2016年12月30日

最後の決断。

ハブロックたちとエミリーを追って、キングスパロー島の灯台へやってきた。
ここは、前摂政伯爵が肝いりで建てさせた要塞らしい。
2016123001.png
到着した波止場の積荷に、キングスパロー島の地図がある。

まずは目の前の高台に登って、周辺を確認。

灯台へと続く砦には、入口が2つあるようだ。
が、とうぜん衛兵だらけ。光の壁、右側の入口前には電弧塔も見える。

こーいう場面って、入口以外から侵入できるルートがあるんだよなぁ。
2つの入口の間にある排水溝、あれ、入れそうか・・・?
2016123003.png
ってコトで、まずは邪魔な監視塔にブリンクで飛んで鯨油タンクを外す。
左側の港あたりから水に潜って排水溝まで近づいて、ブリンク。

排水溝から入ると、そこは小さな部屋だった。衛兵が1人いるので〆。

何かの配電盤&電源が2つ。おそらく左右の入口にある光の壁の電源だ。
とりあえず鯨油タンクを取り外しておく。

ここは扉に鍵がかかっていて、部屋の外に出られない。
ショーガナイので、排水溝から外に出て、また高台に戻って作戦の練り直し。

周りを見ると、砦から海岸の岩まで、太いワイヤーが張られている。
2016123004.png
・・・あれを伝って砦まで行けないだろうか?

水に潜りつつ岩の周りをグルグル泳いで、登れそうな場所を探すも見つからず。
直接ワイヤーに乗ろうとしても、あとちょっとでブリンクが届かない。

この作戦もダメか・・・おとなしく正面突破するしかないか。。。

少しでも入口に近い場所から陸に上がろうと、周辺を泳いでいると
初めに上陸した波止場からは死角だった海側に、もう一つ排水溝があるのを発見した。
2016123005.png
右側の入口の横↑あたり。

何故か排水溝をジーっと見つめている衛兵がいる。アイツどうにかしないと。
2016123006.png
しかしメンドクサイので、ベンドタイム→ブリンクで排水溝へ侵入。

排水管を抜けた先の部屋に衛兵が1人いるので〆。

部屋を出ると、そこは砦の中庭だった。衛兵がメチャメチャ多い。
サミュエルが言うには、灯台へ行くには門番小屋を通る必要があるらしいが・・・
さすがに衛兵が多すぎて、中庭を突っ切るワケにはいかなそうだ。
2016123007.png
まずは目の前にいる1人を〆。横を見ると、すぐ隣にまた入口がある。
ダークビジョンで確認してから中へ。

配管が多く通る部屋。衛兵が1人いるので〆。
2016123008.png
配管の下の階を進むと、先にバルブで開くハッチがある。その先にルーンあり。

ルーンが落ちている場所にも、もう一つハッチがあった。
どうやら門番小屋の下水溝のモノらしいが、開けるバルブが見つからず。

配管が並ぶ階に戻って、先に進んだ小部屋にも衛兵がいるので〆。
ちょうどルーンが落ちていた真上あたりにバルブ発見。回すと下のハッチが開いた。
2016123009.png
下水溝から門番小屋へ。

門番小屋は各階に衛兵がいるが、最上階から垂れている鎖を登って各階をスルー。
2016123010.png
最上階にいる衛兵だけ〆て、灯台のエレベーターへと続く渡り廊下へ。

渡り廊下には衛兵が2人&電弧塔があるので、廊下の下の足場へブリンク。
2016123011.png
エレベーター前にも衛兵が1人巡回している。
向こうに歩いて行ったスキに、ブリンクでエレベーターホールの下へ。
2016123012.png
鉄骨をブリンクで上ってエレベーターの前まで来たが、扉に鍵がかかっている。
さらに鉄骨を上っていくと、エレベーターの上が開いているのが見えた。
ので、そこからエレベーターに入ってスイッチON。灯台の上へ。

エレベーターが着いた階から、灯台の最上階までの通路にも衛兵が数人いるが
それぞれバラバラにいるし、みんな景色を眺めたりしてスキだらけなので
一人ずつ、確実に〆て進んでゆく。

そしてとうとう、灯台の最上階に到達した。ハブロックの声が聞こえる。

ペンドルトンやマーティン、かつての仲間だった者について語るハブロック。
2016123013.png
だが、少し様子がおかしい。

螺旋階段を上り広間の様子を見ると・・・

ペンドルトンとマーティンが、ぐったりと座っている。というか、死んでいる!
そして一人で熱弁をふるうハブロック。気でも狂ったのか!?

