたコトをしてるわ!!
ああっ!!!墓から太古のドラゴンが甦って出てきたわ!!!

12020102.jpg

って、ぜんぜん見えなーーーーい!!!

なんかよく分かりませんが・・・
一匹のドラゴンが、太古のドラゴンを呼び覚ましているようです。
ドラゴンが完全に甦ると、先に飛んでいたドラゴンは飛び去っていきました。

さっそく甦ったばかりのドラゴンが襲い掛かってきたので
ハラミとリディアさんとデルフィンさんと近くをウロウロしていた衛兵さんたちの
総がかりで攻撃して、そっこう再び眠りについてもらいました。
12020103.jpg
衛兵さんたちも、みんな永遠の眠りについちゃったけど・・・

ともかく。
12020104.jpg
デルフィンさん、ハラミが本当にドラゴンボーンであると認めてくれたようです。
そして自分はブレイズの生残りであると話してくれました。

ブレイズは、元は東にあるアカヴィリ大陸からきたドラゴンスレイヤーの集団で
ドラゴンが絶滅した後に、竜の血脈を受け継ぐ皇帝直属の親衛隊となった組織。
200年前に竜の血脈が途絶えたうえに、サルモールに帝国が侵略されて
いまじゃわずかな生残りがいるだけで壊滅状態らしい、って本で読みました。

サルモールとの戦いで、シロディールの雲王の神殿も壊されてしまったそうです。
ハラミは知らないけど、200年前、オブリビオンの動乱で殉職したブレイズの遺品も
神殿と一緒に壊されてしまったのかと思うと、とても悲しいです。
ハラミは知らないけど。
でもBさんの刀は、クヴァッチの英雄が、ずっとお守りとして持っていたので
その後も何処かでクヴァッチの英雄とともにあると信じたいです。知らないけど。

まぁそれはソレとして。

これが、ドラゴンが甦ったあとの古墳。でっかい!
12020105.jpg
そういえば、こんな石の塚っぽいヤツ、いろんなトコで見かけたかも?

まぁとにかく、ドラゴンが別のドラゴンを甦らせているという事実が判明しました。
これからリバーウッドに戻って、作戦会議です・・・といきたいトコロですが
その前に、創始者の角笛をグレイビアードのジイサンに渡しに行かなきゃ。

ってワケで、いったんデルフィンさんと別れて、ハイ・フロスガーへ。
12020106.jpg
12020107.jpg
また七千階段を登って、角笛を渡して、無事に試練を終えました。ドヴァーキン!

さて・・・これから、どうするんだっけ?
12020108.jpg
ん?リバー・・・んー?
posted by 鮭 at 13:43 | Comment(5) | TESV:ハラミ

2012年02月03日

あとまわし。

コンニチワ、ハラミです。
12020301.jpg
北の街、ウインターホールドにやってきました。

ウインターホールドは、かつてスカイリムの首都だったのですが
数十年前、謎の大崩壊が起きて、街の大部分が水没してしまったらしいです。
いまは数軒の建物があるだけの小さな村になってしまいました。

ノルドの地では珍しい、魔法専門の大学があります。
12020302.jpg
街は水没したのに、大学だけは奇跡的にホボ無傷で残ったコトから
謎の大崩壊は魔法大学の人らの仕業だって思っている人も多いのだそう。

ところで。

何故、こんな北の地へやって来たのかというと。
この近くにアズラ様の祠があるという話を、宿のオヤジから聞きまして。

それは見に行かなくては!!!

ってワケで、デルフィンさんとの約束は、泣く泣く後回しにしてきたのです!