コルヴォに気づいたハブロックは、エミリーの牢屋の鍵を素直に差し出した。
そしてこうなった動機ともとれる話をした。人間不信と、仲間割れか。
2016123014.png
驚くほどハブロックは落ち着いていた。そして自分を殺せ、と。
なんだかもう、どうでも良くなったのか?

とりあえず殺すのも何なので、麻酔矢で一撃。
2016123015.png
ホントにコレで良かったのだろうか・・・

エミリーが閉じ込められている部屋の扉を開けてあげて、無事に救出。
2016123016.png
で、END。

---
リザルト画面。
2016123017.png
なんかアッサリ終わった感じ。カオス度が低かったからだろうか?

ちなみにエンディング↓

エミリーは、コルヴォに守られながら帝国を治める。
2016123018.png
ソコロフとピエロの研究により、疫病の薬も完成したようだ。
2016123019.png
エミリーの統治によって、帝国は黄金時代を迎えるコトとなる。
2016123020.png
めでたしめでたし。



さて。

やっとのコトで本編終了。
なんとか、殺人0でクリアできました。そのために色々と省略したけど。
スタッフロールの曲カッコ良かった。

次はDLCです。2つあります。Dishonored2まで、あと少し・・・(ヽ´Д`)
posted by 鮭 at 14:06 | Comment(4) | Dishonored

2017年01月10日

暗殺の真相。

DishonoredのDLC「The Knife of Dunwall」
女王を暗殺し、エミリーを摂政伯爵へ引き渡したことに苛まれているダウドの物語。
これは、女王暗殺後から、コルヴォがダウドの元に辿り着くまでの間のお話です。

2017011001.png

いままで何人もの腐敗した貴族を暗殺してきたが、女王は違った。
自責の念に囚われ苦しんでいたダウドは、あるときアウトサイダーと再会する。
2017011002.png
「デリラ」という名前を残して消えるアウトサイダー。
それが何の名前なのか、何に関係があるのかも分からない。

自分の率いる暗殺者集団の副官ビリー・ラークが調べた話によると
ロスワイルドという男の所有する捕鯨船の名が「デリラ」であるコトが分かった。
彼は鯨の解体場を営み、従業員をギャングのように使っているという。

---
ダウドの物語では、ミッション前に「恩恵」を購入するコトが出来ます。
お得な情報だったり、衛兵にワイロを渡したり、とイロイロあるようです。
今回のミッションでは「金庫の番号」「ルーン」「警報装置解除」が購入できます。
---

「デリラ」という船の名前の由来を探るため、ロスワイルドの解体場に潜入する。

解体場へと続く港まえの通り。ひとりの女暗殺者が、先に到着していた。
2017011003.png
彼女の話によると、解体場はいまストライキ中だという。
従業員たちはタイムカードを奪われ、解体場内には入れない。
しかしブッチャーズ(解体作業員)と衛兵隊が、その辺をウロウロとしている。

解体場に入るには、正面入口よりも他の入口を探した方が良さそうだ。

女暗殺者から、ルーンを1つ貰った。そこらで拾ったらしい。
そして「出番がくるまで屋根にいる」と言って、姿を消した。
一緒についてくるつもりなのか。

さて。

解体場へと続く通りには、衛兵がウロウロ。電弧塔もある。

衛兵の動きを見つつ、まずはブリンクで地上へ。
そこから向かいの建物の入口へブリンク。
2017011004.png

---
ちなみにダウドのブリンクは、着地先を狙っている間は時が止まるベンドタイム付き。
ただし、自分が動くとベンドタイムも解けるので、あくまでも照準を定める間だけ。
それでも時が止まるのは便利で、落ち着いてブリンク先を決めることが出来ます。

ついでにもうひとつ、初期から使用できる能力に「ヴォイドゲイズ」がある。
これを使うと、ルーンとボーンチャームの場所が分かる。コルヴォの心臓に似たもの。
ルーンを2つ消費してレベルUPすると、ダークビジョンと同じ能力になるので
早めにレベルUPしたいところ。
---

というワケで、建物の1階に侵入して奥の階段へ。
2階で衛兵がフラフラしているので、ブリンクで背後に飛んで〆。
ついでに衛兵のピストルをGET。スニークプレイだからピストルは使わないけど。

3階に上がって、窓の外の足場に衛兵が1人いるので〆。
ヴォイドゲイズで確認すると、隣の建物にボーンチャームが見える。
なので、渡り廊下にいる衛兵の背後にブリンクして〆。そこから建物に侵入。
2017011005.png
1階にブッチャーがいるので〆。奥の部屋でボーンチャームGET。

渡り廊下に戻って、飛び移れそうな屋根などにブリンクして先に進む。

解体場の門の手前にある建物の、壁が赤く塗られた怪しげな一室でメモを発見。
2017011006.png
この「グラニーのレシピ」には、新鮮な鯨の目玉とウィーパーが必要とある。
いったい何のレシピなんだ・・・

すると、どこからともなく現れてグラニーの説明をする女暗殺者。
2017011007.png
スゲービビった。マジで。イキナリ現れるのやめろw
説明をすると、また消えた。常に近くにいるんだな。

そういえば、ここまで来る途中の路地に、死んだウィーパーが積み重なっていたな。
というコトで、ちょっと路地まで戻ってウィーパーを担いで持ってきた。
レシピに書いてあるとおり、床にある血の染みの上に横たえる。
2017011008.png

あとは鯨の目玉だが・・・

窓から出て、隣の建物の屋根の上へ。
そこから海の方を覗くと、死んだ鯨が浅瀬に打ち上げられているのが見えた。
2017011009.png
アレから目玉が取れそうか?

とりあえず、すぐ下の部屋に衛兵隊長(?)がいるので〆。
衛兵隊長の部屋にはオーディオグラフと、壁にこの周辺の地図、金庫がある。
金庫の番号は、解体場のドコかの壁に書かれているハズだ(恩恵で購入)

ひとまず金庫は置いといて、衛兵隊長の部屋の窓からブリンクで鯨の上に着地。

しばらく鯨の周りを泳いで調べてみたが、目玉は取れそうにない・・・
それどころか肉食魚につつかれて痛い。早々に鯨の上へ避難した。

つーか、さっきから気になってたけど、このボートに乗ったオッサン何なん?
ダウドを見ても騒いだり逃げたりする気配もないし、ちょっと話しかけてみた。
2017011010.png
彼はロスワイルドのライバル会社の者だという。
仲間の密偵が、ロスワイルド解体場に管理者として潜り込んでいるそうだ。
今回のストライキも、彼らによる計略らしい。

ところが。昨日の夜、その密偵の女と会う予定だったのに姿を現さなかったので
ついでに彼女を探してくれないか、とのコト。

まぁどうせ解体場には侵入するワケだし、彼女を助ければ船の話も聞けるようだし。
名前はアビゲイル・エイムズというらしい。まぁ覚えておくよ。

衛兵隊長の部屋の屋根に戻って、解体場の敷地内を観察。
2017011011.png
ヴォイドゲイズで確認すると、あの電弧塔あたりの地下にボーンチャームがある?
2017011012.png
とりあえず、ブリンクでボート保管庫の屋根へ。
ボート保管庫の裏、解体場の壁に立てかけてある木の板を壊すと、数字の落書きが。
2017011013.png
これが恩恵で購入していた、誰かが書き記した衛兵隊長の金庫の番号だ。
さっそく衛兵隊長の部屋に戻って、金庫を開ける。
中は武器のアップグレード設計図や金塊、タイムカードなど。

また屋根に戻って、衛兵の動きを観察しつつ、地下のボーンチャームへの道を探す。
2017011014.png
うーん、あの電弧塔を止めたい。配線を見ると、電源はボート保管庫にあるっぽい。