アズラ様は、暁と黄昏の女神、夜空の女王と呼ばれるデイドラロード。
スカイリムのお隣モロウウインドでは、善いデイドラとして崇拝されていて
死後はアーケイではなくアズラ様のもとへ行くと信じられているそうです。
アズラ様のオブリビオン界の領域は、バラが咲き乱れた美しい世界で
あまりの美しさで、目が見えなくなってしまうほどなのだそうですよ。
どっかのデイゴンさんとはエライ違いですね。

定命の者にも好意的で、英雄に力を貸してくれたりもしますが
吸血鬼や不死になろうとする者が大嫌いで、怒らすと超コワイ女王様なのです。
いまのダンマーの姿が、灰色の肌で真っ赤な目になってしまったのも
祖先であるチャイマーがアズラ様を怒らせて、種族が呪われたからなんだとか。
それでもダンマーの皆さんはアズラ様大好きですよね。

ま、そんなワケで、アズラ様の祠が頂にあるであろう山の周りをウロウロ・・・
どーにか登れそうな斜面をゴリゴリと這い上がって、見えてきた!
12020303.jpg
おおお大きい!大きいです!美しいです!
12020304.jpg
すごい迫力です。

巨大なアズラ像の袂に、ひとり祈りをささげているダンマーの女性がいました。
12020305.jpg
女性はアズラ様から賜った予言で、ハラミが来ることも分かっていたそうです。
また予言では「浸水した要塞で、輝く星を漆黒にかえるエルフの付呪師」が見えたそうで
そのエルフの付呪師を見つけなさい、と言われました。

女性いわく、「浸水した要塞」はウインターホールドのコトじゃないかしら?とのコト。
さっそくウインターホールドに戻って、「エルフの付呪師」について聞き込み開始です。

聞き込み調査といえば、まずは酒場でしょーってワケで
宿屋にある酒場のご主人に、「エルフの付呪師」について話を聞いてみると
ちょうどココに下宿しているエルフが、魔法大学の古株で何か知ってるかも、だって。
魔法大学では付呪も研究されているんですね。

で、そのエルフに「星を漆黒にかえる付呪師」の話を聞くと、心当たりがあるらしい。
12020306.jpg
昔の師匠が、アズラ様の秘宝「アズラの星」を使って研究をしていたらしいです。
アズラの星には、動物やモンスターの「白い魂」を入れることが出来るのですが
この師匠は、アズラの星に自分の魂を入れて、永遠に生きようと考えたらしいです。
アタマのイイ人が考えるコトはヨク分かりませんが、それで不死になるのだとか。

でも人間やエルフの魂は黒いから、アズラの星には入れることは出来ないので
星にイロイロ実験をしていて、そのウチ気がふれて大学を追放されたとかナントカ。
師匠が最後に目撃されたのは「イリナルタの深淵」で、それ以降は知らないって。

そうかそうか。わかったぞー。
アズラ様ってば、ハラミに「アズラの星」を取り返して来いって言ってるワケですね。

じゃあさっそく・・・と思ったけど。
地図で「イリナルタの深淵」を探したら、リバーウッドの西にある湖にあって。
せっかく北の地まできたので、後回しにするコトにしました。
ごめんなさいアズラ様。

ところで。

ぜんぜん関係ないんだけど、宿屋の個室でイイ服を着たオッサンがお酒飲んでて
こんな寂れた村の宿屋に?お金持ちの旅人ですか?と話しかけたら
その人、ウインターホールドの首長さんでした。
12020307.jpg
昼間っから、酒場で何やってるんですか・・・
posted by 鮭 at 14:31 | Comment(2) | TESV:ハラミ

2012年02月08日

魔法大学。

コンバンワ、ハラミです。
12020801.jpg
あれに見えるは、魔法専門のウインターホールド大学。
やはりココまで来たからには、見学していかなきゃね。

ってワケで。

12020802.jpg
祝・入学。

あれ?脳筋なのに・・・ま、いっか。

というか、大学の中に入ろうとしたら、入口にいたハイエルフのオネーサンに
簡単なテストを受けさせられて、するするっと合格してしまったんです。
天才児なもんで。するするっとね☆