まずはボート保管庫の前を巡回している衛兵を〆。
他の衛兵に見られないウチに、抱えてボート保管庫の裏の道へ隠す。

ボート保管庫にはブッチャーが1人。
2017011015.png
屋根の天窓からブリンクで背後に降りて〆。すかさず抱えて棚にあるボートの上へ。
素早く電弧塔の電源から鯨油タンクをぬく。

電弧塔が止まったので、外にいるブッチャーも〆。

さて。

辺りを見ると、なにやらレバーがある。地図に「下水制御所」と書いてあった所だ。
2017011016.png
制御所から伸びる配線を追って行くと、海側に下水道の入口を発見。
柵が閉まっているが、制御所のレバーをひくと開いた。
2017011017.png
下水道に落ちているボーンチャームGET。

このまま、下水道を進んでいけば解体場に入れそうだ。
posted by 鮭 at 22:21 | Comment(2) | Dishonored

2017年01月19日

救出。

下水道をぬけると、宙づりにされた鯨の下に出た。
頭上からドバドバと血が落ちてきている。
2017011901.png
鯨油は、生きたままの鯨から採取すると何かの本で読んだ覚えがある。
実際に見ると、かなりエグイな。鯨の鳴き声が場内に響き渡り、さらに悲痛感が増す。

上の階には、電動ノコギリを持つブッチャーズが。
鯨肉を解体するためのモノだろうが、その他にも使い道があるようで・・・
たてついた従業員が切られるのを目撃した。ここではコレが日常茶飯事なのだろうか?

ひとまず上には上がらず、さらに先の下水道に入って進むと
先ほど見た鯨油の採取場(?)と、鯨肉の解体場の間のスペースに出た。
採取場と解体場は高い壁で仕切られており、衛兵やブッチャーからは死角になる。

ここの廊下側に解体場内部の見取り図が貼ってある。
2017011902.png
鯨油の採取場は「処理場(5)」というようだ。鯨肉の解体場は「解体室(3)」
矢印の部分が現在地。(4)の廊下をブッチャーが巡回しているので注意。

ブリンクで壁の上→その上の鉄板へ。ちょうど処理場の鯨と目が合う高さだ。
2017011903.png
女暗殺者いわく、ここの電源システムなら、一瞬であの鯨をヤれるかも知れない、と。
いくら鯨油採取のためとはいえ、ずっとこの鳴き声を聞いているのはツライしな・・・
いっそのこと、一思いにトサツしてあげよう。

処理場には、ブッチャーと衛兵あわせて3人。
まずは、鯨の周りを巡回しているブッチャー。
他の2人から死角になる鯨の横に来た時、麻酔矢で一撃。
そして、右側の機器が並ぶエリアの衛兵を〆。その奥のブッチャーも〆。
これで処理場には邪魔者がいなくなった。

そこらに落ちている鯨油タンクを、機械の電源にセットしてスイッチON。
2017011904.png
すると、鯨に電気がビリビリと流れて、すぐに鯨は絶命した。ナムナム。

お、そういえばグラニーのレシピ・・・死んだばかりの鯨の目玉、これ使えそう?
なんとか鯨のヒレ(?)によじ登って、新鮮な目玉をGET。

ちなみにココの鯨油タンクをセットする所に、ルーンが置いてある。
女暗殺者から貰った1つと足して、さっそくヴォイドゲイズをバージョンアップ。
これで、壁の向こうの生物や機器の配線などが見られるようになった。

いったん下水道を通って外へ。グラニーの部屋にある鍋の中へ、鯨の目玉を投入。
すると、横にルーンが現れた!いったいどんな仕組みなんだ・・・魔法か?
2017011905.png
よく分からないがルーンGET。

また下水道から解体場内に入り、先ほどの鯨と目が合う鉄板の上へ。
そこから横を見ると、解体場内を見渡せる制御室(?)があるので、そこへブリンク。

先に進むと、奥にある経理部の部屋から、なにやら話し声が聞こえてきた。
どうやら男の方がロスワイルド、女は例のライバル会社のスパイのようだ。

女がスパイだとバレたようで、これからロスワイルドに何をされるか分からない。
ってコトで、ロスワイルドを麻酔矢で一撃。
2017011906.png
アビゲイル・エイムズに、「デリラ」という船について尋ねると
交換条件として、解体場を破壊するのを手伝え、と言われた。
まぁ、タダでは教えられないか。。。
2017011907.png
方法は、精製所にある鯨油の供給バルブを全て開いて、鯨油をタンクに送る。
すると貯蔵タンクの圧力が限界に達し、大爆発を起こすという。
それで解体場全体が吹き飛ぶらしい。

彼女らがストライキを起こさせた理由の一つは、従業員を外へ退避させるためだった。
しかし、ロスワイルドやブッチャーズ、衛兵たちは・・・
アビゲイル・エイムズは彼らごと解体場を吹っ飛ばしたいようだが、そうもいくまい。

解体場の爆破に成功すれば、「デリラ」のコトについて教えてくれるという。
バルブの鍵を受け取り、ここはいったん彼女と別れた。
posted by 鮭 at 20:28 | Comment(8) | Dishonored

2017年01月31日

彼女は・・・

ロスワイルドを麻酔矢で眠らせ、捕らえられていたアビゲイル・エイムズを救出した。
彼女から解体場を爆破する手助けを頼まれたが、ひとまず後回しにするとして・・・
まずは、この経理部の部屋を探索。

いろいろあるが、気になったのは、机の上にある2つの報告書。

一つはブッチャーの監督から「肉の貯蔵庫に拷問イスを設置した」という内容。
これを使って、日ごろから従業員を拷問にかけていたようだな。。。

もう一つは、「特別な積荷」が到着していないので搬入が遅れる、という報告書。
積荷の担当は「エイムズ監督」・・・彼女はいったい何を用意するつもりだったのか?
この積荷が日没までに用意されない場合は、そのまま出航してしまうらしい。

2017013101.png
制御室の方に戻って、隣の管理事務所へ。
ヴォイドゲイズで確認すると、金庫の中にボーンチャームがある。
2017013102.png
が、番号が分からないので、ここはひとまずスルー。

管理事務所と経理部の間から、下の廊下を巡回するブッチャーが見える。
廊下の角に衛兵がいるので、衛兵から離れた辺りで、背後にブリンク→〆。
そして廊下の衛兵に麻酔矢を一発。その先の供給バルブ前のブッチャーも〆。

この廊下沿いには鯨油の供給バルブが2つあるが、とりあえずそのままにしておく。
爆発させる前に、解体場内を隅々まで見ておきたいし。

廊下を進んで、肉貯蔵室へと続く扉の手前にある小部屋から下水道へ。
2017013103.png
下水道の中にルーンが落ちている(恩恵で購入したもの)
そのまま下水道を進んでいくと、肉貯蔵室の内臓を捨てるダストシュートに出た。
2017013104.png
ブッチャーたちがおしゃべりしている間に、横の小部屋へ。
どうやらココは研究室?ソコロフが鯨について研究していた部屋らしい。
奥には、例の拷問イスがあった。

・・・ロスワイルドを拷問にかけたら、「デリラ」について聞けるんじゃないか?

というワケで、まずは部屋の周りにいるブッチャー×3をチャチャっと〆て
経理部にいるロスワイルドを抱きかかえて、肉貯蔵室に戻ってきた。

拷問イスにロスワイルドを座らせて、さっそく質問。
はじめは憎まれ口をたたいていたが、何回か電撃を喰らわすと、素直に喋った。
2017013105.png
「デリラ」と名付けたのは、船の前所有者であるティムシュ弁護士だった。
恋人の絵描きの名前から取ったらしい。
ティムシュ弁護士は、彼女のために色々と貢物をして、財産の半分を失ったとか。
そこで、ロスワイルドが彼から船を買ったというワケだ。

どうやら次は、そのティムシュ弁護士のトコロに行かなくてはならないようだな。

女暗殺者が現れ、ロスワイルドをどうするか聞いてきた。
このまま生かして放置しておけば、今後しつこく狙われるコトになるだろう。
もちろんココで殺すのは簡単だが・・・できれば非致死でコイツを無力化したい。