とかいって。
ホントに超簡単なテストだったので、実質的に誰でもウエルカム状態なのかも。

大学内をイロイロ案内してもらって、寮では自室も貰えました。わーお。
12020803.jpg
ホワイトランの家より豪華。。。
でも扉がないから、他の学生が勝手に入ってきてくつろいだりしてます。
タンスに服とか入れてても大丈夫かな・・・盗まれたりしないよね・・・

さて。

講堂では、朝早くから各魔法の先生が講義をひらいています。
ちょうど幻惑魔法の先生がお話されていますね。
12020804.jpg
ふむふむ。さっぱりわからん。

てワケで、ハラミは新入生向けの講義に参加。
大学の近くにある遺跡で発掘作業のお手伝いをする、という実習です。

そしたらイロイロあって、遺跡の奥でスゴイモノ発見しちゃいました。
12020805.jpg
なんか大きな浮遊する球体が、クルクル回っています。なんですのコレ!

そういえば遺跡の途中で、変な幽霊みたいのが「危ないモノがある」って
イキナリ警告してきたんだけど、ひょっとしてコレのことだったかしら?
先生は、幽霊なんて見えなかったし何も聞こえなかったって言ってたから
気のせいかと思ってました。あらやだ。

よく分からないので、大学のアークメイジ(エライ人)に報告してきてくれと言われました。
先生、この球体をずっと眺めていて、離れたくないみたいです。

あ、そうそう。

遺跡の中で、強そうな防具を見つけました。
12020806.jpg
リディアさん、パワーアップ。
posted by 鮭 at 14:24 | Comment(2) | TESV:ハラミ

2012年02月10日

本は大切に。

コンバンワ、ハラミです。
12021001.jpg
空一面のオーロラ。どーしてもキレイに写せなくてクヤシイです。
ほんとはもっと紫から緑色まで、グラデーションがすごいのに。
12021002.jpg
たまに、赤いオーロラがでるときもあります。

さて。

大学に戻って、「遺跡の奥で謎の球を発見した」とアークメイジに報告。
12021003.jpg
こちらがアークメイジ。大学で一番エライ人です。
でも全然エラぶってる感じもなくて、とても親しみやすい方です。

アークメイジでも、その謎の球についてはヨクワカランってコトで
膨大な本を保管している大学の図書室で調べることに。
12021004.jpg
12021005.jpg
本のコトなら何でも御座れなこの方が、オークの司書さん。

司書さんに、あの遺跡か謎の球について書いてある本がないかと聞くと

以前、この大学に在籍していた見習いの魔術師が
図書室の大切な本を数冊盗んで、そのまま逃げてしまって(チラッ)
おそらく他の魔術師の団体に入るのに、手土産にしたんじゃないか。
そういえば、その本の中に、遺跡について書いてあるモノがあったかも(チラッ)

・・・と。

どうも、その本を取り返してきたら教えてやってもイイゾ。ってコトらしい。
なんか腑に落ちないものの、その見習い君が逃げ込んだという砦へ。

やってきました。
12021006.jpg

砦の中は、魔法を使うコワイ人たちでイッパイのようです。

なので。

けっきょく、こうなる。
12021007.jpg
よし。準備万端です!

魔法耐性の薬と生ける武器(リディアさん)を総活用して、ゴリ押しです。
防御していれば、リディアさんがコワイ人たちをバッタバッタと倒してくれます。

中では、吸血鬼を使った実験?みたいなコトをしていました。
見習い君は、案の定というか何というか、檻の中に入れられていました。
おそらくこのまま放っておけば、コワイ魔術師の人たちに・・・ころs・・・
まぁ可哀想なので、檻からは出してあげました。
本を取り戻すのを手伝う、と言い出しましたが、邪魔だし。その場でサヨナラ。
そうか!わかった!と喜んで砦を出て行きましたが、ちゃんと逃げ切れたかな。
ハラミは知らないっと。

砦の奥で魔術師を倒し、盗まれた本も取り返しました。

図書室の司書さんに盗まれた本を返すと、ご褒美に色んな本をくれました。
・・・うん。うれしいな。うん。
posted by 鮭 at 15:37 | Comment(4) | TESV:ハラミ