そこで、報告書にあった「特別な積荷」に詰め込んで送り出せば?というコトで
再びロスワイルドを気絶させて、貨物置場へ。

ブッチャーが2人いるので〆て、2階にある空の木箱へロスワイルドをIN。
2017013106.png
蓋を釘で打ち付けて、取扱注意の「生物が入った積荷」の出来上がり。
これで、コイツは帝国の辺境の地まで運ばれて行くだろう。さようなら。

船の名前「デリラ」の真相も聞いたコトだし、解体場を爆破する理由もなくなったな。
とりあえずヴォイドゲイズで確認して、取り残したルーンとボーンチャームを回収。

ルーンは、貨物置場の鉄骨を上の方に上って行って、天井近くのスペースに1つ。
ボーンチャームは、労働者用トイレのタンクの上に1つ。
あと、解体室にある鯨の肉塊の下に1つある。
解体室にはブッチャーが3人。
メンドクサイので、麻酔矢でパスパスっと眠らせてボーンチャームGET。

残る1つは、あの管理事務所にある、金庫の中のボーンチャームだが・・・
どうしても金庫の番号が分からない。
事務所内にある書類は勿論、壁に貼ってある紙(オブジェ)とか片っ端から見て回って
色々それっぽいモノを探すが、3ケタの番号が見当たらない・・・

しょーがない、骨1つくらい、いっか。。。

諦めかけたが、最後にもう一回、本とメモ類のログを見直してみたら
3つの数字が載ってるメモを発見!経理部(ロスワイルドがいた部屋)にあったメモだ。
2017013107.png
これか!こんなん分かんねぇよ!!!!w
てワケで、金庫を開けて、無事にボーンチャームGET。

これで思い残すことはナイ。貨物置場の先の正面出口から解体場を出た。
正面出口を出たトコロを上に登った先にルーンが1つ。

出口の前を衛兵が巡回しているので〆、近くの小屋にも衛兵隊長(?)がいるので〆。

小屋の屋根から配管→タンクに登って、グラニーの部屋へ。
そこから住宅街を抜けて、こんな場所とはオサラバ・・・
と思ったら、ウィーパーの遺体が捨てられていた横道が、何やら騒々しい。
2017013108.png
副官のビリー・ラークが、2人の監督官に捕まっている!
しかも監督官が持つ、妙な機械が発する音波(?)のせいで、魔法が使えないだと!?
こりゃピンチだ。なんとかしてビリー・ラークを助けないと・・・

で、役に立ったのが「チョークダスト」と呼ばれるグレネード弾。
殺傷能力はなく、いわゆる目くらましに使えるヤツだ。
試しに1つ買っておいて良かったw

チョークダストを投げつけると、監督官は機械の操作も止めるので魔法が使える。
すぐさまビリー・ラークはブリンクを使って、監督官から逃れることに成功。
自分もブリンクでこの場から離れた。
2017013109.png
って、これ最初からいた女暗殺者じゃん。こいつがビリー・ラークだったのかw
ビリー・ラークは男だと思い込んでたわ・・・

住宅街を抜けたトコロで、ビリー・ラークと会話。
2017013110.png
女王の護衛官やロスワイルドを、殺さずにおいたコトに不満げのようだ。
まぁいいじゃないか。無駄な殺生はしないのだよ。

ともかく、ミッション終了。

---
2017013111.png
よしよし(`・ω・´)
posted by 鮭 at 13:21 | Comment(4) | Dishonored

2017年02月03日

悪徳弁護士。

謎の女性「デリラ」は、アーノルド・ティムシュという弁護士と関係があるようだ。

もともとデリラは、ダンウォールタワーのソコロフの下で絵を描いていて
ティムシュ弁護士の肖像画も描いたことがあるらしい。

だったら、ソコロフとっ捕まえて聞けばよくね?

ってのは置いといて(きっともうコルヴォに誘拐されたあとなんだ・・・!)

ティムシュ弁護士は裕福な生まれの貴族で、摂政伯爵とも繋がっていたようだ。
2017020301.png
疫病感染者の資産を差し押さえて摂政伯爵に献上し、その上前で私腹を肥やしていた。
それだけでなく、疫病にかかっていない者にまで感染をでっちあげて
家から強制退去させ、土地を奪ったりしていたらしい。

ティムシュ弁護士の姪のタリアは、叔父を嫌っている。
そこで、彼女と取引をして、デリラの情報を聞き出すことに。
まずはトレバーズ路地でタリアと会い、仕事について話す必要があるようだ。

というワケで、法務地区へと続く波止場にきた。
2017020302.png
トレバーズ路地は、光の壁を過ぎてすぐだという。

波止場から光の壁の前までは、衛兵が多いのでサラサラっとブリンクで通過。
2017020303.png
奥の水辺にルーンあり。仲間が置いていってくれたモノだ(恩恵で購入)
2017020304.png
---
もう一つ、光の壁の前に「偶然にも鯨油タンクが置かれる」恩恵も購入できるが
実際、なんに使うか分からず・・・衛兵が多くて手も出せないし・・・
スニークプレイなら、鯨油タンクの恩恵は買わなくて良いかも(´Д`;
---
2017020305.png
ブリンクで、鉄柱や放送のスピーカー(?)の上に移動して、光の壁の上へ。
2017020306.png
そこから街灯にブリンク→トレバーズ路地へ。
2017020307.png

タリアを見つけたが、この街のギャングに捕まってしまったようだ。
2017020308.png
ギャングを麻酔矢で一撃。すると、後ろの建物から2人のギャングが飛び出してきた。
これはヤバイ。ってコトで、さらに麻酔矢を2発。
かなり雑だが、無事にタリアを救出した。
---
はじめのギャングを、麻酔矢ではなく〆たりして何回かやり直したが
けっきょく後から2人飛び出してきて、どうしても死体(気絶)を発見されてしまう。
このミッションで死体(気絶)を発見された数「0」のクリアは諦めました。。。
---

てワケで、タリアと仕事の話。

デリラについては、ティムシュ弁護士は彼女に夢中なので口を割らないという。
なので、タリアの依頼をこなし、その報酬としてデリラの情報を教えてくれる、と。
2017020309.png
タリアの依頼とは、ティムシュ弁護士を抹殺し、彼の遺言書を持ってくるコト。
そうすればデリラの情報に加え、現金での報酬も払うという。
すべてが終わったら、波止場で落ち合うコトに。

いったんタリアと別れ、自分はティムシュ弁護士のいる法務地区広場へと向かう。
posted by 鮭 at 14:10 | Comment(4) | Dishonored

2017年02月07日

偽造返し。

ティムシュ弁護士の邸宅は、法務地区の奥にあるようだ。

トレバーズ路地から大通りに出て、街灯の上などをブリンクで移動。
周辺のアパートのベランダに、たまに衛兵が出てくるので注意(街灯の上でも見つかる)

衛兵の動きを警戒しつつ、ヴォイドゲイズで確認すると
近くのアパートの一室からボーンチャームの反応が。

人の気配はないので、窓から侵入。
2017020701.png
そこは、アウトサイダーの祭壇のような、不気味な照明の部屋だった。
ボーンチャームの置いてあった机の上には怪しげなメモ・・・またグラニーのレシピだ。
2017020702.png
文章の意味は良く分からないが、またルーンが出てくるのか?

まぁとりあえず、これは置いといて。

この部屋を出てまた周りを見渡すと、隣の建物の窓が開いているのを発見。
2017020703.png
ヴォイドゲイズで確認すると、中に動かない人影が・・・死体か?