2012年02月14日

マグナス。

コンニチワ、ハラミです。
12021401.jpg
大学に戻ると、あの謎の球が講堂のド真ん中でクルクル回っていました。
先生方が、どうやってか知らないけど、持って帰ってきたようです。

図書室の司書さんから、謎解明に役立つかもって本のコトを教えてもらい
さっそく、遺跡から戻ってきたトルフディル先生に伝えにきたのですが
先生はやはり謎の球をずーーーっと眺めているだけで、心ここにあらずです。
興味津々。そーとー気に入ったみたい。

そこへ、大学の顧問としてきたというサルモールのハイエルフがやってきました。
謎の球についてツラツラと語っているトルフディル先生に割ってはいります。
どうやらハラミを呼びにきたようです。

調子良く喋っていたのを邪魔されて、あからさまに嫌な顔をするトルフディル先生。
12021402.jpg
いいリアクションです。

で、何の用かというと、ハラミにお客さんが来てるとかナントカ。
サイジック会と名乗る人物が、ハラミに話があるらしいのです。
あれ、どっかで聞いたその名前。

お客さんは、アークメイジの部屋に通されていました。
話しかけると、一瞬キモチワルイ感じになって、周辺の様子が変わりました。
12021403.jpg
一緒にいたアークメイジやサルモールの人が、固まってしまいました。
どうやらサイジック会の人が、自分とハラミ以外の時間を止めたようです。
そうまでして、二人きりで話がしたいのだと言います。ななななんなんですの。

サイジック会の人は、いま大学がヒジョーに危ない状態にあるのだと言います。
あの謎の球はマグナスの目と呼ばれるモノで、ものすごい力を秘めているんだとか。
それが悪用されたりしたら、大学どころかこの世が終わるぞ!と警告しています。

あ、そういえば、あの遺跡の中でも同じような警告うけたような。
そうそう、あの幽霊も、サイジック会の者だって言ってた(テヘペロ

で、ハラミが発掘してしまったマグナスの目を、どうにかしないといけないが
サイジック会は何らかの理由で?直接介入できないので、おまえナントカしろよ

って話らしいです。はい、ごめんなさい。

時を止めていた不思議な魔法?が解け、サルモールの人が食って掛かります。
どうやらサルモールとサイジック会は仲が悪いようです。
12021404.jpg
サマーセット島2大勢力に挟まれてキョドるアークメイジ。カワイイ。

何しに来た?というサルモールの人に、ごめん勘違いしてた帰るわ、と言って
軽く誤魔化して、サイジック会の人は帰りました。

まずは、大学内の何処かにいるという「ダンレインの預言者」と話をして
マグナスの目をナントカする方法を見つけ出せ、と言われたので
さっそく大学の先生方に、「ダンレインの預言者」の行方を聞いたのですが
なんか大学の地下に籠って出てこない、という話でした。地下、ですか。

大学の地下は、入口も隠れるようにあって、長いこと誰にも使われていない様子。
しかも、ガイコツや氷の精霊が襲ってきて危ないです。
精霊を作りだす研究がされていたと思われる「精霊の鋳造器具」があったり
なんだかオブリビオンのマークがある手の像?みたいのがあったり
12021405.jpg
大学の地下、ヤバイです。
こんなトコの上で寝泊りしたくないです。

そして、ひとつの扉の奥から声がするので開けると、いました。
12021406.jpg
この人が、ダンレインの預言者・・・って、もう実体がないじゃナイですか!
12021407.jpg

マグナスの目を発掘したために動き出してしまった「ある災厄」を阻止するには
マグナスの杖が必要だと教えてくれました。

マグナスの目については、サルモールの人も情報を探っているようです。
なにか企んでいるようで。

はやいトコ、そのマグナスの杖っつーものを手に入れる必要がありそうです。
posted by 鮭 at 14:41 | Comment(2) | TESV:ハラミ