とりあえず部屋に侵入したトコロで、下の階から人が上がってくるのが見えた。
ヤバイ!ってんで、とっさにスグ横の扉に入る。幸運なコトに、誰もいない小部屋だ。
扉越しにヴォイドゲイズで人影の様子を見つつ、背を向けた瞬間に小部屋を出て〆。

どうやらこのアパートは、先ほどタリアを脅していたギャングたちのアジトのようだ。
部屋に横たわっていた死体は(システム上の理由で名前が付いているのが分かったが)
いまは何に関係するのか分からないので、このまま放っておこう。
2017020704.png
下の階にはまだ何人もギャングがいて、たまーに1人ずつ上に上がってくるので
そのたびに小部屋に入って、じっと待ってスキを見て〆。
気絶したヤツらは、他のヤツに見つからないように小部屋に隠しておく。
が、キリがないので、このへんでココを出るコトに。

再びヴォイドゲイズで確認すると、向かいの建物にもボーンチャームが。
人影もないので、すぐにベランダから侵入してボーンチャームGET。

この部屋から見える、並びの建物のベランダに衛兵が1人。
さっきからチョクチョク顔を出してるヤツだ。目ざわりなので、麻酔矢で一撃w
気絶した衛兵を他のヤツラが見つけると、また騒ぎ出してメンドクサくなるので
他のヤツラが来る前に、ベランダの扉を閉めておく。

この建物は、衛兵の詰所なのか?
机の上に「ハッターズが法務地区の鍵を奪った」という内容の報告書があった。
どうやらハッターズというのは、あのギャングたちのようだ。
そういえば、みんなシルクハットをかぶっていたな・・・

下の階から衛兵が上がってくる前にサッサと部屋を出て、再びハッターズのアジトへ。

さっきと同じ戦法で、小部屋に籠って1人ずつ確実に〆てゆく。
ある程度ギャングが少なくなったトコロで、下の階に降りて家捜し。で、鍵GET。

大通りに出て、曲がり角の水辺へと垂れる鎖を伝って降りると、その先にルーンあり。
2017020705.png

角を曲がって先に進むと、目の前に法務地区の奥のエリアへと続く門が。
ハッターズが奪ったという鍵は、この門の扉の鍵だろう。
2017020706.png
門の前で衛兵が2人おしゃべりしているが、しばらくすると別々に巡回しだすので
2人の目が門から離れているタイミングで扉の前にブリンク→スグに鍵を開けて入る。

門を抜けたトコロで、ビリー・ラークが現れた。
近くの建物の屋上に拠点を用意してあるという。準備が良いな。あとで行くとしよう。

てコトで、まずはヴォイドゲイズでチェック。
2017020707.png
すぐ右の建物2階にボーンチャームを発見。なので、ブリンクで侵入してGET。

2階の床には大きく穴が開いており、1階の様子を見ることが出来る。

1階には、ジーーっと立っている男が一人。あやしい。。。
2017020708.png
意を決して1階に飛び降り、男に話しかけてみた。
2017020709.png
その仮面をした男は「ティムシュ弁護士に復讐してやりたい」という。
ティムシュ弁護士が書いた「立ち退き通知」で、ヤツを宿なしにしてやる、と。

偽造した書類は、すでに用意してあるという。摂政伯爵の署名まで偽造したそうだ。
その書類と作戦に必要なモノは、以前この男が住んでいたアパートにあるらしい。

この仮面の男が、ティムシュ弁護士に復讐する理由は分からないが
噂どおりだとすると、偽の疫病かナンカをでっちあげられて、資産を奪われたとか?
とにかく、ティムシュ弁護士を殺さずに破滅を味わわせたいのだそうで。

男が前に住んでいたというアパートの住所を受け取って、この建物を後にする。
1階の扉は鍵がかかっていて開かないので、また2階のベランダから外へ。

ベランダから通りを見ると、角を曲がった先に光の壁がある。
「不審人物を閉じ込めた」という衛兵の立ち話が聞こえた。仮面の男のコトだろうか。
だから1階の鍵がかかっていたのか。アレ捕まって監禁されてたんだなw
2017020710.png
ってか、向こうに立ってるの、あれビリー・ラークか?あそこが例の拠点っぽい。

とりあえず前の建物の屋根にブリンク→向かいのベランダにブリンク。
そこからラークが立っていた屋根によじ登り、暗殺者の拠点へ。

ココからは、ティムシュ弁護士の家と、前にある広場が良く見える。
2017020711.png
見張っていたラークの話では、ティムシュ弁護士はいま1階のロビーにいるようだ。

ま、それは置いといて。

先に、仮面の男が住んでいたアパートに行くとしよう。
posted by 鮭 at 21:54 | Comment(4) | Dishonored